唐松尾山・笠取山
Mt.Karamatsuo,Mt.Kasatori
からまつおやま・かさとりやま
標 高
2,109m・1,953m
所在地
埼玉県秩父市・山梨県・甲府市
日 程
2012年5月13日(日) 天気:晴れ
コース
しゃくなげ荘駐車場(6:55)→牛王院下(7:22)→将監峠(8:21)→山ノ神土(8:42)−唐松尾山(9:36)→黒槐山(10:45)→(昼食休憩)→笠取山(11:47)→ 笠取山(山梨百名山)(11:56)→水干(12:26)→黒えんじゅ分岐点(12:55)→中島川橋(13:54)→しゃくなげ荘駐車場(14:21)
コース図
 
駐車場
三ノ瀬「しゃくなげ荘」駐車場(500円/日)
温泉他

山行記

朝は4時半くらいに家を出て現地へ向かった。
目指す唐松尾山・笠取山は山梨と埼玉の県境に位置する山。埼玉側から登れれば車での移動が楽なのだが、埼玉からのアクセスでは日帰りは難しいので、山梨側からのアプローチとなる。 そのため、奥多摩へ抜けてからのアクセスのため、駐車場まで2時間以上掛かった。
一昨年、和名倉山の時にも利用した「しゃくなげ荘」の駐車場に車を停めた。

ここのおばあちゃんはとても親切。駐車場のお金を払いに行くと「何か」をくれる。(^_^)
前回はバナナで、今回は飴玉複数いただいた。少し雑談し、トイレを借りて準備運動を入念に行い、飴玉を口に入れてAM7:00ごろ出発。

和名倉山の山行の際に唐松尾山にも寄りたかったのだが、和名倉山の往復だけで20kmあり諦めていた山だった。
ここのところ、近場の低山が多く、久しぶりの2,000mオーバーの山で楽しみだ。 そして長丁場。歩き甲斐のあるコースで気合も入る。

始めはなだらかな道を登り、振り返ると雪を被った富士山が姿を現す。気分も盛り上がってきた。
しばらくすると県境の尾根に出て進路を西へ変え、唐松尾山や笠取山を目指すが、シラビソやクマザサの林、苔むした倒木など奥秩父の原生林の雰囲気があって、気分は最高。

唐松尾山の山頂までは誰とも会わなかったが、笠取山は有名なだけあって人も多かった。今回の山行では10名弱の人とすれ違った。

この日は天気に恵まれ、見晴らしもよく富士山、南アルプス、八ヶ岳、北アルプスや日光連山なども見ることが出来、非常に満足だった。

今回は周回コースを歩いたわけだが、登りと下り、どちらともなだらかですごく楽だった。下りが楽なのはポイント高い。なかなかお勧めのコースである。

そして、帰りはお気に入りの「めのこい湯」という丹波山の「道の駅」にある温泉に寄った。道の駅から吊り橋を渡りますが、複数にで渡ると橋が揺れるため少しビビってしまった。(^_^;)

あと、今回は動画も掲載してみた。初の試み。(o^-^o)
小鳥のさえずり、沢のせせらぎ、風で葉がすれ合う音など自然の音を再現してみたくてアップしてみたが、歩いている時の鈴の音が邪魔だった。。。(^_^;)
手振れや鈴の音も抑えながら歩いたのに。。。
さんざん鹿も警戒音を出していたのに、それも捕捉していなかった。
少し修行が足りないな〜

