深沢山、水晶山、愛宕山
Mt.Fukazawa , Mt.Suisho , Mt.Atago
標 高
350m,270m,250m
所在地
埼玉県飯能市
日 程
2013年5月26日(日) 天気:晴れ
コース
東吾野駅駐車場(12:11)→長念寺(12:37)→愛宕山(12:56)→水晶山(13:09)→深沢山西峰(13:24)→深沢山東峰(13:29)→土山の峰(13:55)→ユガテ(14:33)→東吾野駅駐車場(15:26)
コース図
駐車場
東吾野駅駐車場(500円/日)
温泉他

山行記

今回は昼からという時間的な制約の中、地図を眺め近場で人のいなさそうな静かな山を狙い、奥武蔵に位置する愛宕山、水晶山、深沢山というマイナーな山々を歩いた。 このエリアは、道が入り組んでいて、よく分からない山域である。
この日は稜線を辿って3つの山を歩き、復路はユガテという山上の桃源郷と称される集落を歩いてみた。

西武秩父線の沿線は日帰りハイキングに手ごろな奥武蔵の山々が多く、電車を利用すると縦走など様々な歩きが楽しめるが、駐車場が限られるため、マイカー登山の場合は、駐車場をどこにするかも考慮しなければならない。目的の山に近い駐車場は東吾野駅にあるため、ここをゴールに設定し、国道を少し歩いて、長念寺から山に入ることにする。

東吾野の駐車場に車を停めるとゼッケンを付けた多くのハイカーさんが歩いている。何事かと近くにいた係員さんにお聞きすると、飯能市で主催している「飯能新緑ツーデーマーチ」なるイベントらしい。そのようなイベントは知らなかったが、面白そうである。来年は参加していいかもしれない。
さて、歩き始めは国道299号を進み、長念寺から山道に入る。
山道に入ると奥武蔵の里山の雰囲気溢れる想像した通りの山歩きで楽しめたが、登りは分岐が多く、標識のない、あるいは地図に記載のない分岐もあるので注意が必要。

40分も歩くと目的の山々も歩き切り、あとはユガテ経由で東吾野駅を目指す。
鬱蒼とした植林の中を進んで行くと直に長閑な山村風景が広がりだし、ユガテにたどり着いたことが分かる。ユガテの景色を堪能し、のんびりしたら、あとは東吾野駅を目指して尾根を下る。道もしっかりしているので、それを辿るだけ。

ユガテで中学生くらいのボーイスカウトの4人グループが足早に抜いて行った。子供だけで珍しい。それも慣れた感じではなく、少し慌てて道を探しながら歩いているようだった。
しばらく進むと分岐に出て、そこはまっすぐに進んだが、分岐の案内が分かりづらく、件の中学生グループが分岐で悩んでいたのが、少し気になり分岐に戻ってみた。しかし、グループはおらず分岐左手方向から声が聞こえた。彼らが東吾野駅を目指しているなら問題ないが、少し気になり後追いした。
しばらく進むとちょっとした急登があり、その先で彼らは休んでいた。女の子1名、男の子3名の4人組。聞いてみると東吾野駅を目指しているとのこと。道ははっきりしているし、じきに沿線も見えてくるから間違いないだろう。ただ、この先、地図では1箇所分岐があったので、地図を見せて確認した。
彼らのペースならば、すぐに追いつくだろうと先に出発したが、まさしくすぐに追いつかれて抜かされた。不安であれば一緒に歩くのは構わないのだが、知らないおじさんと歩いても面白くないのだろう。
あっという間に見えなくなった。女の子の荷物を担いでいるリーダーと思しき少年が、しっかりしていたので、心配ないだろうと思いながらも気にはなる。
先の分岐をまっすぐ進むと駅が遠望出来る場所に出た。
彼らのペースであれば、駅周辺にいるのだろうと眺めてみたが見当たらない。おかしいと思いつつ、国道まで下りると前方で信号待ちしていた。
とりあえずは一安心である。
この記事を書いている日も滋賀県で小学生の遭難騒ぎがあった。
ボーイスカウトのイベントなのか分からないが、子供だけで山歩きをさせるのは、どうなのだろうか。
と言っている自分も同じようなものだが。。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。

