帳付山
Mt.Chozuke
ちょうづけやま
標 高
1,619m
所在地
埼玉県/群馬県
日 程
2013年11月03日(日) 天気:晴れ
コース
天丸橋(7:05)→大山天丸山分岐(8:12)→大山(8:27)−(食事休憩)→倉門山(8:52)→天丸山(9:16)−(食事休憩)→馬道のコル(9:49)→帳付山(10:53)−(食事休憩)→馬道のコル(12:11)→社壇乗越(13:09)→天丸橋(13:42)
コース図
駐車場
温泉他

山行記

地形図にその名の記載のない西上州の秘峰ともいわれる帳付山に行ってきた。
そこは埼玉県(武州)と群馬県(上州)の県境になるが、埼玉県では北西の最奥部になる。 あまりにも山深いため、埼玉から日帰りで臨めるコースはない?
そんな山にいつかは行って見たいという思いはあったが、何しろここは急峻な岩峰が立ち並ぶ西上州でもあり、私ごときが立ち向かえる山ではないと敬遠していたのである。
この山域には行ってみたい山が多い。怖いもの見たさのようなところがあるが、惹きつけられる魅力がある。
そんな山々をチャレンジするためには経験が必要であり、その意味でもこの山はちょうど良いだろう。
群馬側から登ったが、予想通り簡単には進ませてくれない厳しさがあり、少々怖い思いもしたが、一味違う西上州の醍醐味を味わえ、よい経験になった。この山域はまりそうである。

今回は大山、倉門山、天丸山、そして帳付山を歩いたが、それぞれ特徴がある。 大山と天丸山は急峻な岩峰で、特に天丸山は緊張を強いられる。
そして馬道のコルからは帳付山までは距離的に大したことはなく上武国境稜線を歩くだけだが、稜線の様相も様変わりする。
岩稜が続き所々岩に行く手を阻まれる。そんな場合は左右どちらかに巻くのだが、急斜面の巻き道で全く気が抜けない。またアップダウンも多く距離の割りにはしんどい歩きとなったが、いつもとは違う緊張感を感じながら、山深い山域で紅葉も楽しめた満足な一日であった。

この日は安全のためにと、補助ロープと懸垂下降が出来るように器具なども持ち込んだが、それほど大げさなコースではなく、とりあえず使わずに済んだ。

誰とも会わないことも予想されたが、以外と人は多かった。それは帳付山が関東百名山などに指定されているからだろう。それと群馬百名山に指定されている天丸山。しかし、こんな山が指定されているとは、関東百名山や群馬百名山のレベルが高い。(^_^;)

また、アカヤシオの時期に訪れたいものである。

アルバム

登山口の天丸橋に向かって車を走らせていると、これから登る大山の鋭鋒が突如として姿を現す。あれに登るのかと思うと武者震いする。
登山口のある駐車位置にはすでに1台停まっており、その隣に駐車する。車の持ち主とどこかで会えるだろうか。
入念に準備運動をしてから登山口に向かう。登山口には天丸山登山禁止の表示がある。自己責任で進むしかない。

この看板の通り、大山コースから大山、倉門山、天丸山、帳付山の順に登り、天丸・帳付コースを下り、最後は林道から駐車場に戻る予定。
天丸橋を渡った所から沢沿いに歩き始める。
沢の左右を渡りながら登っていく。途中、滝もあり2カ所ばかり高巻いて進む。

踏み跡は所々怪しいが、テープはそれなりに貼られている。とりあえずは沢沿いに登っていく。

ここで沢が二手に分かれる。踏み跡もよく分からず、前方にテープも見えない。さて、どちらに進めば良いのか。しばし思案に暮れる。
左右どちらに進んでも方角的には間違いないように思えるが、右手は4〜5mの滝があり、とても進めそうにないが。。。

