酉谷山
Mt.Toritani
標 高
1,718m
所在地
埼玉県秩父市
日 程
2012年11月24日(土) 天気:晴れ
コース
駐車場(6:45)→クイナ沢橋(7:21)→熊倉分岐(9:03)→小黒(9:38)→酉谷山(10:33)→小黒(11:08)→熊倉分岐(11:30)→クイナ沢橋(13:08)→駐車場(13:50)
コース図
 
駐車場
路肩駐車
温泉他

山行記

今回はバリエーションルート。山深い長沢背稜に位置する酉谷山へ行ってきた。
このあたりは道迷いによる遭難が多いようで、実際に遭難された方の記事も散見される。内容を確認すると、小黒と呼ばれるピークを起点とした小範囲が危ないようだ。 この狭い範囲で何が登山者を惑わすのだろうか。
ネットに掲載されている画像では、ガスに覆われ見通しが悪く、物の怪でも潜んでいそうな只ならぬ雰囲気を感じさせる。
基本的に、怖いのも、危険なのも苦手なのに、それでも引き付けられる魅力を感じてしまうのも山の魅力なのだろうか。

今回は埼玉県側から短時間で往復できるコースとして大血川渓流観光釣場から歩いた。
最近はナビに頼る怠けきった歩きをしているので、コンパス片手に現在地を確認しながら歩いてみた。
小黒から酉谷山は視認出来るにも関わらず、道を間違えてあらぬ方向へ進んでしまった。 目標は常に見えるし、リボンや踏み跡をあてにしたが、それがいけなかったようである。 とにかく小黒には、紛らわしい目印(リボン)が多いため、あてにしてはいけない。
バリエーションルートに慣れていないと、ついつい踏み跡や歩き易さを頼りにしがちだが、コンパスをセットしたら常に方向を意識して行動する慎重さが求められるという点で教訓になった。

しかし、もっとも危険な思いをしたのは、1,000m付近の巨大な岩付近であった。
往路では右に巻けば済むところを、落ち葉に埋もれた左側の急斜面をよじ登り、下りでは滑落しそうで本当に怖かった。。。
心臓はドキドキで、あれほどの鼓動を感じるのは久しぶりである。 補助ロープの1本でもあれば、なんでもなかったのかもしれないが。。。

小黒界隈はいろいろと調べていたが、途中はほとんどノーマークで考慮していなかった。 なぜ、こんな危険な箇所がネットで紹介されていないのだろうと不思議に思ったが、結局は注意力が足りなかったのだろう。
危険箇所を通過した後も、こんな調子では山頂まで簡単には辿り着けないだろうと思いながら、急な斜面を木の根にしがみ付きよじ登っていると、周りの落ち葉がパラパラ音を立て始めた。
えっ雨??と思ったらみぞれだった。 まずいな、やはりこの山域は来る者を拒む得体のしれない力でもあるのだろうか(^_^;)
などと勝手なことを考えていたが、天候がくずれて雪でも積もられたらやっかいだ。 車はスタッドレスタイヤを新調しているので、雪が積もっても安心だ!などとのんきなことを言っている状況ではない。。

それでも無事に戻れたので、ホットしている。 酉谷避難小屋に立ち寄らず、この日は誰とも会わなかった。 それにしても、この日は靴を新調して慣らしも兼ねた山行だったが、慣らしにしてはチョイスした山を間違えたかもしれない。

