天城山
Mt.Amagi
あまぎさん
標 高
1,405m
所在地
静岡県伊豆市
日 程
2013年5月5日(日) 天気:晴れ
コース
天城高原駐車場(10:49)→登山口(10:51)→四辻(11:04)→万二郎岳(11:35)−(休憩6min)→花楠立(12:09)→万三郎岳(12:32)−(昼食休憩5min)→四辻(13:40)→天城高原駐車場(13:50)
コース図
 
駐車場
天城高原駐車場
温泉他

山行記

伊豆半島に位置する天城山に行ってきた。ここは日本百名山のひとつで、今年初めての百名山である。
なぜ、わざわざGWの混む時期にこんな山に来たのか。 元々は沼津アルプスと呼ばれる沼津市にある縦走路に興味があり、いろいろとコースを模索していた。
沼津アルプスから駿河湾は一望のもと、富士山の絶景も楽しめる。 伊豆は奥さんの実家があり、GWに帰省するついでの山行を考えていた。

家をAM6時過ぎに出て、伊豆に向かうもGWとはいえ道はガラガラで9時前には実家に到着。沼津アルプスはいくつもの山を縦走するが、縦走とはいってもそれぞれが単独峰の様相で、登り下りが、かなりしんどいらしく、6〜7時間ほど掛かることが予想され、現地への移動も考えるとかなり遅くなる。
夕方からは宴会が予定されているため、それに遅れるわけにもいかず、時間の掛かる沼津アルプスは諦めた。期待の富士山も雲が掛かって見えず、それならば時間も掛からなそうな山ということで、天城山に行ってみることにした。

天城山は修善寺の先にあるが、その辺りは地元みたいな感覚なので場所も分かる。裏道を通り、渋滞にも嵌らず登山口のある駐車場に到着した。 駐車場は天城高原ゴルフコースの横に併設され、ハイカー専用となっていて広い。そして立派なトイレもあり、なんと靴が洗える専用のスペースもある。さすが百名山である。扱いが他の山とは違う??(^_^;)

シャクナゲコースという万二郎岳と万三郎岳の2峰をぐるっと巡る周回コースを歩く。 ちなみに天城山とはこの辺りの連山の総称で、天城連山、天城山脈ともいうらしい。
さて、歩き始めると、じきに様相が変わり出すが、地元・埼玉の山とは趣が異なる。 周りの雰囲気を楽しみながら歩き進むと、じきに万次郎岳に到着。大勢のハイカーが休まれていた山頂には、山桜が咲き誇っていた。
山頂から下ったところに展望の開けた岩があり、そこから相模灘が遠望出来た。山から海が望めるなんて、なかなかできない貴重な体験。 ブナの巨木、アセビのトンネルなど特徴のある山歩きを楽しむと万三郎岳へと続く急登に差し掛かる。息を切らしながら上り詰めると、山頂にたどり着いた。ここも大勢のハイカーで賑わっていた。軽く食事し休憩のあと、駐車場に向かった。

かなり飛ばして、3時間程度で歩いたが、なかなか味のあるコースであった。

今回はGWのわりに日程がいいのか、行き帰りとも渋滞もなく道は空いていた。
そして、いつの間にか東名の海老名から圏央道に高速が延びていた。ネットで、圏央道の工事予定を調べると、なんと年内に埼玉から、東名まで開通する予定になっている。 全然知らなかった(^_^;)
伊豆縦貫道も順調に延びており、埼玉から修善寺あたりまでは2〜3年のうちに、高速だけ行けそうな勢いである。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。

アルバム

天城高原ゴルフコースの隣にある専用の駐車場に車を停める(10:51)。立派なトイレのある広い駐車場だが、すでに満車状態。余裕のあるスペースに車を停める。

真ん中のコブのようなピークが最初に目指す万二郎岳(1,299m)。
それにしてもさすがに日本百名山。車のナンバーも京都、神戸。。。など全国の都道府県ナンバーのオンパレートである。
ここが登山口(10:53)。万二郎岳まで2.3km。まずは分岐の四辻を目指します。
歩き始めはこんな感じ。百日紅みたいなつるつるな樹木は、ひめしゃらなのでしょうか。
四辻に到着(11:04)。ここを左へ進み万二郎岳を目指します。
万二郎岳まで1.5km。ここから登りが始まります。低木のトンネルを進みます。いつもと違う植生でいい雰囲気です。
一見、原生林のようにも見えます。さすがにGWの百名山。ハイカーだらけです。(^_^;)
すみれを発見。
万二郎岳に到着(11:34)。山頂は多くのハイカーでにぎわっています。
左写真は次に目指す万三郎岳。急いで歩いてきましたので、お腹ペコペコ。おにぎりをひとつ頬張る。
広い山頂部はちょうど山桜がピークな感じでした。
さぁ、次は万三郎岳に向かい、まずは万二郎岳を下ります。右写真の真ん中少し左にちょこんと頭を出しているのが、万三郎岳。

見晴のよい岩の上から振り返ると、さきほどの万二郎岳が見えます。

万二郎岳の右側に見える町は熱川。風車で分かります。

風車の向こう側には昔よく行った熱川バナナワニ園があります。

河津や下田方面。海が綺麗に遠望できました。
馬の背を通過。ゴロゴロしたガレ場を登って行きます。

アセビのトンネルを楽しみましょう!アセビは馬酔木とも言いますが、有毒植物のため鹿の食害が進む秩父の山でも、この葉っぱだけは残っていますね。
これがアセビの花。ここも独特な雰囲気があって気持ちいいです。

周りは苔むしてて。。。

緑に癒されます。
アセビのトンネルを抜けて、少し下ったコルになる場所が石楠立。所々に桜もあり綺麗です。

この辺りからブナが多くなり、また、雰囲気が変わってきました。
ブナが増えて奥秩父に似た感じです。目の前に万三郎岳の山頂が見えてきました。
山頂手前は少し急ですが、距離は大したことなく一気に登り詰めると、万三郎岳に到着(12:32)。
この山頂は一等三角点があります。ここも多くのハイカーでにぎわっていた。
この山頂で昼食休憩。ほどほど休んで先に進みます。
ここが下降点(12:44)。ここから天城高原ゴルフ場に戻ります。あと3.8km、120分とあります。

桜1

桜2

桜3

桜4。やはり桜はいいですね。

真正面の相模灘に見える島は初島みたいですね。その手前の街並みが伊東。
右に見える小高い山が遠笠山のようです。その向こう側に大室山があるようですが、小さくて隠れています。
下降点から一気に高度を下げ、あとは巻き道を延々と歩いていきます。
苔むした岩などもあって飽きませんね。
ひめしゃらの林を歩いて行きます。
ゴルフ場まであと1.0km。もうすぐです。
高度も十分に下げて伐採地に差し掛かりました。
伐採地にもアセビの花が咲いていました。そして、四辻まで戻って来たようです。
四辻を通過し、登山口まで戻ってきました(13:50)。
あと、日本百名山バッチはどこで買えるのかと考えていたら、ゴルフ場のクラブハウスで購入できるようなことが案内板に貼り紙されていた。なるほど!
駐車場に戻ってきました。立派なトイレには、靴を洗うコーナーがありました。ブラシもあって、まさにゴルフ場のようですね。

iPhoneのパノラマ機能にて撮影。左のコブが万二郎岳、右端の突き出たピークが万三郎岳。その間に見える稜線を歩いてきました。真ん中の小高いのがアセビのトンネルになっていたところです。

天城山を歩いた日は残念ながら富士山は見えず。こちらは翌日の富士山。
じきに世界文化遺産になる山、思わず見とれてしまいます。