矢岳
Mt.Yatake
標 高
1357.9m
所在地
埼玉県秩父市
日 程
2012年7月16日(月) 天気:晴れ
コース
武州日野駅駐車場(6:20)→浅間神社(6:29)→弟富士山(6:37)→浅間神社(6:44)→北尾根取付(7:24)→矢岳(10:53)→1,040mピーク(11:58)→フナイド尾根分岐(12:22)→登山口(13:42)→武州中川駅(14:06)→武州日野駅(14:34)
コース図
 
駐車場
武州日野駅駐車場(300円/日)
温泉他

山行記

矢岳は以前から気にはなっていた山である。秩父の秘峰とも呼ばれる山であるが、今までなかなか足が向かなかった。
それはこの山で遭難事故が多く熟達者向けとあったからである。ネットの情報でも道が不明瞭な箇所が多いとあり、麓からの距離も長く、やぶは通りたくないし、そして何よりも遭難したくないというのが、この山を避けていた理由である。
何気なく矢岳の事をネットで見ていると、北尾根というルートがあり、ここは藪がなく、登り詰めた所が山頂なので、それほど難しくはないかなと思えてきた。
以前、北尾根の下りで滑落遭難事故が発生したため、矢岳山頂には「下りでは通るな」と埼玉県警山岳警備隊の警告があるらしい。 なので、復路は別のコースとして長沢背稜から南へ続く尾根を下る周回コースも良いかもしれない。そして、近くには富士山の名が付いた弟富士山という山もあり、行ってみることにした。

さて、当日は秩父鉄道・武州日野駅に車を停めて、まずは弟富士山へ向かった。駅から歩き始めて山頂まで登って下りて30分程度であった。

そして、次に矢岳を目指し北尾根に向かう。しばらく人里を進むが、朝からお腹の調子が悪く、歩いている最中も具合は変わらない。また、コース上では誰とも会わないかもしれず、熱中症など体の調子が悪くなって歩けなくなると誰も助けれくれないかも、などと弱気の虫が騒ぎ出し止めたくもなったが、とりあえず北尾根まで登ってみて、体調が悪いようであれば、諦めよう。
ということで歩き続けた。

そして北尾根の取り付き部に辿り着いた。 尾根まで急斜面をよじ登らなかければならない。しんどいけど時間があるからゆっくりと進む。
気持ち悪くなるなどの症状もなく、疲れ具合のいつもと変わらないので、引き続き矢岳を目指すことにした。
急斜面をよじ登っていると、尾根手前で左(進行方向)へ進む尾根道を発見。これはラッキーと思わず進んでしまったが、これが間違いであった。 紛らわしいが、ここは進まない方が良い。おかげで危ない思いをした。(汗)

ここは熟練者向けとあるが、 北尾根は最初の取り付きと、山頂直下の急斜面の2カ所を九十九折でもルートが出来れば、ヤセ尾根で歩き甲斐があるし、長沢背稜から延びる尾根も矢岳から南は歩き易い。あとコースの標識もしっかりしていれば、特に問題のないよいコースだと思える。 まれに善意ある登山者が、ピンクの帯を付けれおられるようで、目印もあり歩きにくいということはなかった。 秩父鉄道の駅員さん曰く、「今は矢岳を勧めておらず、登る人も減り、コースも荒廃してきている」と言われていた。
確かに駅の周辺観光案内版にも熊倉山は紹介されているが、矢岳は記載されていない

結局、この日は誰とも会わなかった。
でもあまり人が入らないからこその良さもあるのかもしれない。
今日は登りで無駄な動きも多く、疲労感が溜まったが、秩父の秘峰の雰囲気を楽しめた。^_^;

アルバム

武州日野駅から弟富士山に登り、そして本日のメインである矢岳に向かいます。
しばらくは車道を進みます。前方には以前登った熊倉山が見えます。

奥の一番高い山が目指す矢岳です。手前に伸びる尾根を通り山頂へ向かいます。

矢岳が近づいてきました。この辺りから左に流れる安谷(あんや)川を渡り左岸に移り尾根を目指します。
川を渡るポイントはここだけ。分かりづらいけど、車道が右に曲がる所に案内板が出ています。
明ケ指たまご水の案内に沿って進みます。ここから川に向かい少し下ります。
獣除けのフェンスを抜け、橋を渡り安谷川を越えて行きます。
橋を渡り民家を抜けて進むと右側にトイレがあった。依然としてお腹の調子は良くなかったが、ここを使う勇気はありませんでした。。。(^_^;)
しばらく進み、安谷川を渡り左に進むと尾根への取り付き地点に出ますが、折角なので右へ曲がり、「明ケ指たまご水」というのを見学します。
先ほどの分岐を右に曲がり、まっすぐ進んで行くと沢に出ました。

