外秩父七峰縦走ハイキング
Sotochichibu Nanamine Jyuso
山 名
そとちちぶななみねじゅうそう
標 高
所在地
埼玉県東秩父村
日 程
2012年4月22日(日) 天気:曇り/雨
コース
小川町駅スタート(6:20)→第1CP(7:50)→第2CP(10:50)→第3CP(11:32)−(休憩) →第4CP(12:00)→第5CP(14:05)→第6CP(15:28)→第7CP(15:55)→寄居ゴール地点(17:43)
コース図
 
駐車場
東武東上線 利用
温泉他

山行記

念願だった外秩父七峰ハイキング大会に初参加!
東武鉄道主催で毎年この時期に開催される七つの山を越える総距離42kmのハイキング大会。 定員が7,000人という盛大なイベント。
自分の限界に挑戦してみたいと以前から参加したかったが、何かと用事があり今まで参加できずにいた。
そこで今年こそはと早々に申し込んでおいた。
12時間という時間制限のなか、42km歩くことは平地でも大変なことだが、山道を歩き切れるのか非常に心配である。
当日の天気は雨の予報。晴れるのであれば、レインコートなど持たず軽装にするのだが、 ほぼ通常の山歩きと同じ装備になってしまった。 雨が降ると道もまともに歩けなくなるだろうから、今回は参加するのをやめようかと弱気な虫がうずいたが、年に1度の大会、後悔したくないし途中で諦めてもいいかなと楽な気持ちで臨んだ。

さて、朝は6時過ぎに小川町に到着。すでに受付待ちの長蛇の列。 最後尾は数百mの彼方。

しまった!!もう一本早い電車にすればよかったと悔やむが後の祭りである。
この大会、必ず渋滞になる箇所があるとか。それを避けるためにも出来るだけ早くスタートすることが、展開を有利にするための定石とされているのに。。。

それでも人の列がすごいためか、スタート時間が繰り上げられた。ラッキーである。( ̄ー ̄)ニヤリ
受付を早々に済ませ、早速、スタート。
始めは市街地を快調に飛ばし、いいペースで進むが山道に入ると直ぐに渋滞に 捉まった。
最初の渋滞ポイント。先にクサリ場があり、そこでつかえるのだとか。ここを通過するのに 30分以上掛かってしまった。
登りきったところが石尊山。それを過ぎたところに最初のチェックポイントがある。

チェックポイントはコース上、全部で7つあり、完歩を証明するために全てのチェックポイントで スタンプをもらう必要がある。
この第一チェックポイントでの順位は1,800番台とのこと。 そんなに前に人がいるのかと驚いてしまったが、また、どこかで詰まる恐れがあるので、 先を急ぐ。 そして山を下り、次の山まで平地を歩くため、少しでも楽な展開にすべく、早歩きで次々に抜きに かかるが、朝、電車のなかでお会いしたご近所さんに抜き去られてしまった。。。(・_・)エッ....?
会社の同僚と参加されたとかで、あっという間に走り去っていった。。。ご近所さんは完歩賞でもらえる帽子を被っていた?ので完歩できる実力があるのは分かったが、まさか走らないとだめなのだろうか。 と不安を掻き立てられたが、私にはあんなマネはできないと開き直るしかなかった。^_^;
※後日談で、走ったのが災いして途中でリタイヤされたとか。あと完歩賞の帽子は被られていなかった。(^_^;)

さてスタートから15kmを過ぎたあたりから山道に入り、そこから20kmくらい縦走になる。
そして16km程の所にある第二チェックポイントに到着。ここでの順位は1,300番台とのこと。 500人も抜き去った??w(゚o゚)w
いくらなんでもそんなことはない。途中で諦められた方も多いのだろう。
それにしても何百人・何千人と前を歩かれているので、山道も踏み固められ滑りやすく注意が 必要である。
18km地点の堂平山あたりから雨が降り出した。 ここで11:30。5時間歩いていることになるが、半分も歩いていない。このペースでは 歩き切ることは出来ないかもしれないとレインコートを着込み、休憩もそこそこ先を急ぐ。 ご飯もゆっくり食べている余裕もない。^_^;

コースには依然として長蛇の列が続くが、このあたりから歩いている人のペースが 上がってきた。
山に慣れていない人や、ジーパンにスニーカーで雨具も持たないような人達が いなくなり、周りの人の層は明らかに変わってきた。 いい調子で進んでいたが、25kmの大霧山を過ぎて下りになったところから、皆、小走りをし始めた。 私も負けじと一緒になって走っていたら、30km過ぎ辺りから足の裏の調子が悪くなってきた。