滝の上部に、ネットで見た梯子を発見した。ということは、こちらの沢が正しいのだが、どうやってあそこに進むのか。
滝を高巻いて進むはずだが、向かって右側を高巻くのは絶対に無理。左を見上げてもよく分からない。
少し下がって、左側を見上げると標識がありロープも見えた。左側の沢を少し進むと高巻くルートがあった。
無事に滝の上部に出た。怪しい梯子を登り涸沢を進む。
しばらく進むと巻きながら小尾根へと登っていく。
左側に大山、右側に天丸山の岩峰をそれぞれ間近に見ながら進んで行くと、大山と天丸山の分岐に到着する。
まずは大山に向かうので、この分岐を左に曲がり稜線に向かい、九十九折りに登る。

稜線に出ると目の前に大山の山頂部である岩峰が聳え立つ。ここで熊鈴を鳴らしながらハイカーさんが下ってきた。
お話すると先に駐車されていた方のようだ。この先でもお会いするでしょう、とすれ違う。

それなりに傾斜のある岩場で、ロープも張ってあるが、ホールドも多くロープは掴まずに登っていく。

ここは垂直で素人には危険。左側へ進むと次の写真の部分に出る。

見た目より急だが、ロープは使わずに登り詰める。

東側が開けて、両神山と八丁尾根や赤岩尾根の急峻な岩稜が見渡せるようになる。

大山山頂に到着。山頂独り占め。ここで小休止。展望を楽しみながら、おにぎりを一つ頬張る。(^_^)
北西に見慣れぬ上州の山々が聳えているが、山名が全く分からない。一際目立つ浅間山だけは分かるが。。。

最終目的地の帳付山が見える。それほど距離はなさそうだが、山頂手前の登りがきつそうである。

程々に休んだ後、大山を下り、埼玉県(武州)と群馬県(上州)の県境である上武国境稜線を目指す。
大山からの下りはこんな感じであるが、見た目ほど怖くはない。

次に目指す県境に位置する倉門山が間近に見えるが、標高差はほとんどなく、真っ直ぐ山頂を目指す。
稜線を目指して登っていると、太い倒木に思いっきり頭をぶつけた。あまりに痛くて倒れそうになった。
急登で先ばかり見ていると進むのが辛くなるので、必要以上に前方は見ずに下を見て登る癖があり、その結果、こんなことになってしまった。
帳付山へと続く県境の稜線、立ち木や倒木でコースが塞がれている箇所があり、ハイカーに優しくないので、気を付けてないと頭をぶつける(^_^;)
上武国境稜線に出て西側に少し登ると倉門山山頂に到着。特に展望も効かないため、そのまま先へ進む。
稜線左側の埼玉秩父方面は紅葉が進んでいるようだ。写真を多く撮るが、なかなか綺麗にいかないものだ。

天丸山への分岐に到着。帳付山へ続く稜線は左に曲がるが、天丸山を目指すので前方へ進む。
スズタケに囲まれた稜線を進むと天丸山の基部に到着。下から見ると少しビビるくらいの傾斜である。

基部から少し左に回り、ここから岩場を登り始める。見た目よりも急であり、ロープを掴めば安心だが、岩登りの経験のため、極力ロープは使わないで登ってみる。
下りもロープは使わずクライムダウンしてみよう。

2本目のロープ。ここも立ち木を利用してロープを掴まないで登るが、下りは厳しそうだ。

岩場の途中で、下を写してみた。見た目よりも急で高所恐怖症の私は両手をフリーにできず、片手操作だったが、本当に怖かった。。。(^_^;)
しかし、ここを下るのはさらに怖いぞ!!!とりあえず下りのことは考えるのはよそう(^_^;)

帳付山もさらに近くに感じるようになった。

長い岩場をなんとか登り、天丸山山頂に到着。ここでも先行されていたハイカーさんとお会いした。
さらにこの先でもお会いするでしょうと、少し会話して別れた。
天丸山でも山頂を独り占めにして小休止。ここでも展望を楽しみながら、おにぎりタイム。東方面に二子山が遠望できた。
十分休憩を取り、リュックを背負うとしたら、リュックにスズメバチがたかっているのに気づき、慌てて手を引っ込めた。危ない所だった。私にとっては天敵のハチ(^_^;)
しかもスズメバチではなすすべもない。。びくびくしながら飛び立つのを待って出発。