大霧山
Mt.Ogiri
山 名
おおぎりやま
標 高
766.6m
所在地
埼玉県東秩父村
日 程
2012年2月19日(日) 天気:晴れ
コース
橋場バス停駐車場(7:35)→粥仁田峠(8:25)→大霧山(8:57)−(昼食休憩)→旧定峰峠(9:53)→皆谷(10:59)→橋場バス停(11:17)
コース図
 
駐車場
橋場バス停脇
温泉他
関東ふれあいの道(5)大霧山 / 東武鉄道ハイキングガイド /  東秩父農産物直売所に寄って手打ちうどんを食べてきました。

山行記

今日は午後から用事があり、午前中に帰れる山(そんな山はいっぱいあるが)ということで、大霧山へと向かった。
この山は以前登った笠山・堂平山と合わせて比企三山と言われ、外秩父の名山のひとつ。
展望が良いことでも有名。今日は天気も良く展望が期待できそうだ。また、この時期、 山頂部は残雪もあるだろうから気を引き締めないといけないが、残雪の中を歩くのも楽しみである。
車を停めた橋場バス停から粥仁田峠を抜けて大霧山へ向かう。 ここはかつて粥仁田峠を越え川越へ通じる川越通りと呼ばれ、秩父から江戸へ出る3要路のひとつとされ、多くの旅人などで賑わったそうだ。 今は寂れているが道端に佇むお地蔵様(馬頭観音)や庚申塚が昔の面影を残し、往時を偲びながらのんびりと歩くのは気持ちが良い。

そんな調子で粥仁田峠を過ぎ、残雪のある山道を登り、山頂直下の急登を慎重に進むと大霧山にたどり着いた。 山頂から広がる展望はすごい!期待以上だ!
聞きしに勝るものがある。この時期で好天だったのも影響したようだが、この近辺でこの展望はなかなか得られないと思う。
南から武甲山雲取山甲武信岳三宝山(埼玉一の標高)両神山二子山など奥秩父の 名峰が手に取るように見渡せる。また、浅間山、谷川岳や日光、尾瀬の山々、南アルプスの赤岳も遠望出来た。

山頂では食事をしながら、夢中になって展望を楽しんでいるとコースとは別のところでガサゴソと獣が歩いている音が聞こえてきた。。。
比較的に近いところでガサガサと聞こえてきたので、熊だったらどうしよう(怖)
とたんに不安になり、音のするほうに鈴を鳴らしまくった。 しばらくガサガサ聞こえていたが、直に聞こえなくなった。ホッ!
しかし、山頂は寒い。じっとしていると凍えてくるので、そろそろ帰ることとする。 旧定峰峠まで尾根を進み、それからバス通りまでのんびりと下ってゆく。 下りはほとんど林道を進む。途中、のどかな山村を抜け、皆谷に出た。 そこからバス通りを10分程度歩き駐車場に戻った。

