御岳山
Mt.Mitake
標 高
929m
所在地
東京都青梅市
日 程
2012年8月18日(土) 天気:曇り/雨/晴れ
コース
滝本駅駐車場(10:00)→滝本駅(10:30)→(ケーブルカー)→御岳山駅(10:37)→レンゲショウマ群生地(10:41)→御岳神社(11:25)→七代の滝(11:57)→綾広の滝(12:44)→御岳山駅前広場(13:31)→御岳山駅(14:15)→(ケーブルカー)→滝本駅(14:21)
コース図
 
駐車場
滝本駅駐車場(1,000円/日)
温泉他

山行記

会社の写真部で御岳山に撮影に出かけるとのことを聞き参加させていただいた。

ここのところ、意識して地元・埼玉の山ばかりに行っていたが、久しぶりの東京の山だ。
しかも御岳山は高校生の頃、キャンプした時、夜中に懐中電灯片手に登った思い出深い山でもある。
今回はケーブルカーを使うので、楽ちん登山。

さて、ここには5万株のレンゲショウマが咲き誇る群生地があり、今の時期、「レンゲショウマまつり」が開催されている。
今回はその撮影がメインイベント。

レンゲショウマは過去に一度だけ、両神山で見たことがある。
道端に一株だけであったが、丸みを帯び下向きで少し紫がかった可憐な花が印象的で覚えていた。
かなり珍しい花かと思っていたが、ここの群生地はすごかった。 見渡す限りのレンゲショウマで、見ごたえがあり、ギャラリーが多いのも頷ける。皆さん三脚をセットしたりと撮影に余念がない。
また、この日は雨の予報で、山頂部もガスって展望は効かないが、霧の中のレンゲショウマは幻想的な雰囲気があり、撮影するにはよかったのではないか。
頭の中では写真のイメージが出来上がっており、早速、撮影開始したが、私のコンパクトデジカメでは、案の定、期待した写真は撮れず。。。
一眼レフがほしくなってしまった。^_^;

さて、山に来て山歩きをしないのは勿体ない。
というか、半ばそれが目的でもあった。
皆さん、写真に集中しているようなので、集合時間までの間、どこか回ってこようということで、歩き出した。

御岳山は高尾山のような感じで、御嶽神社など見所も多いが、我が家からもそれと認識できる独特な山容の大岳山が近くにある。ここは以前から行ってみたかった山だが、集合時間を考えると余裕がないので諦めた。
その代りにロックガーデンと呼ばれるところに行ってみたが、苔むした岩や倒木、そして若葉と緑に囲まれた沢沿いのコースは期待以上によかった。

途中、雨が降り出したりしたが、これが天気だったら、暑くて大変だったと思う。時折、日が射し、少しガスって、暑すぎもなく、よい陽気だった。

最後は皆さんと麓のお蕎麦屋さんで美味しいお蕎麦を食べて楽しいひと時を過ごした。

レンゲショウマ作品スライドショー
写真部の師匠からいただいた作品。さすがに違いますね。こんな風に撮れたらいいな〜

スライドショー表示領域

アルバム

ケーブルカーの滝本駅に到着(10:00)。ここの駐車場に車を停めてスタート。
右写真は登山口。ケーブルカーの終着駅の御岳山駅まで標高差400m程度。歩き甲斐がありそうです。
今回は登山口からの歩きではなく、ケーブルカーで楽ちん登山です。6分程度で御岳山駅に到着。歩くと小一時間程度かな。
早速、本日のメインイベントであるレンゲショウマ撮影のため、群生地に向かいます。

本日、これ?が私の一番の傑作。(^_^;) 一眼レフほしいな〜
群生地は斜面にあり、五分咲きということだが、レンゲショウマを目当てに一眼レフや三脚を持った写真家が多かった。
少しガスった霧の中、幻想的な背景を期待してますが、結果のイメージはかなり違う。。(^_^;)
マムシ草の実。初めて見ました。しかし、何十枚の撮ったのに、満足できるものが。。。
さて、レンゲショウマの撮影を楽しみ、続けて山を歩くべく単独行動を開始。
いろいろと廻りたい所はありますが、とりあえず御岳神社(御岳山)を目指すことにしました。
猿田彦文字の庚申塚。ついつい目についてしまいます。。

