日和田山・岩登り(番外編)
Mt.Takatori
標 高
所在地
埼玉県日高市
日 程
2013年3月20日(水) 天気:曇り
コース
西武高麗駅(13:21)→日和田山岩登り教室(9:00〜17:00)→西武高麗駅(17:30)→日和田山駐車場(18:00)
コース図
− 
駐車場
日和田山駐車場(300円/日)
温泉他

山行記

今回は日和田山で岩登りを楽しんで来た。

以前からやってみたかったが、一人では出来ない。ロープワークやクライミングギアも全く分からない超初心者なので、講習を受けたいと考えていた。
近場の日和田山で岩登りが盛んなのは知っていた。そこで、ネットで調べて「日和田山」「岩登り」で検索したところ、「登山教室Timtam」というサイトがトップで表示された。サイトを見ると、教室のコンセプトが性に合いそう、そして良さそうな講習会もあり参加させていただいた。

ロープワークや、ビレー器、シリングなどクライミングギアの使い方や理屈は、ネットで調べてもイメージが湧かずいまいち理解できない。実際に体験するのが早いので、その辺はきっちりと理解しておきたいところだ。 そして、セルフビレイや懸垂下降も体験したかった。

さて、道具はカラビナ、安全環付カラビナ、スリングは用意して、それ以外はレンタルで臨んだ。
始めに岩登りの基本として、足の使い方、体の運び方などを説明していただいたが、理に適った内容で納得である。岩場での歩きを改めねばなるまい。
続いてロープワークやギアの説明及び使い方に入る。ふむふむ、なるほどそういうことかと感心しきり。やはり参加してよかった。
そして午後からは本格的な岩登りに入る。 ここは男岩と女岩の2つの大きな岩塊があり、比較的に易しいと思われる女岩を登り、次に男岩へ移動し練習に入る。 「特に見本は見せないから、考えて、登ってみて」と促され、恐る恐るトップロープを繋げて準備に入る。眼前に壁にしか見えない女岩が聳え立つ。いきなりこんなところを登れるのかとビビりながらも、何とかなった。当然、ビレイされているので、安全な状態で取り組める。

講師が登られるのを眺めている分には、非常に簡単そうに見えるが、実際にやってみると、なかなか思うように手足が使えない。力の使い方や体の運びに無駄が多く、思うようにはいかない。
体が重いのか。。。というか、あきらかに体は重いのだが。。。
参加者のうち、男性は私だけだが、女性陣は身軽なためか、手足を器用に運んで登られる。

全く出来の悪い生徒になってしまった(^_^;)
へっぴり腰だし。。。

15時くらいからは急に人がいなくなり、トップロープで何本もやらせていただくが、すでに腕がパンパン、力が入らない。
どうしても力に頼ってしまい、それでも腕の筋力があればよいのだが。。。

しかし、講習会はもっと大人数でやるものと思っていたが、4人の生徒に対して、3人の講師、ほとんどマンツーマンでやっていただき、充実した内容だった。
腕の力に頼らない、足をしっかり使う、など理屈は分かったつもりだが、体がいうことを聞かない。何よりも経験が足りない。

う〜む、悔しい!もっと上手になりたい!
岩登りは楽しかったが、上達すればさらに楽しいのだろう。それでも20m程度の岩場でスリルも味わえたし、懸垂下降も面白かった。
また、「登山教室Timtam」の岩登りに参加したくて、うずうずしており嵌りそうで怖い。(^_^;)
あと、ハイグレードハイキングもそそれられる。

腕は筋肉痛で、体のあちこちにあざや細かな傷ができたが、充実した一日であった。

「登山教室Timtam」の講師の方々には懇切丁寧に教えていただき、有難うございました。
また、一緒にご参加された皆さんもありがとうございました。m(_ _)m

アルバム

日和田山登山口にある駐車場に車を停める(7:26)。駐車場の料金(300円)は封筒にお金を入れ、車番を記載して「料金入」に入れる。
集合場所である高麗駅に向かう途中で、巾着田を迂回する高麗川と日和田山を見る。
西武高麗駅に到着(7:50)。これが有名?なトーテムポール
皆さん集合して、現地に向かう。

出た!これが日和田山の岩場。
この岩場はひとまず通過し、まずは最初の練習ポイントへ向かう。
基本的な講義とロープワークの勉強。トップ(先頭)を確保するため、セカンドがセルフビレして支える。
ビレイループにHMS型安全環付カラビナをさらにロープとATCを通して、トップをサポート。

ここの斜面は、山歩きで比較的に出くわすような岩場。始めはここで繰り返し練習。それにしてもへっぴり腰だな〜(^_^;)
おなじみ日和田山の鳥居に移動して、昼食タイム。

食事の後は本日のメインイベント。それにしてもすごい人だかり。そしてすごい傾斜。こんな所登れるのかな〜と不安に抱く。

これが男岩の西面。空いているところへ移動して練習に入る。
男岩の東面で登攀するセカンドはセルフビレイしてトップを支える。

男岩の東面で懸垂下降にて降下中。しかし懸垂下降は面白い。
男岩の頂上にて。登って来られる方がいるが(左写真)、苦労されている。
私も同じく、ここで行き詰まるが、上で確保してくださる先生は、笑いながら「登れる方法はあるんだけど、教えるとつまらないからね〜」
となかなか教えてくれない。(^_^;)
鬼のような先生だ(笑)。 ちきしょー(笑)、自分の力でクリアするぞ!と意気込むが、そのうち力がなくなりギブアップ。(^_^;)
先生に答えを教えていただき、なんとか登り詰めた。
そして、講師(右写真)の方は懸垂下降で、あっという間に下りて行く。
お!私の次の方(左写真)はコースを変えてあっさり登って来られた。コース取りがうまいな〜。
そして、下りは懸垂下降だが、これが面白い。やみつきになりそうだ。(笑)

この岩場でも難易度の高い?、松の木ハングと呼ばれるコースに挑戦する私。トップロープで臨む。
出っ張った岩を避けて左側を登る。慣れている人はそんなことはせずに、突き出たオーバーハング気味の岩(右側の出っ張り)を
そのまま登るが、私には貼りつくことも出来ない。
とりあえず出っ張りの上まで行けた(右写真)が、そこから一歩も登れず、あえなく断念。
左写真はステミングフェースと呼ばれるコースに中間地点を取付く先生。全く危なげなく無駄のない綺麗ない登攀です。
私にはステミングフェースはチャレンジすらできなかった。
右写真は松の木ハングというオーバーハングの壁面をあっさりクリアするコーチ。 下から見ていると簡単そうだけどな〜。。。
お二人ともスパイダーマンのようだ。(^_^;)
登れるようになると、さらに楽しんだろうな〜
十分に体験させていただき、17時頃に撤収。高麗駅にて解散。駐車場に戻る頃には18:00を過ぎており、辺りはすっかり暗くなってしまった。
今日は大変だったけど、非常に有意義な一日であった。