アルバム

東吾野駅にある駐車場(500円/日)に車を停める(12:11)。スペースは5〜6台で駐車場に料金清算機があった。
始めはR299を歩き、長念寺が見えたら、そちらに進む。目指す愛宕山も遠望できる。

長念寺の由緒
長念寺。右の石仏は一休さん?去年、立ち寄った霊山院にも同じものがあった。
山の斜面に広がるお墓を進むと向かって左側に道があり、そちらへ進む。
目の前には目指す愛宕山が見えている。
このような標識が所々に設置されている。右写真の石仏から山道になる。
電線で道がふさがれている。高圧の警告が貼り出されているが、本当に電圧が掛かっているのか試せないが、ビクビクしながら電線をまたぎ、標識に従って進む。
急登を登り出すと直ぐに愛宕山山頂に到着(12:56)。
愛宕山の神社の裏に先へ進む稜線が続いている。
しばらく稜線を進むと山頂とは思えない水晶山に到着(13:09)。左から人声が聞こえたので、見てみると遥か下方に集団が休んでいた。
地形図を眺めてみたが、コースではなさそう。なんであんなところにいるのだろう?
途中から傾斜が険しくなり、ロープも張られていた。
急斜面を登りきったところが深沢山の東峰と西峰の分岐。三角点は西峰にあり、そちらに寄ると少し戻るのだが、折角だからと西峰に向かった。
東峰と西峰のコルまで下がり、登り返すと四等三角点が見えてきた(13:24)。
深沢山西峰に到着。なんの展望もない寂しい山頂である。歩いてきた道を戻り東峰へと向かう。
東峰が見えてきた。
深沢山(東峰)に到着。感慨深いものはないが、写真を撮り北へ向かう(13:29)。
分岐が続くが、ユガテ方面に進む。
左写真の箇所は案内標識などはないがまっすぐ進む(白線)
十字路に出た。標識などはなかったが真っ直ぐに進む。この十字路には右写真の手書きテープが貼られていた。
直に急登になり小尾根にでたが、ここを右に曲がって進んで行く。
小尾根の左方向は木の枝で進入を防いでいるようにも見える。
しばらく進むと右写真の分岐にでるが、左側の道を進みピークを目指す。右側の道はピークの巻き道で少し先で合流する。
小高い場所に出た。山名板などはないが、良く見ると足元に右写真の標識があった(13:55)。
ここからしばらく下ると右写真の分岐に出た。右は北向地蔵へ、左はユガテに向かう。
ここにも杉の幹にテープが貼られていた。
ユガテを目指すために分岐を右に進む。
鬱蒼とした雰囲気でなかなかいい道である。
しばらく進むと竹林に出た。集落が近づいてきたのだろう。
山上の桃源郷と称されるユガテに到着。いい雰囲気である(14:33)。
行き先案内も多すぎ。よく分からない。(^_^;)
振り返ると長閑な山村の風景が広がる。
中学生のグループが悩んでいた分岐にて。中学生グループと同様に古道飛脚道なるコースを進む。
木材置き場のある整備された道をしばらく進む。目の前を中学生のグループが快調に飛ばしていく。
橋本山見晴台はパス。そして、その先の分岐もまっすぐに進む。
前方には東吾野駅が見えてきた。駐車場に停めたマイカーも遠望できるが、前方を歩いているはずの中学生グループが見当たらない。
麓の吾那神社に到着。
恒例?の狛犬カット。なかなか堂々としている。
国道299号に出ると前方に中学生グループを発見。無事に下山できたようで一安心(15:26)。