赤岩岳、大ナゲシ
Mt.Akaiwa,Mt.Onageshi
あかいわだけ、おおなげし
標 高
1,570m,1,532m
所在地
埼玉県/群馬県
日 程
2013年6月30日(日) 天気:雨/曇
コース
小倉沢駐車地(7:07)→赤岩峠(8:02)→赤岩岳(8:31)→赤岩峠(9:01)→大ナゲシ(9:47)→赤岩峠(10:31)→小倉沢駐車地(11:10)
コース図
駐車場
小倉沢路上駐車スペース
温泉他

山行記

埼玉県と群馬県の県境に位置する赤岩岳と大ナゲシを歩きてきた。
この辺りは埼玉県でも最西部で山深く、隣接する群馬県に広がるエリアは西上州と呼ばれ、魅力的で個性的な山々が多い。
以前にあんぱんさんのページを拝見してから、気が逸っていたが、なかなか行けず、この時期に歩くことになった。
暑苦しい時期に、長距離は無謀だけど、折角だから宗四郎山あたりまで歩いてみようかと3リットルの水を用意した。
向かう先は、埼玉でも一般の人は立ち入らないような最奥に位置する山深い所であり、朝は4時過ぎに家を出た。
この日は朝から小雨模様。日中は曇りの予報のため、目指す山域は雨降りでないことを期待して現地に向かう。途中、雨も止み喜びもつかの間、秩父を過ぎるとまた降り出した。

この山域は少し苦手意識があるのだが、私の入山を拒む何らかの力が、そうさせているのか。←オーバーだな〜
普段、引っかかる事のない本数の少ない秩父鉄道の踏切に止められたり…(^_^;)
が、R140から離れて、山間部に入ると雨も止んだ。
今回登る二つの山は、岩場のある鋭鋒。雨で濡れた岩場は危険である。 登山口まで行って見て、やばそうであれば、もっと簡単な山に変えれば良い。
道は整備されているが、ナビの地図が古く、道がない所を走るとたまに狂うが、果たして、ここでも狂い出した。

う〜む、やはり見えざる力が拒否している。(^_^;)

とりあえずナビを補正し、未知の林道である金山志賀坂林道を進むと、日窒鉱山に出る。
ここは、知る人ぞ知る、埼玉の奥地にひっそりと存在する現役の鉱山。かつては良質の鉄や亜鉛を産出することから、最盛期は従業員3000人を超える鉱業地として、学校や病院など必要な施設が揃ったひとつの『村』として栄えた所でもあるが、それも何十年も前の話。鉱山の衰退とともに、人々は四散し、寂れた雰囲気だけが漂う。
さて、そんな鉱山村を抜ける素掘の雁掛トンネルに入ると、対向車が向かって来る。しかもダンプカーである。
さすがすれ違う事は出来ずに、こちらが延々とバックして、広い所でやり過ごす。
やはり、見えざる…って、どれだけ怖がりなんだ。^_^;

そんなことで、慎重に車を進め、登り始めとなる小倉沢に到着。心配していた雨も降っておらず、空いたスペースに車を止めて歩き始める。
始めは、日窒鉱山の従業員の旧社宅を進むが、すでに廃墟。こういう所は、早朝にも関わらず、いい気持ちがしない。
廃墟を過ぎるとネットで見慣れた登山口に出る。これから向かう山での注意勧告が貼り出されていて、それを読んで、ふと振り返ると、社宅の入口に不気味なものが。。。
壊れた神棚とぬいぐるみが放置されていた。。。
絵的にさすがに写真を撮る気にはならない。誰がこんなことをするのか…

これは何かを暗示しているのか。。。って、しつこいな〜^_^;
どうもこの山域は、得体のしれない恐怖を感じる事がある。。

さて、廃墟を見るのが目的ではないので、早速、山道に入る。
急な斜面を息を切らしながら、上り詰めていると、ガスが立ち込め、雨がパラパラ降り出した。状況が悪くなってきた。ここまで来て諦めたくはないが、山頂直下の岩場まで出て危険だったら諦めよう。足を踏み外したら命も危ない。
赤岩峠に到着。ここを拠点に赤岩岳と大ナゲシをそれぞれ往復してきた。
スリルある岩峰の岩場は楽しめたが、期待していた展望は叶わなかった。
県境尾根で西へ進んだ先にある鋭鋒・宗四郎山にも行ってみたかったが、あいにくの天候でその気もなくなってしまった。物足りない気もするが西に延びる県境尾根は、またの機会に歩いてみることにして、下山することにした。
下山すると晴れ間が出てきて、少し後悔もしたが、それでも赤岩岳・大ナゲシと西上州の山々を歩けてよかった。