なお、このコースは一般ルートのように道が分かりやすくはないので、あまり山に慣れていない方にはお勧めできません。



今回のログ情報。
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。

アルバム

東谷林道入口を通り過ぎ、少し上がったところに幅広い路肩に車を停めた(6:45)。すでに先客がいた。このコースでは珍しいことである。
この先、どこかで会えるかもしれない。 東谷林道入り口まで戻り、東谷林道を進む。
auマークの標識があるが、ソフト○○○の携帯はやはり圏外。基本的に山中では圏外である。
しばらくするとクイナ橋に到着(7:20)。30分程度のウォーミングアップが出来たし、いよいよ山道へ分け入る。
クイナ橋を渡り右へ進むと、いきなりトラロープが現れるが、ロープを掴まなくても渡れる。
リボンなどの目印はないが、道は分かりやすい。道は落ち葉に埋もれているので、
隠れた浮石などに注意が必要だが、九十九折に淡々と登るだけ。
ドラム缶が埋め込まれている箇所を通過(7:33)。しばらくすると尾根に出た(7:39)。このあたりが標高1,000m程度。
ヤセ尾根を少し登ると、目の前に巨大な岩が現れ、道は右に巻いて続く。岩(右写真)は右(南)の巻き道から撮ったものである。
そのまま右に巻くのが正解なのに、上方に見えるリボンに気を取られ、コースを外してしまった。。。
尾根をたち塞いでいる巨大な岩をなんとかして、その先に続く尾根を進むことしか考えていなかった。
事前にネットできちんと調べていれば、迷いなく右に巻いたと思うが、先の小黒周辺ばかりを気にして、このあたりは眼中になかった。。。
岩の右側は植林になっており、リボンを頼りに登ってみようと植林の中に入り込むが、あまりの急斜面に目がくらむ。危険を感じて2mほど進んでギブアップ。(T_T)
巨大な岩は10mほどか、登って登れないこともないように思えたが、先が見えないためパス。
そして、残るは岩の左側。下から見上げた感じでは最初の10m程度がじつにやばそうだ。ここで引き返そうかとも考えていたが。。
なぜ、こんな危険な箇所がネットで紹介されていないのだろうと不思議に思った。ろくに調べもせずに。。。
結局、尾根の左(北)側を登った。左写真が上から見下ろしたもので、大したことがなさそうだが、大したことはあった。
傾斜がきつく手がかり足がかりが続いておらず、四つん這いになり時間をかけてクリアした。
登りは何とかなったが、ここを下るのはきついなと思いながら、とりあえず先を目指した。
危険な箇所をクリアしても、足だけでは進めない急登を、立ち木、岩、根っこなどを手当たり次第に捉まりながらよじ登る。
落ち葉に浮石が埋もれて少し厄介だが、さきほどの箇所で危険がマヒしていた。
そして、降り始めたみぞれに目を奪われた。やばいな、やはりただ事では済まないのか。。。
足元が悪い急登を冷や汗をかきながら、200mほどよじ登ると熊倉山分岐へ続く小尾根に出た。
尾根に出て一息ついたところで、あとは熊倉山分岐を目指して進む。
しばらく進むと尾根の右(南)側の巻き道を進み、直に熊倉山分岐に到着(9:03)。これからは分岐を右に曲がり小黒のピークを目指す。
左は熊倉山へ続くが遭難者も出ている一部不明瞭で難路とされている尾根。日の長い時期に歩いてみたいものだ。
小黒のピークと酉谷山が見えるので安心だが、この日はこまめに地図を確認しながら進む。
小黒までは真っ直ぐ進むだけだが、尾根が幅広いため、ガスって見通しが悪いと道が分からなくなるのかもしれない。
みぞれは止んだが気温が低く融けずに残っている。汗はかいているけどさすがに肌寒い。
小黒の手前から急登が始まる。ここまで来ると酉谷山も間近に見える。道は判然としないがとりあえず一番高い所を目指して前へ進む。
このあたりはテープがあちこちに貼ってあるが、それらを気にせずピークを目指す。
小黒のピークに到着(9:37)。 広い山頂近辺は地形が少し分かり難い。等高線が変わらない範囲内で凸凹している。
ここでガスられたら、方向を間違えたりするのだろう。
ここが山深い小黒の山頂。
周りを見渡しても酉谷山への正しいルートが分からないというか、一見しただけでは道は分からない。。。
山頂から南に見える酉谷山へ向かい、そのまま進めばピンクの目印が続き大血川峠に出るが、山頂から東へ尾根が伸びており(右写真)、テープやトレースもあり、唯一道らしく思えたため進んでみたが。。。間違いであった
急斜面に向かってテープが続いているが、傾斜は増し、踏み跡も怪しくなってきた。
こんな崖みたいなところ(左写真)をクライムダウンしている時点で、間違っていると確信して(気付くのが遅すぎる)、小黒のピークまで戻る。
小黒のピークから南に進むが、また東側に進んでしまった。。。(^_^;)
斜面は急だが、手がかりは多いので、南を意識しながら下ったところ大血川峠に続く尾根が見えた(右写真)ので、ルートを修復する。
冬枯れのため見通しが効くが、そうでなければ危ないなと思いながら尾根に復帰した。
小黒から2回ほど間違えて、大血川峠(酉谷山と小黒のコル)に到着(10:14)。少し時間をロスした。
大血川峠から酉谷山まで100m程度登るが、倒木などが多く歩きにくい箇所もあった。
酉谷山山頂まであとわずか。いつもことだが、このわずかが遠く感じる。。。(^_^;)
後を振り返ると小黒のピークが遠望できる。すっかり落葉して冬の装いである。
やっと酉谷山に到着(10:33)。肉体的にも精神的にも疲れた。
南は開けて鷹ノ巣山など遠望できたが、期待していた富士山は見れなかった。
有名な酉谷避難小屋に行きたい気持ちがあったが、すっかり目的を果たした気になり、早々に下山を開始した。