案内板は年季が入っており、書いてあることがよく分かりません。(^_^;)
これがたまご水。確かにたまごの白身が固まった糸のような固形物が漂っていました。少し硫黄の匂いもします。
この水は、吹き出物、胃腸病、神経痛、冷え性等に効くといわれ以前は入湯治療も行われていたということが案内板に出てました。
そして、先ほどの分岐に戻り、キャンプ場を抜けて尾根の取り付きに向かいます。
キャンプ場を抜けると尾根の取り付きです。尾根に出るまで、この斜面を登りますが、意外と滑るので注意が必要です。
手の上に「ななふし」が落ちてきた。珍しいですね。(o^-^o)
そして、息を切らしながら高度を上げ、尾根に近づいてきました。
すると尾根の手前で進行方法へ進む巻き道を発見。アップダウンの多い尾根を進むよりは断然楽なので、
巻き道を進んでみたが、これが失敗だった。 右写真のように尾根に近づいた時に尾根に出るべきでした。
尾根を歩くのが正解。巻き道を歩いてはいけません。
巻き道と言っても整備はされておらず、タイトな道幅で左側はご覧の通りの急斜面。こんなところで滑落したらかなり危険ですが、3度くらい滑って危なかった。。
巻き道といっても部分的にトレースだけしかない個所もあり、少し不明瞭なため、写真では少し分かり難いです。
しばらく進むと斜面が滑落している箇所があり、進退窮まってしまった。上にも下にも先に進めそうなルートが見当たらない。巻き道に入り
かなり進んでしまったため戻りたくはないので、一歩ずつ足先と指先を斜面にめり込ませ慎重に進み滑落している箇所をクリアした。
下は怖いから見ないようにして。。。本当はこんな事はやってはいけない。
左写真は、その箇所を振り返って撮ったもの。大したことはないように見えるけど、渡るのに時間を要した。
ここを通過した後も不明瞭だけど巻き道は続いていたので、そのまま進んでいたが滝の音が聞こえてきた。沢まで下ってしまったようだ。
これはまずいです。尾根に出なければなりません。そこで、尾根に向かい、またもや急斜面を登りです(右写真)。。。(汗)
150m程よじ登り、やっとのことで尾根に出ました。道がない所を進むのは、本当に疲れる。
ここでかなりの体力を消耗してしまった。。最初から素直に尾根を進めばよかった。。
尾根道は整備はされておらず、一般的な尾根道と比べると多少は歩きにくい。開けた所では右側には宗屋敷尾根が見える。
山頂まで標高差はあと500m程度だが、予想以上に体力を消耗し、しんどくなってきた。。。(汗)
倒木を避け、岩を越えて進んで行きます。のども乾き1リットルの水分を飲み干してしまった。あと残りの500ミリリットルは大事にしないと。。。
荷物は重くなるけど、駅で500ミリを買っておいてよかった。^_^;
立ち止まっていると、体の周りにハエとかアブなどが纏わり付くため、おちおち休んでもいられません。尾根もナイフリッジのような箇所があり、気を落とせない。

そして、山頂手前ではこんな斜面をよじ登った。この尾根の下りで滑落遭難したと聞いているが、この斜面で起きたのであろうか。
ここを下るのは確かに危なそうだ。というか、ロープもなくこんな所下りたくない。。。
長沢背稜から南に延びる支稜がすぐ目の前に。やっとたどり着いたという感じである。
矢岳山頂に到着しました(10:53)。それにしても疲れた。。(^_^;)
埼玉県警察山岳救助隊の警告板。今、登ってきた北尾根は道が不明瞭で、急峻な岩場と崖があり、滑落遭難も発生しているので、下りでは利用するなという警告。
確かに急な所もあり、少し紛らわしい枝尾根もあるので、下りで北尾根を使わない方が良さそうです。
山頂からの展望はなく、休んでいても、アブなど纏わりついて鬱陶しいので、下りはコースを変えて武州中川駅を目指します。
下り始めは急斜面。滑らないように慎重に下って行きます。途中からなだらかになり、何度かピークを越えて進みます。
途中で珍しく銀竜草を見つけたけど、疲れて写真も適当です。(^_^;)
デンゴー平の鞍部を抜け、1,040ピークに向かい斜面を登って行きます。しばらく進むと右側が伐採された箇所に出ます。

開けたところから右に目を転じると武甲山、大持山、小持山が遠望出来ます。下方は秩父さくら湖。
まだ、小持山は登ったことがないので、いつか行かなければ。。。

後ろを振り返ると矢岳が見えます。手前に延びる尾根を歩いてきました。
尾根が2つに分かれますが、ここは左に曲がって下って行きます。真っ直ぐ進む尾根がフナイド尾根と思われますが、枝で×マークが示されて進入を防いでいます。
良く見るといくつか標識が出ていますが、疲れていたので、直前まで気付かなかった。。。
大反山 この付近、道不明瞭です。装備品は大丈夫ですか?引き返す勇気も必要ですよ。
途中、東電の高圧線の開けた場所に出ました。 このあたりまで来ると鬱陶しいアブなどが纏わりつかなくなってきたので、しばし休憩。
水が残り少なくなってきました。一気に全て飲みたい衝動に駆られますが我慢です。
右写真で真っ直ぐ進むと100mも登らずに大反山山頂ですが、最早、それを登る元気もありません。今回、大反山はキャンセルして左に巻く。
大反山をトラバースして進んで行きます。
しばらく進むと小さな祠がある場所に出ました。ここは3字路となっているようですが、案内がないので少し迷うかもしれません。
右写真の箇所で私は間違って、少し左側に進んでしまいましたが、右奥に進んでいくのが正解です。
また、しばらくは急斜面を九十九折に下っていきます。
途中でこんな箇所(左写真)に出ますが、溝の中を進んで行きます。溝ではなく左奥にリボンが巻いてありますがそちらは間違いです。
麓まで下りてきました(13:42)。
舗装された林道を進みます。この辺りまでくると近くに民家もあり、一安心。残りの水も一気飲みです。(^_^)
町に出て武州中川駅を目指しますが、昼下がりの炎天下。外に出ている人は誰ひとりいません。うだるような暑さでした。。(^_^;)
駅に掲載されていた掲示板。掲示するまでもないことでは(^_^;)。過去に何かあったのでしょうか。
今の私は6.7.に該当する恐れがあり、恐る恐る電車に乗り込みます。。。(^_^;)。
電車が来たから早々に乗り込み(^_^)、隣の武州日野駅へ向かいます。
武州日野駅に到着(14:34)。今日も充分歩きました。疲れたけど満足です。(^_^)