小持山・大持山
Mt.Komochi , Mt.Omochi
標 高
1,273m , 1,294m
所在地
埼玉県横瀬町
日 程
2012年10月14日(日) 天気:曇り
コース
一の鳥居(12:35)→妻坂峠(13:06)→大持山の東肩(13:58)→大持山(14:05)(昼食休憩25min)→小持山(14:52)→シラジクボ(15:18)→武甲山参道8丁目(15:56)→一の鳥居(16:10)
コース図
 
駐車場
一ノ鳥居 手前の路肩に駐車
温泉他

山行記

今日は昼からの山歩き。
時間的な余裕はないので、4時間程度で歩ける山で、未だ登ったことのない小持山に行くことにした。4時間プラスアルファで、暗くなる夕方5時前には下りられるだろうと、目論んでいたが、道が混んでいたため少し遅れてしまった。
以前は一ノ鳥居の駐車場の手前1kmもなかったと思うが、荒れた砂利道でいやな感じであったが、知らぬ間に駐車場まで舗装されており、アクセスが楽になっていた。
そして、奥武蔵の盟主と言われ、日本200名山にも名を連ねる武甲山の登山口だけあって、10台以上のキャパを持つ駐車場はすでに満車状態。
そのため路肩に停めてスタート。

登り始めは、午後1時に近かったが、下りのコースは、過去に歩いたことがあり、多少暗くなっても大丈夫だろうと、いつもの楽観的なノリで登り始めた。
登り始めると、下ってくる多くのグループとすれ違う。普通は下っている時間だから当たり前である。

大持山まで急登が続き、息が切れたが、大持山からシラジクボに続く変化に富んだ稜線は紅葉も進み、また、いつもと違った端正な表情の武甲山を眺めながらの奥武蔵の山歩きを楽しんだ。



昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
歩行ログも残せる(紫色がログ情報)。カシミール3Dに取り込んだログの詳細はこちら

それと、下りで不思議なことがあった。

下りで武甲山の参道に出て歩いていると、50mほど先の8丁目の林道と交差するところで幼稚園児くらいの子が横切り、その後、母親と思われる人が通り過ぎた。山登りの恰好ではなく、あれ?こんなところで珍しいなと思いつつ8丁目に近づくと、その先に鱒の養殖場だったようなところがあり、そのあたりで人影を感じた。その先に登山道は続くが、人は歩いていない。養殖場には小屋のような建物があり、そこで休んでいるのかもと思った。その時は。。

そして、8丁目の林道と交差点は、単に真っ直ぐ進むだけなのに、あろうことか間違えて右に曲がり林道を進んでしまった。
林道はしばらく沢と並行しており、親子が休んでいると思われる小屋の横を通過したが、狭い小屋で全く人気を感じないというか、人なんかいない。???
周りを見渡しても見当たらない。 おかしい、のんびり歩いていたわけではないので、親子で下山していたとしても、50m程度の差であれば、追いつくか視認できる距離にいるはずなのに。。。

などと考えながら進んでいると、沢の向こうに道らしきものが続いている。あれ?と地図を眺めると沢の左を歩かなければならないところ、右側を進んでおりコースを間違えていることに気付いた。 一人で歩くときは、基本的に慎重になるので、交差する所、曲がる箇所は間違えないよう気を付けているはずなのに、何の迷いもなく間違えた。
そこで8丁目まで引き返したが、少しぞっとするようないやな感じを覚えた。
日帰りの場合は、暗くなる間際の時間帯に下りてくるような計画はしないのが普通のはずだし、ましてや小さな子連れで、こんな時間まで歩いていることはない思う。 登山道の途中だし、観光するような場所でもないし。。。

そして、10分弱歩くと登山口に辿り着いたが、当然、親子連れはいなかった。
考えれば考えるほど、不思議である。霊感などはないが錯覚だったのだろうか。

アルバム

駐車場は満車のため、登山口から一番遠い路肩に駐車。この時間帯から登る人は少ないと思われる。(12:35)
武甲山参道の一の鳥居。4体の狛犬が鎮座している。
始めは妻坂峠を目指します。左写真の標識からすぐそばに山への登山口があります。
分かりづらかったけど、ピンクのリボンが結ばれているところ。
途中、林道に出るがすぐに山道になる。なかなか面白い看板である。熊鈴をセットする。単独行の場合、これがないと心配。(^_^;)
杉の中、どんどん高度を上げて行きます。所々ザレ場になっており足元を気を付けなければなりません。。
妻坂峠への後半は九十九折で登って行きます。
崩落した箇所を過ぎると妻坂峠まであとわずか。
歩き始めて30分ほどで妻坂峠に到着(13:06)。ここで少し休憩。
延享四年(1747年)から鎮座しているお地蔵様。かれこれ250年以上になる。当時は狼に襲われ命を絶たれ人を供養するために安置されとか。
昔から人々の往来が多かった古の峠道。雰囲気があります。
妻坂峠からは大持山を目指して尾根道を進みます。所々、急登になっており、息を切らしながら登って行きます。
武甲山から続く尾根までたどり着きました。(13:58)
東南の方向が開けていますが、あんまりのんびりも出来ないので先を急ぎます。
大持山に到着。(14:05)ここまでで1時間半。登りつめたので16:00までには戻れそうです。20分程、食事のため休憩。
お腹が空いたので、大持山でお湯を沸かしてカップラーメンを啜る。余裕はないけど、腹が空いたら我慢が出来ません。(^_^;)
武甲山に向かう稜線は、武甲山に近づくにつれて石灰岩も露出し始め、結構険しい道を進んでいきます。
小持山山頂に到着(14:52)。結構、肌寒く吐く息が白かった。
稜線上は広葉樹も多く、紅葉が始まりだしたような雰囲気でした。
小持山からかなり下るとなだらかな稜線となる。
小持山と武甲山とのコルにあたるシラジクボに到着(15:18)。
ここを真っ直ぐ進むと武甲山だが、武甲山に寄っていくと明るいうちに下りられなくなる可能性があるので、予定通り右に曲がる。
ここからは杉の植林された道を九十九折に下って行きます。
途中で林道などを通過して進んでいきます。
途中で脇道にそれた所に持山寺(通称)跡があるとのこと。
「阿弥陀山念仏寺」の廃寺跡であり、ここもいろいろな伝説に彩られた場所として、興味を覚えたが、寄ってると時間的なロスになりそうなのでパス。
杉の植林の中、淡々と下って行きます。
沢にかかった橋を渡ると、武甲山の登山道(参道)に合流。(15:51)
舗装された道を進みます。参道8丁目のポイント。武甲山の登山道(参道)は一の鳥居から始まり、山頂が50丁目くらい。1丁目ごとに石碑が続く。
そして、この場所が冒頭説明した所。
このあたりに親子連れが居たのだが。。。
ここで道を間違えて、写真左の林道を進んでしまった。実際は真っ直ぐ(写真右)進むのが正解なのに。
一の鳥居の駐車場が見えてきました。来た時には満車だったのが、1台くらいしか残っていない。(16:10)

今日歩いたコース。
一の鳥居。路肩に多数停められていた車もほとんど無事に帰ったようである。
一の鳥居の狛犬(狼)たち
有名な狼のような狛犬。狛狼。。