アルバム

民宿「しゃくなげ荘」に到着(6:52)。ここの駐車場に車を停める。和名倉山の時にもここを利用した。
以前は民宿のおばちゃんからバナナをいただいたが、今回は黒飴をいただいた。(^_^)
林道をしばらく進むと「将監登山道入口」の看板がありそちらに進みます。ここも和名倉山の時と同じ。
牛王院下分岐に到着(7:22)。前回はここを左へ七ツ石尾根を進んだが、今回は右コースを選択。
どちらに進んでも先で合流しますが、右コースは若干、距離が長い分、なだらかで歩き易い。
後ろを振り返ると富士山が!見上げると新緑が日を浴びてまばゆく光り、いい季節です。
しばらく進むとまた分岐(8:14)。将監峠で合流するが、右に進むと将監小屋を通ります。ここは左に進みます。
将監峠に到着(8:22)。埼玉と山梨の県境・奥秩父主脈の尾根に出ました。ここを左に進んで行きます。
ここでお腹が空いてきたので、おにぎりを頬張り、しばし休憩し。そして、苔むした山道。 奥秩父の雰囲気が出てきました。(^_^)
シラビソの林。高地に来た実感が湧いてきます。気分も盛り上がりますね。
シラビソとスズタケの林を進んで行くと牛王院平の分岐に到着(8:37)。七ツ石尾根を進むとここで合流する。
ここの荷物をデポしている人がいる。ここからどこを目指すのであろうか。おそらく東へ進み竜喰山あたりを 攻めているのではないか。
と想像した。あ、それいいな〜。とそそられたが、時間に余裕がないと思われるので、そのまま西に進む。


山の神土の手前あたりの動画です。歩きながらだとやはり手振れがすごいな。(^_^;)

山の神土に到着(8:42)。ここを右に行くと和名倉山方面となるが、今回は左へ。そして分岐を右へ尾根方面に進む。
左前方に南アルプスが見えてきた〜。白根三山(右から北岳・間ノ岳・農鳥岳)がはっきりと見えます。 手前が鳳凰三山でしょう。
今年は日本標高第2位の北岳に行きたいな〜
しばらく尾根の左側を巻きながら進みます。富士山も全貌が明らかになってきました。
やっぱり富士山はいいですね。他の山と違い威厳がありますね。途中で何か所かザレ場を通りますが これが見上げたところ。
こちらは見下ろしたところ。こんなところで転んだら、ヤバいですね(^_^;)
またまた、富士山。手前は大菩薩。大菩薩からの富士山も素晴らしいけど、ついつい見入ってしまいます。
だんだんと尾根に近づいてきました。そして、富士山。同じような写真、撮りまくりました。(^_^;)
尾根に近づき、右に目を転じると鈍重な山容の和名倉山が見えてきました。右側が山頂
唐松尾山に到着しました(9:35)。三等三角点があります。ここは見てのとおりほとんど展望がありません。
それにしても日差しが強い。だんだん暑くなってきました。日陰でしばし休憩。で東側は通行を抑制する ゲートが作られていた。この先は危険なのであろう。
今回、愛用の昭文社の「雲取山・両神山」のガイドと、同じく昭文社の地図アプリ。思わず前日に iPhoneアプリ用の地図を購入してしまった。
これもGPSと連動なので、ガイド上で常に現在地が分かるので非常に便利。などと山頂で休んでいると 東側からほかのハイカーさんが登ってきた。
話を聞くと、ゲートから20m程度進んだところに露岩があり、展望がすごいと言われたので、行ってみた。
確かにすごい!素晴らしいの一言。360度見渡せる。これは来た甲斐がありました。左の写真は 甲武信岳・三宝山が見える。
その少し左側に八ヶ岳の赤岳(右写真)が頭を出している。
甲武信岳から国師ケ岳へと続く奥秩父主脈の山々が間近に見え、南北に広がっている南アルプスも遠望できる。
左の写真は南アルプス。白根三山がはっきり分かる。どれも3,000mを超える標高を誇る。右端は 甲斐駒ケ岳か?
そして 右写真。三宝山あたりの右側に見えるのは、北アルプスだ〜。天気もバッチリで風も強いから 空気も澄んで、見えたのかな。
少し得した気分です。(^_^) 真ん中に見えるのは 槍ヶ岳だろうか。
そして東側を見ると雲取山方面がバッチリ見えます。ビューポイントはこんなところ。
狭い露岩で高所恐怖症の 私は一番高い所に立って、びびりながら写真を撮ってました。。(^_^;)
さあ、来た道を戻り、唐松尾山頂を抜け、笠取山方面を目指しますが、いきなりの急下り。 滑らないよう慎重に足を運びます。