都幾山
Mt.Toki
山 名
ときやま
標 高
463m
所在地
埼玉県ときがわ町
日 程
2012年7月15日(日) 天気:晴れ
コース
駐車場(15:53)→都幾山(16:11)→駐車場(16:30)
コース図
 
駐車場
慈光寺駐車場
温泉他

山行記

都幾川で有名な豆腐屋さん、とうふ工房わたなべに豆腐を買いに行ったついでに都幾山に寄ってみた。
この山は坂東三十三観音霊場第九番札所としても有名な慈光寺の裏にある。この慈光寺は1300年の歴史とともに一時は栄華を誇った歴史深いお寺。
ご本尊は十一面千手観音像で、国宝や文化財もあり見所も多い。 今回は遅かったため、ゆっくり鑑賞できなかったが、いずれまた訪れたいところだ。

さて、山は慈光寺山中の観音堂の裏から登山道となる。
登り始めると、10分程度で山頂に到着する。
ここも登る人は少なくようで、クモの巣が絡みつき、この時期は蚊も多く10分程度といえどもしんどい山歩きとなる。。(汗)
昭文社のガイドでは破線になっているが、とくに迷うような箇所はなく、山頂からは笠山の方までコースがあるようだ。

アルバム


駐車場に到着(16:00)。慈光寺の案内図。国宝鑑賞も楽しみにしていたが、時間が遅いため見れなかった。ちょっと残念。
駐車場にて。売店もあるようだが、ちょうど、閉まった後。何とも中途半端な時間に来てしまったものである。
登山口のある観音堂に到着。。というほど歩いてないが。。
観音堂の中に 左甚五郎作の「夜あらしの名馬」というのが、納めてあります。(^_^;)
さて、登山口は左側の奥にあり、そこから登り始めます。
この時期、低山特有の暑苦しくて鬱蒼とした道を進みます。。。^_^;
途中で分岐があり、そこは注意が必要かな。
鬱陶しいクモの巣をかき分け、10分程度登って行きます。
あっけなく山頂に到着(16:11)。時間は大したことはないけど、汗ばみます。
蚊も多く長居は無用なので、早速、下山開始。下りはすぐに観音堂に到着。

慈光山のご本尊。千手観音像。毎年、4月の第二日曜日のみ開帳されるようです。年に一度と言われると見たくなります。(^_^;)
ついでに慈光寺も寄ってみた。右写真は多羅葉といって埼玉県指定天然記念物のようです。葉の表皮などで字が書けるので、「郵便葉書」の語源となったとか。
慈光寺の山門。歴史を感じさせます。で都幾山山行とお寺見学終了。
続けて、近くにある霊山院まで車で移動。ここは東国最古の禅寺といわれ、建久8年(1197)に慈光寺の塔頭として創建されました。
霊山院の山門。右写真は「一休さん」の像。一体、何に抱き付いているのだろうか。謎である。(^_^)
山門の左側の黒板に「七月のことば」 ”施して報いを願わず、受けて恩を忘れず”
とある。いい言葉である。

霊山院のお宝。古いものマニアとしては、ついつい気になってしまう。
こちらは建久8年(1197年)に創設された、もう使われることはない?勅使門。歴史を感じさせます。(^_^)

青面金剛の庚申塚でしょうか。
勅使門を抜けると目の前に本堂。左側に有形文化財の板石塔婆がある。
今日は山登りというよりも、お寺見学になってしまった。(^_^;)