(番外編)新穂高ロープウェイ
Shinhodaka ropeway
標 高
2,156m
所在地
中部山岳国立公園・奥飛騨温泉郷
日 程
2012年10月21日(日) 天気:晴れ
コース
飛騨高山→新穂高ロープウェイ
コース図
 
駐車場
しらかば平駐車場
温泉他

山行記

岐阜の飛騨高山に旅行に行ってきた。
岐阜県を目的地として立ち入ったのは初めてと思われる。ろくに下調べもしていないが、それはそれとして非常に楽しみにしていた。
夕方到着して、まずは町に出てみようと古い町並みを探索して、温泉浸かって。。。
と、ずいぶんあっさりしているが、情緒があるいい町並みだった。また、ゆっくり訪れたいものである。そんな高山を満喫し、翌日は楽しみにしていた新穂高ロープウェイに寄ってみた。ロープウェイに乗って、標高2,000mを越える位置から北アルプスの景観を楽しむことが出来る。

天気は晴れ渡り、紅葉も始まり出していたので、人出がすごかった。ロープウェイも10分間隔で運行しているとのことだが、整理券を渡されて1時間くらい待たされたが、それでも麓ではいろいろなイベントを催して楽しめた。

そして、ロープウェイで山頂駅に辿り着き、展望台から広がる360度の展望は想像以上だった。同じ目線の高さに北アルプスの名峰が立ち並ぶ。素晴らしい。 来年の夏もまた北アルプスを登りたくなってくる。

時期もよかったのかもしれないが、もう少しゆっくりしたかった。 車での移動が長すぎた。。。(^_^;)


今回はカメラを忘れて、全てiPhone5で撮影。パノラマ機能を使ってみたが結構難しい。


アルバム

出発が遅く、飛騨高山に到着したのが夕方。早速、古い町並みを探索しにて出かけました。情緒があっていいですね〜
夕暮れ時、灯りがともり雰囲気がありますね。飛騨の里のライトアップを見てきました。
寒かったけど、受付でいただいた「黒胡椒入りしいたけ茶」は冷えた体が温まって、美味しかった。
合掌造りの家屋。そして高山陣屋。ここは全国で60数か所あったと言われている郡代・代官所で唯一残っているとのことです。
歴史好きとしては見学しないわけにはいきません。(^_^;)。時間的な余裕はないのだが、1時間くらい費やしてしまった。。。
陣屋前では朝市が賑わい、たまたま新婚さんが人力車で休憩中。皆さんに写メされてました。私もだけど。。。(^_^)
みたらし団子を食べて、あれもこれも食べて。。。高山を後にしました。(*^-^)
さて、次は本日のハイライトである北アルプスに紅葉を見に行きます。
天気も晴れ渡り最高です。見晴らしが期待できます。\(^o^)/

ロープウェイの乗り口であるしらかば平駅にて。紅葉目当てでロープウェイも大渋滞。
整理券を貰って待っている間に、飛騨牛コロッケとか、美味しそうなパンとか。。ここでも食べ過ぎ。(^_^;)
アルプスホルンの演奏があり、まさにアルプス気分。足湯もあり、ロープウェイの時間まで時間潰しは充分。
ロープウェイに乗って、上に上がっていくと左側に槍ヶ岳が見えました。

山頂の西穂高口駅(2,156m)に到着。目の前にそびえる山は西穂高岳。ここもいつか登ってみたいところである。
西に目を転じると笠ヶ岳。東南のほうにはには焼岳が見えます。

北の方へ目を向けると槍ヶ岳から笠ヶ岳に続く稜線が綺麗に見渡せます。感動的な光景です。(^-^;

西の方には笠ヶ岳や錫杖岳などはっきり見えます。笠ヶ岳は360度どこからも見ても山頂の形が変わらないとか。
確かに、先日、剣岳から見たその山容も同じように笠を被ったような形でした。

こちらは西穂高へ続く稜線。右端のほうに西穂高山荘が遠望できます。
日本で一番高いところにある常設郵便ポストらしい。
展望台から西穂高山荘へと続く登山口の方へ向かってみます。途中で槍ヶ岳に初登頂されたといわれる播隆上人の像があります。

播隆上人の由緒。
しばらく進むと登山口に向かう標識がある。ここから先は登山が目的の者以外、一般観光客は立ち入らない事と言われていたので、ここで引き返します。

時間も遅くなってきましたので、ロープウェイで下ります。目の前には笠ヶ岳。

斜面には始まりだした紅葉が広がります。いいですね〜

登りのロープウェイとすれ違います。上下とも満員状態。

金色に輝くススキの穂が、風に揺られていい感じですね。

ロープウェイを見上げたところ。下の方は紅葉が進んでいないようだ。もう少し待てば斜面全体に紅葉が広がり、より色づいてくるのだろうか。
お気軽に標高2,000mを越えて北アルプスの荒々しい山々の景観が楽しめ、満足であった。