非常にやばい兆候である。。。(^_^;)

28kmあたりにある秩父高原牧場の有名なソフトを食べ、しばしの休憩(美味しかった(*^.^*))。
それにしても足の痛さが増してきた。足裏に水ぶくれが出来たような感じであるが、とりあえず七つの チェックポイントはすべて通過。
しかし舗装された林道の下りは辛い。 ラストの12kmは完全にペースダウン。。
残り時間は2時間半。う〜む、微妙な時間である。 2時間で12kmであれば、諦めるのに。。。 ということで頑張ってゴールを目指すが、どんどん抜かされる。
ゴールに辿り着く気力もなくなり、足を騙しながら歩を進めた。

そして、何とか規定時間内でゴールにたどり着き完歩賞が貰えた。うれしいよりもホットした気分。
ゴール会場で食べたうどんで冷え切った心身が温められ、遣りきった充実感が少しだけ沸き起こった。

しかし、ゴール前の3km程は気力がなくなり亡霊のように彷徨っている感じだった(泣)。
思い起こすとソフトクリームを食べてからの20kmは一度も立ち止まらなかった。
休むと歩き出せないような気がして。。。

でも、意外と歩けてしまうものである。足の裏以外は特に痛い所もなく、水ぶくれがなければ、 すんなり歩けたような気がする。
結果論ではあるが。。
しかし、今回は、精神的な辛さから修行をしているような気分だった。

これは、もはやハイキングとは呼べない!そんな生易しいものではなかった。私にとっては。。。

さて、来年は。。。
今回、完歩できなかったら、その悔しさから来年も絶対に参加すると思うが、 完歩出来たので、もう二度と出たくない。絶対に出ないぞ!