今日は4時間弱ののんびりとした歩きが楽しめた。山頂からの景色が楽しめただけでも来た甲斐があったが、花が咲き始める4月頃もいいかもしれない。

アルバム

橋場バス停にて(7:35)。まだ一台も停まっておらず。本当は7:31発のバスに乗り、 縦走してここに戻りたかったけど、到着した時はちょうどバスが通過した後だった。。
惜しかった。この後のバスはだいぶ間が空いてしまう。しかたないのでここから歩き出すことにした。 コースは「粥仁田橋(かゆにたはし)」を渡り林道を登る。
しばらくは舗装道を進む。直に至粥仁田峠・大霧山 と標識があり、それに従う。林道をショートカットする道のようだ。
いつものごとく登り始めは息を切らしながら進むと、また舗装道に出た。
左画像のような分岐に突き当たる。ここは真っ直ぐ(右)が正解だが、 昭文社の2010奥武蔵・秩父の地図では、
この分岐は認識できず少し悩んでしまった。 ここから少し進むと右画像のような標識があり、それに従う。
山道は概ね歩きやすく、所々にお地蔵様が祀られている。馬頭観音は、江戸時代以降で、 運搬手段の荷駄としての“馬”の無病息災を祈願して設置されている。。 今は面影がないが、粥仁田峠も秩父から川越に抜ける道として、多くの往来で栄えたのであろう。そんなことを考えながら歩くのも一興である。
粥仁田峠に到着(8:26)。奥武蔵ではおなじみの「関東ふれあいの道」の案内板。 それによると大霧山は外秩父山地の山とある。
東屋があり、登山届のポストもある。ここまでは車で来られるようなので、ピストンで手軽に山頂まで行ける。
粥仁田峠からは山道を登る。残雪もちらほらと散見さえる。
少し開けた右側から見下ろしてみると、かなたにスタート地点の橋場バス停が遠望できる。1時間程度の歩きだが、かなり歩いたのが実感できる。
日の当たらない北側には残雪も多く急斜面では気を付けないといけない。 大霧山が目前に迫ってきた。
山頂手前の最後の踏ん張りどころ。残雪に気を付けて慎重に登る。
大霧山山頂に到着(8:57)。展望は全く素晴らしい!これを見ただけでも 来た甲斐があるというものだ。この景色、眺めているだけで時を忘れるほどである。
南から武甲山雲取山。西に目を転じると両神山と奥秩父の山々が見渡せる。
北は浅間山、谷川岳、日光連山が遠望出来た。
左画像は浅間山のアップと昨年の登った城峰山もまじかに見える。 右は言わずとしれた奥武蔵の盟主「武甲山
景色に夢中になっているとコース外のところからガサガサと音が聞こえてきた。 熊??、怖いので熊鈴を鳴らしまくった。するとしばらくして 聞こえなくなったが、なんとなく鹿ではなさそうだ。すると猪?熊? いずれにしても遭遇しなくてよかった。^_^;
左画像は雲取山(中央やや左よりの突起)のアップ。そして右画像は甲武信岳と 埼玉一の標高(2,483m)を誇る三宝山。どれも懐かしい!
あの埼玉の県境となる 稜線の山々はひととおりクリアしたいものだ。
おなじみの両神山。両神山の左側、ちょこっと白い頭を出しているのが八ヶ岳の赤岳のようだ。 山頂で食事を済まると寒くなってきたので、そろそろ先に進むとする。
しばらく進むと独特の山容の笠山(左:別名おっぱい山)と堂平山(右)。大霧山を含めて 比企三山と言われる山だ。目の前には牧草地が広がる。
残雪が残る尾根道。サクサクと気持ちが良い。旧定峰峠に到着(9:53)。直進して定峰峠を目指すか 白石方面へ下山するかで悩み所。
定峰峠の茶屋にも寄りたかったが、2時間程度 余計に時間が掛かりそうなので、定峰峠は諦めた。
ここにもダイダラボッチの伝説がある。(^_^)
石で囲った祠がある切通りは、粥仁田峠と 同様に昔は人馬の往来で賑わったのだろうか。当時の様子が偲ばれる。
と、昔に思いを馳せつつ、さあ、下り始めよう。
すぐに林道に出て、あとは下るだけ。所々、アイスバーンになっているので 滑らないよう注意する。
途中で経塚へ向かう分岐があったようだが気付かなかった。
かなり下ってきた。この辺りで休憩しペットボトルのスポーツドリンクを飲もうとしたら シャーベット状になっていた。。。(^_^;)
確かに山頂付近は寒かったけど、氷点下だったとは。。
民家も増えてきた。里山の雰囲気があってこのようなところを歩くのも趣があって面白い。
経塚を目指したが、間違えて皆谷に下りてきたようだ。。(いい加減だな〜)
やまめの里公園駐車場と いうところに出た。(11:53) 駐車場は広くて何台も止められそう。
バス通りを歩いて駐車場を目指す。10分程度歩いて行くと駐車場に到着(11:17)。 6台程停まっていた。