今回はこんな天候にも関わらず、1グループ(4名)とすれ違ったが、赤岩尾根に向かったのだろうか。

下山後は、金山志賀坂林道を完走してみようと志賀坂方面に向かった。
途中の道端で初めて「アナグマ」を見た。さすがに山深いところだ。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。


アルバム

金山志賀坂林道沿いの空きスペースに車を止める。ここまで3時間。車の運転だけで疲れる。。。
軽く準備運動して出発(7:07)。鎖のゲートを抜けて登山口に向かう。
ニッチツ鉱山の旧社宅跡を抜ける。鉱山で働く人々が生活していたところだが、人が居なくなってから相当な年月が経過しているのだろう。
ここから北上方に聳え立って見えるはずの赤岩岳の岩峰は曇って見えない。
赤岩峠登口の案内に従い、廃墟の間を抜けて進む。なかなか不気味な佇まいである。

写真中央のボロボロの横断幕が張ってあったような所の先に登山道が続く。
石垣を登ったところに古めかしい石碑と登山者への警告版。
ここで、ふと後ろを振り返ると、旧社宅への入り口があり、そこに壊れた神棚と変なぬいぐるみが放置されており、一瞬、焦った。さすがに写真は撮れなかった。
さて、気を取り直して、登山道へ進む。しばらくは涸沢沿いを緩やかに登って行く。
涸沢から離れて、急斜面を九十九折に登って行くと、枝尾根に乗る。
しばらく進むと広い急斜面を九十九折に登って行くが、パラパラと雨模様になり、霧も出てきた。
やばい、目指す赤岩岳も大ナゲシも岩峰で、雨で岩場が濡れたら、やっかいだなと考えながら歩を進める。
赤岩峠に到着(8:00)。ここを起点に赤岩岳と、大ナゲシをそれぞれ往復する予定だが、雨で岩場がヤバそうだったら、山頂は諦めよう。
まずはここを右に曲がり赤岩岳を目指す。
赤岩峠から30〜40mも進むと写真左のような場所に出る。左側(北)に巻き道が続いているので、そちらに進む。
ここを真っ直ぐに進んでしまうと、赤岩岳正面の垂直の岩場に出るが、素人は登れないので、左に行くしか選択肢はない。
注意深く踏み跡を気にしながら、岩場から離れずに進む。
ここのルンゼが赤岩岳へ続く登り口であり、滑る足元に注意しながら登って行く。
赤岩岳と東に続く赤岩尾根の肩のような場所に出る(写真右)。ここを右に曲がる。

先ほどの肩から右を見上げたところ。ここが赤岩岳への唯一の岩場。

岩の取り付きはこんな感じ。足場・ホールドは多いが、足を滑らさないように慎重に登る。
右側はスッパリと切れ落ちているので、なるべく下は見ないように登って行く。(^_^;)
岩場を登りきったところにケルンがある。
雨がしとしと降っており、開けた場所だが展望は全く効かない。

こんな原生林の急斜面を登って行く。
道に掛かるクモの巣が鬱陶しい。今日は先行者がいないのだろう。というよりも、こんな日に、ここへやってくる物好きな人は少ないのだろう。。。
赤岩岳山頂に到着(8:30)。西側は開けていたが、展望はご覧の通りで、残念無念。
晴れていれば、西上州の個性的な山々が見れたはずなのに。。
ここで、エネルギー補給のため、おにぎりを食べていると、下の方から人の声が聞こえてきた。
展望が開けた先は、ほぼ垂直の壁だが、熟練者がロープを使って登ってくるのか。これは見物だと待っていたが、登ってくる気配を感じないので、下山開始。
開けた岩場まで下りてきた。雨は降っていないが、この時期でも結構肌寒い。
岩場を見下ろしたところ。足を滑らさないように慎重に下る。
岩場を過ぎて、ルンゼを下りるところで、また、人の話し声が聞こえてきた。
山頂で聞いた人達だろう。
人の声がはっきりしてきた。明らかにこのルンゼを登ってきているようだ。
このルンゼは注意してても、石を転がり落としやすいので、それを避けるため、止まって待っていたが、一向に上がってこない。
落石させないように注意して下ると、ルンゼの基部で4人組とすれ違った。こんな所で珍しい。
巻き道を進み、赤岩峠に戻ってきた(9:01)。これから大ナゲシへ向かう。