四阿山
Mt.Azumaya
あずまやさん
標 高
2,354m
所在地
長野県・群馬県
日 程
2013年8月3日(土) 天気:晴れ
コース
駐車場(7:10)→東屋(7:35)→根子岳(8:40)−(食事休憩)→四阿山(10:09)−(食事休憩)→駐車場(12:40)
コース図
駐車場
菅平牧場駐車場(200円/人・日)
温泉他
湯楽里館(広くて人も少ない穴場) / 菅平高原

山行記

途中で見かけた花々 ←今日のメインのお花たちです。

前段の話として、先日、奥さんとバスツアーで、乗鞍に行って来た。
時間的な制約から乗鞍岳は諦め、その代わりに高山植物を楽しみにしていたのだが、風雨がもの凄く、おまけにガスって視界も効かない。山の格好もしていないので、ろくに外にも出られず、何しに行ったか分からない残念な結果となってしまった。(^_^;)

そこで、リベンジを果たすべく高山植物のシーズン中に、花目当ての山行を考えていた。
さあ、どこに行こうか。
乗鞍岳は一人で行くにはアクセスがしんどいのでパス。
関越・上信越方面で探していると、苗場山や四阿山がいいらしい。
苗場山は以前から行ってみたかったが、新潟方面は雨予報のため、キャンセル。
四阿山は、隣に根子岳という山があり、花の百名山と呼ばれているらしい。場所も菅平。涼しそうで良さそうである。
という訳で、日本百名山の一つでもある四阿山に決めた。

この山域はあまり経験がなく、期待も膨らむ。しかも久しぶりの高速での移動。前日は興奮したのか、珍しくほとんど寝れなかった。睡眠不足で体調も万全ではないなか、眠い目を擦って、朝は4時半過ぎに出発。
峠の釜飯でも買って山頂で食べる(釜が無駄に重いけど。。)のも、なかなか乙なものかもしれないと、横川SAに寄ってみるが、早過ぎて営業しておらず。まあ、当然か。 全く遠足気分である。(笑)
高速を運転していると次第に眠くなり、東部湯の丸SAで仮眠を取る。20分も横になると目も覚め、頭も冴えてきた。さっそく上田ICで高速を下りて、菅平牧場に向かい7時ごろ到着。
菅平牧場駐車場に車を停め仕度する。最初に目指す根子岳の山頂付近はガスっており、今回も展望は効かないのであろうか。晴れる事を期待して歩き始める。標高が高いのも影響しているが、さすがスポーツ夏合宿のメッカの菅平。空気がひんやりして、じっとしていると少し寒いくらいだ。

さて、まずは根子岳目指して、牧場の横を登っていくが、歩き始めると、高山植物がそこらじゅうに目に付く。牧場の牛たちも気持ち良さそうに草を食んでいる。
今日のメインは高山植物。いっぱい写真を撮るぞと気合も入る。 道中、写真を撮るのに夢中になり、歩きのペースは上がらないが、 さすがに花の百名山と呼ばれる事はある。
それと四阿山、さすがは日本百名山である。根子岳から四阿山へ向かう岩稜、ダケカンバの林、お花畑と、なかなか変化に富んだ高山の魅力あふれる山歩きを楽しむことが出来た。
山頂付近はガスって展望は効かなかったが、高山植物はまさに百花繚乱の様相を呈している。写真も楽しめ十分満足な気分に浸れて、贅沢な時間が過ごせた。
道は全般的にぬかるみ滑る足元に注意が必要で、根子岳と四阿山の間の登り返しは、しんどいが、そんなのも山の魅力のひとつ。お勧めの山である。

やたらと花の写真掲載していますが、よろしけばご覧ください。
こちらが本日のメインです。

高山植物のページ(ここをクリックしてください)

しかし、寝不足のせいなのか、1カ月ぶりのブランクによるものか、やたら体が重く感じた。。
さあ、次回はどこに行こうか。
しばらくは高山シリーズでも続けようかな。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。

アルバム

菅平牧場駐車場に停める(7:00)。右写真の中央に見えるのが根子岳、山頂付近はガスっているようである。
今回は根子岳から四阿山を巡る周回コース。登りは根子岳へ向かう。ここには立派な水洗トイレがある。
根子岳の標高が2,207mで、登山口の標高が1,600m。約600mの標高差を登る。お手頃な標高差である。(7:10)
しばらくは牧場横の木段を登って行く。牛も気持ちよさそうである。
この辺りから高山植物が咲き乱れ、写真に夢中になりペースが上がらない。(^_^;)
途中の東屋に到着。根子岳山頂付近は相変わらずガスっている。晴れてくれないかな〜。

所々、雲が出てアルプスや八ヶ岳などの遠望は叶わなかったが、それでも素晴らしい景色である。
すぐ目の前で牛くんが美味しそう?に食事している。のんびりとした立ち振る舞いには癒される。
しばらく進むとクマザサが生い茂るダケカンバの見事な林に様変わる。根子岳まで1.5km
すべる足元に注意しながら、高度を上げていく。

ちょっと、開けた場所で少し休憩。菅平方面が見渡せる。
ハクサンフロウとツリガネニンジン。可憐な花、素晴らしい景色、澄んだ空気に、癒されるな〜
根子岳まで800m。かなり進んだけど、これから傾斜がキツなりそうなので気合を入れ直さないといけない。
道端には様々な色の花々が自己主張して、様々な蝶や蜂がそこに群がる。
この短い夏の間で子孫を残すべく、花や虫たちが一生懸命生き急いでいる、そんな生の営みを感じながら、マクロ接写をしている。(^_^;)
汗が止まらない。ハアハアと息を切らしながら、まだまだ続く登りを踏ん張りながら進む。。

こんな(ヤナギラン)シチュエーションがずっと続くが、ついつい足が止めてカメラを構えてしまう。(^_^)
森林限界を突破したようである。山頂部もガスが晴れてきたような気もするが。。

上空の雲の流れは速く、眺めているだけも飽きない。

山頂も近くなってきたようだが、ガスは晴れてくれない。。^_^;

下界は晴れているのに。。。

どうやら根子岳山頂が見えてきたようだ。人が見える。
花の百名山・根子岳に到着(8:40)。
ここには禰固神社の祠と石碑がある。石碑には「禰固岳」とある。
晴れると、前方に南北に長い北アルプスの展望が楽しめたはずだったのに。。(泣)
ここで食事休憩を取り、次の目的地である四阿山を目指す。

四阿山へ向かい、しばらく山稜を進むが、右側は爆裂火口壁で急斜面となっている。
ここも爆裂火口壁の一部。
この巨大な岩も溶岩が固まってできたものだとか。。
根子岳から200m程度下って、四阿山とのコルまで下りてきた。これから目指す四阿山の山頂部はガスって見えず。

コルから後ろを振り返ると、根子岳からかなり下ってきたことが分かる。