といいつつ、来年になったらタイムを縮めるとか、言って参加しているかもしれないな〜

完歩賞です。\(^o^)/


アルバム

6時過ぎに小川町駅に到着。この時にはすでに長蛇の列。繰り上げてスタートしたようで、 ゲートを潜り受付を済ませ参加賞をいただき、6時20分頃スタート。
駅前のローソン。それほど混雑しておらず、ここでお弁当を買うのもいいかもしれない。
歩き出すとすぐに長閑な風景が広がりだす。所々で咲き遅れた桜やツツジなどが綺麗に 色を添えている。
ここから山道が始まる。しばらくするとトイレのある休憩所があり、トイレ渋滞に なっていた。(^-^;
それを尻目に先を急ぎます。
しばらく進むと石尊山手前で大渋滞(7:07)。これが噂のクサリ場渋滞のようですね。しかし、動かない。。。┐(´д`)┌ヤレヤレ
後ろの渋滞もこの通り。なかなか進みません。これでは休憩しているのと変わりません。(^_^;)
渋滞に30分程度捉まり石尊山に到着(7:42)。
石尊山の木標の後ろに見えるのが官ノ倉山。そして第一チェックポイントに到着(7:50)
ここで1800番台とのこと。多いな。それにしても 今回だけ??、官ノ倉山はショートカットされたのか、官ノ倉山山頂は通らなかった。
官ノ倉山を下山し、バス通りをしばらく進むと紙の里。休憩所に到着(8:29)。
先を急ぐ人は、ここの平地で半ば走りながら進んでいた。こっちもプレッシャーが掛かる。 ご近所さんにもぶっちぎられる(*^-^)
休憩所では温かい食べ物が提供されていたが、先を急ぐので、栄養補給ドリンクだけ 飲んで先に進む。
トイレは相変わらず大渋滞だった。そして、コースは舗装された林道を進み高度を上げていく。
山道を抜けるとそこには里山風景が広がり、桜やツツジなどが咲き誇っていた。まるで桃源郷のようだ
笠山登山口の 手前の露店。キュウリや饅頭などが売られていた。美味しそうだけど我慢!!先を急ごう。
さぁ、これから笠山への本格的な登山道となる。気を引き締めて登らなければと 気合を入れたが、すぐに渋滞。。。(^_^;)
渋滞の原因。林道手前の急勾配。少しぬかるんでおり思いっきり滑りやすくなっている。
ここでは確かに詰まるよな〜。その先も渋滞。ゆっくりと進むしかない。^_^;
第二チェックポイント/笠山山頂に到着(10:50)。ここで1300番台とのこと。500人も抜かしたか?? ここの登りが一つのヤマかなと想定していたが、
渋滞していたので疲れていない。しかし、 停まっていた時間が長かったのが影響したのか、向う脛が張ってきた。まずいな〜。
ここから一気に下って行きます。次の目的地である堂平山が見えてきたが 山頂部はガスの中。
空気もひんやりして少し肌寒い。雨が降り出す前に少しでも先に 進んでおきたいところだ。
七重峠に到着(11:09)。この辺りから霧雨がぱらつき始め、雨具を身に着けている 人が多かったが、まだまだ先を急ぐ。
峠から20分程度で第三チェックポイントのある堂平山に到着(11:32)。ガスって視界が 10m程度しか効かない。
それにしても小学生が売っていたワッフルが美味しそうだった。 毎年売っているのだろうか?
堂平山でおなじみ観測ドームの広場で軽く食事休憩。雨が本格的になってきたので、ここで レインコート装着。
体が冷え切っていたので、売店のコーヒーは美味しかった。(^_^) 右の写真は第四チェックポイントのある剣ヶ峰山頂直下。
険しい木段を登りつめると電波塔のある今回のコースで最も標高の高い剣ヶ峰の山頂(878m)に 到着(12:06)
この剣ヶ峰は自宅からも見える尖った山頂部を持つ山。あと下るだけだと楽なのに。。。
剣ヶ峰から下って行くと直に白石峠に到着(12:14)。ここも休憩せずにそのまま通過。
白石峠から いきなり心臓破り??の170段の木段。途中で休むと登るのがいやになってしまうので、 一気に登り詰める。
さあ、次の目的地は定峰峠。依然として人は多いがペースは上がってきた。滑りやすい下りは 慎重に下らなければならない。
定峰峠に到着(12:57)。売店にはそそられるが我慢。ゴールまであと20kmあり残り時間は6時間半。 半分くらいしか歩いていないが足の調子も悪くない。
何とかいけるかなと、ここでも エネルギー補給し、ストレッチの後、歩き出す。
この辺りまで来ると、42km歩ききろうと気合の入った山に慣れたような人が増え、 いいペースで歩けている。旧定峰峠に到着(13:34)。
第五チェックポイントのある大霧山山頂に到着(14:05)。ここまでで25km。残り4時間半で 17kmあるが、
下りは5km/h程度で歩けるから大丈夫だろうと高を括っていたが。。
山頂では冷え込んでおり、休憩している余裕もないので、写真を撮ってそそくさと先に進む。 しばらく下ると粥仁田峠に到着(14:25)。
この辺りから足の様子がおかしくなった。 両方の足裏に水ぶくれができているようだ。。。やばい!!
秩父高原牧場に到着(14:35)。しばらく舗装道路を緩やかに登って行く。 牛たちが放牧されていたが、ゆっくり鑑賞している暇もなし。^_^;
晴れていれば、スカイツリーが肉眼で見えることもあるとか。非常に残念。。。
高原牧場の名物、ソフトクリームを食べる。いつも並ばないと買えないようだが、 雨天のため、人もまばらで待たずにゲット。美味しかった〜(o^-^o)
疲れた体に沁みていくようだ。
足裏の痛みが徐々に強くなってきた。舗装された道を4km程度進み二本木峠を通過。 足の痛みを騙しながら先を急ぐ。
山道に入ると直に第六チェックポイントのある皇鈴山に到着(15:28)。そして、続けて 登谷山山頂部を通過。
最後の第七チェックポイントに到着(15:55)。残り2時間半で10km。全然、余裕がなくなった。(゚Д゚)ハァ?
ここからは舗装された林道を淡々と下るだけだが、これが一番辛い。確実にペースは落ちてきた。(T_T)
釜伏峠を通過。ここらで残り10kmを切った。この先、名水百選に選ばれた日本水が 提供される休憩場があるが、迷わずパス。
そして、その先、トイレのある休憩場でも 最早、休んでいる余裕はなし。。。(T_T)
舗装された林道の下りは本当に辛い(泣)。まともに歩けずバンバン後続に抜かされる。。。
ゴールにたどり着ける気がしなくなってきた。。(><)
そして、市街地での2km弱の直線が永遠に感じ、亡霊のように彷徨い歩いている感じだった。(^_^;)
写真を撮る気力もなくなり、レンズが濡れていることも気にせず。。。
だけど、ゴーーーール!(17:43)
なんとか、間に合ったけど、本当に長く辛い歩きに なってしまった。