仙元山・物見山・太平山
Mt.Sengen,Mt.Monomi,Mt.Taihei
せんげんやま・ものみやま・たいへいさん
標 高
298m・286m・179m
所在地
埼玉県小川町・嵐山町
日 程
2012年4月8日(日) 天気:晴れ
コース
駐車場(7:00)→見晴らしの丘公園(7:24)→仙元山(7:53)→青山城跡(8:05)−大日山(8:26)(昼食休憩)→物見山(9:15) →仙元山(9:24)→小倉城跡(9:50)→太平山(10:26)→大聖寺(11:25)−道の駅駐車場(12:00)
コース図
 
駐車場
小川町「道の駅」駐車場
温泉他

山行記

今回は来る4/22「東武鉄道主催の外秩父七峰ハイキング」(42km)の予行練習と、 先日、購入した「DIY GPS」(ナビソフト)の検証も兼ね、 少し長い距離をペースを上げて歩いてみたい。 そんな訳で小川町の仙元山から縦走コースを歩いてきた。
舗装された平地をトレッキングシューズで歩くことも少ないので、それに 慣れる意味も含めて平地も歩いてみた。

この時期、所々で桜が咲き始め、春の訪れを感じさせる。
カタクリの群生を見れたのは良い収穫であった。
うぐいすが鳴き、「つくし」も芽生え春の到来を感じさせる気持ちの良い里山ハイキングが楽しめた。

この日の総歩行距離15km、休憩除いて約4時間。う〜む、42kmは結構きつそうだ。。。

それにしても42kmで七つの山を越える縦走をハイキングと呼んでいいのか。(^_^;)
完走率は高くないのだろうが、何とか最後まで歩いてみたいものだ。途中、走らないとダメかも。

さて、DIY GPSは調子がよい。今回は旺文社の登山ガイドと国土地理院の地形図(カシミール3D)の2種類の地図を 取り込んで使ってみたが、国土地理院から取得した地形図では 寸分の狂いもない。(^_^)
登山ガイドのほうはスキャナで取込み、緯度・経度を手で登録しなければならず、少し面倒なため、若干のずれは 生じるが、登山ガイドの情報と現在地を照らし合わせる作業が不要になるので非常に楽だ。

仙元山の山頂でのログ(左が国土地理院、右が登山ガイド)

コース全体ログ(左が国土地理院、右が登山ガイド)

ガイド上のどこにいるのか、常に把握できるので、分岐でも悩む必要がない。
しかもバッテリの持ちもよい。GPS-Xでは5h持たなかったが、この日も同じ程度歩いても 半分も消費していない。
これは使える!
携帯用の充電器を持ち歩けば、1日歩いていても心配ない。これは嵌りそうである。

<iPhoneからカシミール3Dに取り込んでみたログ>
今回歩いたコースの全景。ほとんど誤差がない。すばらしい!

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画 像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用した。
(承認番号 平24情使、 第170号)

アルバム

小川町「道の駅」に到着。ここに車を停め出発。目指す仙元山が眼前に広がります。 ここから標高差にて200m弱。本日の行程(15km)で、一番高い地点です。
まずは仙元山の途中にある「見晴らしの丘公園」を目指し、槻川を渡り「西光寺」の前を道なりに右へ向かいます。
ここを左に入り登り始めます。この登り口はカタクリの群生地で、花が咲き誇っていた。
所々、桜も咲いており春の到来を感じさせます。
ここは「カタクリとオオムラサキの林」と呼ばれる所で、登り始めると直ぐにオオムラサキの 標本の展示館があります。その横を進んで行きます。
15分程登ると「見晴らしの丘公園」に到着(7:24)。○○と煙は高い所が好き、なので、 見晴らし台にそそられました(^_^;)が、先を急ぐので諦めました。
200mのローラ滑り台(有料)。面白そうだなぁ〜。こちらもすごくそそられます。(*^-^)
さぁ、これから仙元山を目指します。山道らしくなってきました。
埼玉県指定天然記念物の「下里の大モミジ」。昔の写真も掲載されており、ついつい見入ってしまいます。
歩き始めて50分程度で仙元山に到着(7:53)。本日の最高地点(298.9m)
山頂からは小川町の街並みが遠望できます。山頂はそのまま素通りし、その先には 青山城という戦国時代の城跡があるようなので右側(右写真)に進んでみます。
写真左はお堀の跡。500年前くらいの石垣??。少し進むと平らな場所に行き着くが、 ここが本廓跡。
しばらく歩を進めて行くと直に252mの四等三角点に到着(8:26)。ここで食事休憩。
朽ち果てた標札に「大日山」と書いてある。このピークに山名があるなんて初めて知りました。。。w(゚o゚)w
先週買った熊鈴(1,500円)。お店でひんしゅくを買いながらも鳴らし比べただけあって音もいい感じで 響いている。
今までのとは大違い。 納得できる買い物でした。 単独行の者にとっては必需品です。(^_^;) 歩き始めて4km弱、さらに先に進みます。
西側が開けたところで目を転じると、笠山・堂平山が見渡せる。独特な山容はこの辺りでは どこからでも認識できます。
4.5km程度歩いたところで物見山山頂部に差し掛かります。
物見山に到着(9:15)。とても山頂部とは思えない。注意していないと見落としそう。
5km程歩いたところで、2つ目の仙元山。ここのピークも同じ名前。紛らわしいですね。 ここまでで4つの山を登頂したことになる。\(^o^)/
まだまだ尾根道を進みます。それにしても今回は晴れてて、気候もほどよく気持ちが いいですね〜
小倉城跡というのがあるので行きたくなりました。(^_^;)
左写真、まっすぐ続いてますが、右下に戻るように 下ります。間違えないように枝で「×」マークが作られている。
このようなサインは見逃しては いけません。
小倉城跡への分岐。ここを左に曲がる予定でしたが、小倉城跡も見ておこうと 真っ直ぐ進んで行きます。
廓の跡地。先ほどの青山城跡よりは広大なようです。
本廓跡には記念碑などがありましたが、ここの16世紀・戦国時代の頃、建てられた 石造りの山城で、所々に当時の石垣が残っていた。
嵐山方面に下って行きます。下りきったところに蜜蜂の巣箱が並んでおり、季節柄、 蜜集めをしているのか、群れによる羽音がすごかった。
スズメバチではないので、それほど怖くはありませんが。(^_^)
山道が終わり、やっと市道に出ました(10:04)。麓はさくらが咲いて、いい里山の 雰囲気が出てます。