天覚山・大高山
Mt.Tenkaku,Mt.Otaka
てんかくさん・おおたかやま
標 高
445m・493m
所在地
埼玉県飯能市
日 程
2012年2月5日(日) 天気:晴れ
コース
駐車場→東吾野駅発(8:28)→天覚山(10:27)→大高山(10:56)−(昼食休憩)→前坂(11:05)→552mピーク(12:07)→子の権現(12:20)→吾野駅(15:37)−(西武鉄道)→東吾野駅・駐車場)
コース図
 
駐車場
東吾野駅有料駐車場(500円)
温泉他

山行記

ひさしぶりの山登り。 昨年は仕事が忙しく、山に行ける状況ではなかった。。。
精神的にも滅入っていて山に行こうという気にもなれなかったが、それでも行こうと決心出来たことが 気分的に回復してきた証でもある。
一度、行こうと決めてしまうとストレス解消にもなるし、行かずにはいられなくなってしまう。(^_^;)
だけど、ブランクは長く絶対に途中でバテルこと間違いないだろうな〜。
と、リハビリも兼ねて、身近な低山に足を向けた。この日、向かったのは 以前から行きたかった天覚山と大高山。500m足らずの山だが尾根歩きが魅力。 車を止めるところが心配だったのと、あまりに近すぎるということで なんとなく避けていた山だった。
東吾野駅(ここまで20km弱。本当に近い!)に車を停め、ここからスタート。 尾根伝いに登りつめ天覚山から大高山、そして吾野駅に下るコース。 ここは飯能アルプスとも呼ばれる奥武蔵ではメジャーなコースの一部でもある。

登りはじめはいつものごとく、ハアハアゼイゼイ息切れが続く。(-_-;) 毎度のパターンで30分程度、歩き続け休憩に入る。不思議とこれ以降は息切れも なくなってくる。
ゆっくりだけど疲れない歩きが出来ている。 いつもと調子が変わらない。足も上がるし1年くらいはブランクとは言わないのかなと思いつつ... 2時間程度で大高山にも到着した。なんだか少し物足りない。(^^)v
このまま、吾野駅に下りてしまうのはもったいない、ということで飯能アルプスを 堪能すべく、もう少し先の子の権現まで歩いてみることにした。 これにより当初、8kmの予定が13km程度になった。う〜む、気合も入ってくる。!(^^)!

コースは途中で何度もピークを繰り返す。急な傾斜もあり気を付ける必要があるが 巻き道も多いのでそれほど苦労なく進める。
所々、枝尾根がありコースを間違えそうになるが、そのような箇所はきちっと 目印がある。間違ったコースには枝が積み重なっていたり、正しいコースは マーキングがされている。なるべく先を見て、道や状況を把握しながら、進んで行けば 遭難のリスクは低減出来る。
だけど、途中、コースが分からなくなった女性がいた。 一度、怪しみだすと疑心暗鬼になり、正しいコースも誤っていると錯覚してしまうことが あるのかもしれないが、そんな感じだった。 一応、私のコースとは反対に向かうコースなので、少し話して別れた。

尾根道とはいえ、あまり展望はなく、淡々と歩を進めたが、それでも歩きごたえの あるコースだった。
直にこの日の最高地点の子の権現に到着したが、駐車場があり車で来られるような場所なので なんとも拍子抜けをしてしまう。

この子の権現、正式には天台宗 大鱗山雲洞院天龍寺という寺で、足腰守護の神仏として 信仰されているところ。祈願して足腰のお守りを買った。

この時期、残雪も多少あったが、特に山歩きには影響はなかった。
この天覚山から大高山へのコースはガイドブックなどにも紹介され、なるほど人が多かった。 特にご年配のグループが多い。西武線沿線で移動が便利だから人も多いはずではある。
あとは吾野駅を目指して下るだけ。4.6kmの下りはしんどかったけど、久しぶりの山歩き 十分楽しめた。次はどの山に行こうか?

今回もGPSソフトにあらかじめ地図をダウンロードして使ってみた。
バッテリが最後まで持たず。。やはり消耗は激しい。 ↓

アルバム

東吾野駅の駐車場に車を止め、駅のトイレを借りてここからスタートです。
踏切を渡って、まずは天覚山を目指し、案内に沿って進んで行きます。
直に山道に入ります。久しぶりの感覚で嬉しくなりますね。しばらくすると尾根道と 沢筋の2コースの分岐に出ます。
先で合流しますが、ここは日当たりの良さそうな尾根道に進みます。
左側が開けた尾根道を登って行きます。所々に雪が残っています。
振り返るとだいぶ登ってきたのが実感できます。
しばらく進むと広場に出る。両峯神社跡とあり、小さな石柱が設置されていました。
天覚山の山頂に到着(9:15)。山頂は開けていて、東から南にかけて展望が楽しめます。
先客がお一人。開けた展望を魅入られて??いました。さぁ、休憩もそこそこ次の目的地で ある大高山を目指します。
木にマジックで「大高山 →」と書いてある。真っ直ぐも道が続いていますので、 注意しなければなりません。大高山も見えてきました。
尾根道を淡々と進んで行きます。目指す大高山も近づいてきました。
コースは尾根道とはいえ、アップダウンも多く慎重に進んで行きます。
大高山山頂に到着(10:29)。こちらにも先客がいました。飯能アルプスと呼ばれるだけあって、 それなりに人とすれ違いました。
山頂から急な下りを慎重に下りて行きます。下りた所で道が分からなくなっていた女性が いた。私とは逆の方向を目指しているとのこと。
途中2か所分かりづらい箇所を少し説明 して別れた。林道と交差するところで、食事休憩を取る。
お湯を沸かし始めて箸がないことに気付く。やば〜(^_^;)。仕方がないので、コヒーの マドラーで食べる。。。前坂の分岐に到着(11:29)
ここを右に行けば、吾野駅に降りられるが、物足りないので、子の権現まで進むことに した。
Y路地に着く。右も道が続いているように見えるが、ここは左へ。よく見ると右側の コースは枝が敷き詰めてあって、間違えないようにしている(このコース上には、この ような箇所が数か所ある)。途中、林道を進みます。
林道から右に分け入り、山道に戻ります。この辺りは石灰岩の採掘場のようです。
発破実施注意の看板を発見。発破の音は聞かないが、どれくらいのボリュームになるのだろうか? コースはお地蔵さんの前を進んで行きます。
552mのピーク、板谷の頭に到着(11:59)。ここには三角点が設定されている。次に目指す 子の権現も見えてきました。
しばらく進むと紛らわしい道がありましたが、ここにも行く手を阻もうと枝が置かれていた。