御岳山の見所の一つ。国指定の天然記念物である神代ケヤキ。
樹齢1,000年くらいであろうか。確かに巨大です。途中の商店街。ついつい立ち寄りたくなってしまうのを我慢して先に進みます。
御岳神社の境内に入り、これから石段が続きますが、天候のせいか観光客は少ないように思えます。

樹齢のありそうな巨大な杉や神木が数多く見られるのも、高尾山と同じく古くから霊山と畏れられてきた御岳山ならでは。
武蔵御嶽神社に到着(11:26)。紀元前91年に創設され、山岳信仰が盛んになるとともに、鎌倉の有力な武将たちの信仰を集めたようです。国宝の赤糸威大鎧は重忠奉納と伝わるようです。
「赤糸威大鎧」を見たくなり宝物殿に入りかけたけど、止めてしまいました。見とけばよかった。。。
御嶽神社裏手の大口真神社に鎮座する狛犬。
真神は絶滅してしまった日本狼が神格化したもので、御嶽神社の眷属である狼を祀っている神社ということです。凛々しい表情に特徴がありますね。
こちらは皇御孫命社に鎮座する狛犬。こちらは尻尾の具合から豚か猪でしょうか。先ほどとかなり感じが違い愛嬌があります。
それにしても御岳山の山頂碑などを探してみたけど、見つからなかった。
さあ、これから「東京の奥入瀬」とも呼ばれているロックガーデンに向かいます。前方に山ガールが。。。(^_^)
ここから先は登山者が多そうですね。
途中、東屋で軽く昼食休憩。ここから「七代の滝」を目指し下って行きますが、意外と距離があり高低差もありました。

「七代の滝」に到着(11:57)。やはり滝はいいですね。マイナスイオンが多くて。。癒されます。(^_^)/

「七代の滝」から急な鉄梯子を、ゼイゼイ言いながら登りつめると天狗岩という巨大な岩に出くわしますが、
この岩、クサリなどを使って登れるようで、最上部に天狗様が祀られているようです。
天狗岩を越えて、ロックガーデンに向かいます。

沢に出ました。水も冷たくて気持ちがいいですね。
ハナカミキリ。ハチの仲間に擬態して身を守っているヤツです。先日、ハチに刺されてハチ類に敏感なので、気になってしまいました。。(^_^;)
とりあえず撮ってみましたが、綺麗に撮れないな〜。

苔むした岩々。整備された道といい想像以上によい感じのところです。
頭の中には写真のイメージがあって、いろいろなアングルでチャレンジしてみても結果がついきません。。。
緑に囲まれて、沢沿いを進む。最高ですね。
道も歩き易いし、ここはなかなか掘り出し物のよいコースです。少し湿度が高くじめっとした空気も合っていますね。紅葉の時期もいいかもしれない。
途中で、トイレのある休憩広場があります。多くの人々が癒されていました。(^_^)
こんな感じの道が1km程度続きます。
苔むした倒木。いろいろなアングルから撮ってみましたけど、全然、イメージとは違う。。。^_^;
綾広の滝の手前でタマガワホトトギスを発見。苔や青葉が織りなす深緑の世界。沢もあっていいですね。
ここが最後の見所、綾広の滝。写真に表現力がありませんね。実際にはもっと神聖な雰囲気があったのですが。。。
このあたりでロックガーデンが終わり、大岳山と御嶽神社との分岐に到着です。(12:49)

ロックガーデンこと御岳岩石園の案内図。「東京の奥入瀬」と呼ばれているとのこと。
本物の奥入瀬に行ったことはありませんが、他の場所にはない、苔むしたいい雰囲気のなか、気持ちよく歩けました。
これから集合場所のケーブルカー御岳山駅を目指して進みますが、道も整備されて歩き易いですね。
青葉も鮮やかで、写真に収めますが、瑞々しさが表現できず、イマイチです。。。
雨もしとしと降ってきました。
御岳山駅に着いた頃には本降りになってきましたが、こんな天候も雰囲気があっていいですね。
御岳山駅にて(13:31)。駅についたころには雨も止みだし。。。
ケーブルカーで下るときには、晴れ間も出てきました。スカイツリー方面を写真で撮ってみましたが、全然分かりません。
冬の空気の澄んだ頃は見れるのでしょうか。いつかどこかの山頂からスカイツリーを目視したいものです。
最後は麓の玉川屋さんで宴会。お蕎麦が美味しかった。それと何とも気になる不思議なダルマたち。(^_^;)
写真部のみなさん、また、機会があればお誘いください。