棒ノ折山
Mt.Bonoore
ぼうのおれやま
標 高
969m
所在地
埼玉県
日 程
2013年11月16日(土) 天気:晴れ
コース
さわらびの湯(9:17)→白谷沢登山口(9:42)→東屋(10:44)−(休憩)→岩茸石(11:03)→ゴンジリ峠(11:23)−(休憩)→棒ノ折山(11:45)−(食事休憩)→岩茸石(13:11)→さわらびの湯(14:33)
コース図
駐車場
さわらびの湯駐車場
温泉他

山行記

名栗の棒ノ折山に行ってきた。
ここは山登りで初めて訪れた山である。厳密には小学校の遠足も含め、ハイキングは何度かあるが、自発的にその目的のために訪れた初めての山である。
その時はペース配分も分からずボロボロになり、辛くて山頂手前の急登では何度も途中で諦めようかと苦しんだ記憶が強く、その時の体験がトラウマになっていた(^_^;)
最もその苦しさを乗り越えて、山頂に至った体験が山登りを始めたきっかけでもあるのだが。

そんな棒ノ折山に10年ぶりに訪れようと思ったのは、以前からお世話になっていたTさんからお誘いをいただいたのがきっかけである。
Tさんから登る山について、次のようなオーダーをいただいた。
埼玉県か関越自動車道沿線で日帰りができる標高差が500〜600m程度の山で、温泉があること。
他のメンバーはOさんとNさん。 皆さん、頻繁に山に登られているわけではないので、マニアックな山はチョイス出来ない。
さて、どこに行こうか。考えてみると関越道沿線と言っても、そちら方面の経験がほとんどなく、適当な山が思い浮かばない。ガイドブックを開いてみても至仏山、谷川岳くらいしか見当がつかない。他の日本百名山は標高差が1,000m以上はありそうだ。
それと11月は雪の心配があり、私が寒いのと雪が嫌いで敬遠したい。

そうなると埼玉か。寂しいルートはそこそこ知っているが、そんなところに行っても楽しめないと思う。
埼玉県内でハイカーが多く、お手軽で、しかも変化に富んで、近くに温泉、という基準で考えてみると、真っ先に棒ノ折山が浮かんだが、以前登った山であり、個人的には未踏の山がよい。
ということで、棒ノ折山以外に、行ったことはないが、有名でハイカーも多く観光も出来るコースを二つ追加して、皆さんに3コースから選んでいただくことにした。
個人的に行ってみたい未体験コースをさりげなく勧めながら。。。
するとNさんは棒ノ折山が第一希望との回答。あとのTさん、Oさんはお任せいただけるとのこと。
棒ノ折山は歩き甲斐はあるだろうし、何しろ下山したところが温泉というロケーションがよく、棒ノ折山行に決めさせていただいた。

この山を登ってから10年経過し、体力は衰えているが、そこそこ山登りをやって来たところで、どんな感じで歩けるか試してみたかった。
いざ登ってみると、これまで体験した辛い経験と比べてしまい、前回のような苦しさもなかった。
ここのところ続けて山歩きしているのが影響しているのだろうけど、1年もブランクが空いていたら、山頂手前の長い木段で諦めていたかもしれない。
それでも今回の皆さんのおかげで、いつかは歩いてみたいと考えていた棒ノ折山に再訪できた。
そして久しぶりに登り着いた山頂では、息子と一緒に登った時の思い出が蘇り、懐かしい気分にもなれた。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。


アルバム

さわらびの湯の駐車場に到着。みごとな秋晴れのハイキング日和、準備して早速出発。
さわらびの湯の周辺には桜が咲いていた。なんでも十月桜というらしい。
白谷沢登山口まで舗装された道路を登る。そして今回のメンバーの皆さん

紅葉

有馬ダムから有馬山稜や蕎麦粒山が遠望できる。

名栗湖畔をしばらく進む。
おしゃべりしながら進んで行くと、白谷沢登山口に到着。
ここから山道に入り、棒ノ折山まで3.3km。
この辺では有名な山だけあって、前後には多くのハイカーが歩いている。
しばらく進み白谷沢が近づいてきたところで、ひとまず休憩。

ここのコースは沢を何度か渡渉するため、前日の雨による増水が心配だったが、ほとんど影響はない水位である。

登山口から30分も進むと、このコースの売りでもあるゴルジュ帯となる。
傾斜はあるが、道はしっかりして歩き易い。

何度か沢を渡渉しながら進む。

増水すると難易度は上がりそうだが、変化に富んで飽きないコースである。

白谷沢コースのハイライト?の鎖場に差し掛かった。

ここが唯一の鎖場。結構な高度差がある。

鎖場のアップ
鎖場を越えた所に白孔雀の滝がある。

滝も楽しみ、変化に富んだゴルジュ帯も抜けて、そろそろ沢から離れる。
周りに植林が目立ちはじめ、単調な道を進む。
登山口から1時間ほどして林道に出る。
ここの東屋で休憩。棒ノ折山まで半分以上歩いてきた。
東屋を後にして、次は岩茸石を目指して急登を登っていく。
急斜面を100mほど登り詰めると巻き道になる。

岩茸石に到着。この巨大な石は裏側から登れる。
ゴンジリ峠を目指して尾根を進む。
急斜面の木段を踏ん張って進むと、多くのハイカーで賑わうゴンジリ峠に到着。