スカリ山
Mt.Sukari
標 高
435m
所在地
埼玉県毛呂山町
日 程
2012年8月26日(日) 天気:晴れ
コース
鎌北湖駐車場(12:56)→北向地蔵(13:29)→スカリ山(14:01)→鎌北湖分岐(14:24)→鎌北湖駐車場(15:13)
コース図
 
駐車場
鎌北湖無料駐車場
温泉他

山行記

今日は昼からの出発。地元の山をのんびりと歩こうということで向かった先は鎌北湖。

この辺りであれば、1時間も掛からずに来ることができるのでお得である。
そして、ここは奥武蔵グリーンラインが東西を走り、この辺りはバラエティに富んでいるコースが多い。
そのためハイカーだけではなく、自転車やバイクのツーリングも多い。 途中、舗装された林道も歩いたが、ハイカーよりは自転車やバイクとすれ違った。そんな賑わいのある地域でもある。

ここのところ、長距離で忙しなく時間を気にした山行が多いが、今日は短い距離をゆっくりのんびりと休みながら、自然を感じながら歩いてみた。

街は相変わらず、残暑厳しいが、山の中で浴びる風は思いのほか涼しかった。 みんみん蝉よりも、つくつく法師の鳴き声が多く、晩夏を感じさせる山行だった。

アルバム

鎌北湖駐車場にて。ここにはトイレや売店がある。この辺りには様々なコースがあるが、起点とするのに良い場所である。
少し湖畔を進み、鎌北湖レイクビューという公共の宿の前を進み、自然遊歩道へと進みます。
大きなタンクローリーの横、奥武蔵自然遊歩道の看板通り進み、まずは北向地蔵を目指します。
この時期、蒸し暑くて少々鬱陶しい低山特有の空気を満喫しながら歩いていると車道に出て右に進む。
北向地蔵の案内に従い、進んで行きます。真夏の昼下がり、日の下に出るとムシムシします。
奥武蔵の雰囲気溢れる杉林のなか、道も歩き易くのんびりと進みます。
歩き始めて30分ほどで北向地蔵に到着。ベンチもありここで少し休憩。
北向地蔵の由来。200年以上前からこの場所に鎮座し守護されているんですね。時の流れを感じさせます。

ベンチに寝転がって雲の動きを眺めながら、山のなかでのんびり過ごす至福の時間。贅沢ですね。。

汗をかいた体にそよ風が心地よく、蝉の鳴き声を聞いていると眠くなります。(^_^;)

我が家の周りでも咲いている鉄砲百合。珍しくもないですが、山のなかでは映えます。

さて、次はスカリ山を目指して林道を進みます。
しばらく進むとスカリ山への入り口があり山道へと進みます。
山道に入るとスカリ山までわずかで、直にピークに辿り着きました。
ここはスカリ山の山頂ではなく、観音ケ岳と銘打ってありました。

ここからの展望はなかなか。西に目を向けると武甲山や奥秩父の山々が遠望できます。
目を凝らすと前方に同じ高さのピークが見えるが、それがスカリ山のようだ。距離は目と鼻の先。
スカリ山山頂に到着(14:01)。歩き始めて1時間。観音ケ岳からすぐでした。
山頂は北方面が開けて、北東に毛呂山の町が遠望できます。

スカリ山頂からの展望も観音ケ岳と同じように開けている。北西には越上山笠山が見えます。
山頂でもゆっくりと休み、次は鎌北湖へと向かいます。山頂からの下りは急ですが、急な箇所はここだけでした。最初の分岐に注意して先に進みます。
分岐が見えてきました。ここを右に曲がり鎌北湖まで2.6km。
分岐からクモの巣の張り巡らされた(^_^;)鬱蒼とした森を下っていきます。
直に林道に合流。鎌北湖まで1.9km。ここで少し休憩。今日はのんびりしたものです。

沢のせせらぎを聞きながら、歩いていきます。
人里に出ました。あと1.0km。
のんびりとゆっくり歩いていたら、珍しくハイカーさんに抜かされた。そういえば、このコースでは6人くらいとすれ違ったが、思ったよりも人が多かった。
猿田彦大神の庚申塚を発見。前回の御岳山でも見た。そんなに珍しくはないのかな。
鎌北湖に到着。ここをぐるっと回って駐車場を目指します。水管理場はおしゃれで、西洋のお城のようです。(^_^)
ここはへらぶな釣りでも有名な所。たまたま釣り上げているところに遭遇し、しばらく見学してましたが、1尺くらいの大物でした。。。
さて、駐車場まで戻ってきました。この日は終始のんびりと2時間程度の山歩が楽しめました。