剣岳・立山
Mt.Tsurugi,Mt.Tateyama
つるぎだけ・たてやま
標 高
2,999m、3,015m
所在地
富山県
日 程
2012年9月28日(金)〜30日(日) 天気:晴れ
コース
1日目
扇沢無料駐車場(3:00)→扇沢(7:30)→室堂ターミナル(9:20)→みくりが池温泉(温泉休憩)(10:50)→雷鳥平キャンプ場(11:40)→別山乗越(13:26)→剱山荘(14:50)
2日目
剣山荘(5:50)→一服剣(6:15)→前剣(6:45)→剣岳(8:00)→剣山荘(10:20)→別山乗越(12:00)→大汝山(14:40)→雄山(15:04)→一の越乗越(15:52)→立山室堂山荘(16:23)
3日目
立山室堂山荘(6:35)→みくりが池探索→室堂ターミナル(7:30)→扇沢駐車場(9:20)
コース図
 
駐車場
扇沢駐車場(無料)
温泉他
/ 剣山荘 / 立山室堂山荘 / 黒部ダム

山行記

日本百名山の著者・深田久弥(ふかだ きゅうや)曰く、

北アルプスの南の重鎮を穂高とすれば、北の俊英は剱岳であろう。層々たる岩に鎧われて、その豪宕、峻烈、高邁の風格は、この両巨峰に相通じるものである。

岳人たちの魂を震わす比類なき剣稜

全く剱岳は太刀の鋭さと靭さをもっている。その鋼鉄(くろがね)のような岩ぶすまは、激しい、険しいせり上がりをもって、雪をよせつけない。四方の山々が白く装われても、剱だけは黒々した骨稜を現している。その鉄の砦と急峻な雪谷に守られて、永らく登頂不可能の峰とされていた。弘法大師が草鞋千足を費やしても登り得なかったという伝説はさておき、日本アルプスの山々が登り尽くされる最後までこの峰は残った。
ところが、人跡未到と思われていたその絶頂に初めて立ったのは彼等ではなかった。彼等より以前にすでに登った者があった。測量部一行は頂上で槍の穂と錫丈の頭を発見したのである。

以前から「槍と剱」(槍ヶ岳と剱岳)この2枚看板?を制覇したい(かなりオーバーだが(^_^;))、そんな想いを抱いていた。 槍ヶ岳は登頂しており、あとは剱岳を残すのみ。 新田次郎原作の「劔岳 点の記」を読み、2009年に映画化された浅野忠信主演のそれを見て、ますます剱岳への想いは強くなっていた。

この山は「岩と雪の殿堂」などと称され、その昔は難攻不落、前人未踏で魔の山などと呼ばれ、地元の地域信仰として知られる立山信仰では、地獄の針の山と恐れられ、人が登ってはならない山とされていた。

山登りを趣味にしている者として、そんな伝説を誇る山を登らないわけにはいけない(少しオーバーだが)。。
そして、5年越しでこの山行が実現した。

岩ばかり梯子や鎖のオンパレード、高度感やスリルがあり、日本百名山の一般的な登山道のなかでは、最も難易度が高いと言われているのも頷ける。個人的には高所恐怖症のため(楽しみ半減)、可能な限り下は見ないようにしていたが。。。
とにかく剱岳は長年の憧れの山だった。それだけに山頂に立った時の感動は筆舌に尽くし難し。ここに来なければ体験できない絶景。これで念願が叶った。

当初は南アルプスの白根三山縦走を予定していたが、1週間前に急遽、剣岳に変更になり、今回の山行に至った。
天気にも恵まれ、先輩に付き合っていただき、剣岳が実現できた。

山行記

今回は写真がやたら多いので、画面を分割しました。

アプローチ編
2012.09.28
室堂編
2012.09.28
剱岳編
2012.09.29
立山縦走編
2012.09.29



昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
歩行ログも残せる(紫色がログ情報)。カシミール3Dに取り込んだログの詳細はこちら