本陣山、イモリ山
Mt.Honjin, Mt.Imori
ほんじんやま、いもりやま
標 高
442m、
所在地
埼玉県
日 程
2013年10月19日(土) 天気:曇り/一時雨
コース
東吾野駅駐車場(6:15)→(電車)→西吾野駅(6:35)→森坂峠(7:14)→本陣山(7:24)→森坂峠(7:32)→イモリ山(7:48)→森坂峠(8:08)→西吾野駅(8:31)→(電車)→東吾野駅(8:55)
コース図
駐車場
東吾野駅前駐車場(500円/日)
温泉他

山行記

2週続けての山歩き。
今週末はどこに行こうか。土曜日の天気は夕方から雨模様。午後は用事があり、早めに帰れる奥武蔵あたりがよい。
そうだ!高山不動尊と関八州見晴らし台に行こう。
天気も期待できないし、紅葉もまだというのに、なぜか行きたくなってしまった。
そうなると行かない訳にはいかなくなる。いつも行き当たりばったりだ。(^_^;)

さて、起点は西吾野駅とするが、西武線沿線は駐車場の有る駅が限られる。西吾野駅には駐車場がないので、手前の東吾野駅か、先の正丸駅の駐車場を利用しなければならない。へんな所には停めたくないので。。
今回は正丸駅に止めて上り電車で戻る予定でおり、時刻表で出発時刻を確かめて、正丸駅を目指した。
山行で電車やバスを使う場合は、帰りのことも考えてスマホに時刻表の写真を入れており、向かっている途中で東吾野駅の時刻表を確かめると、早い時間の下り電車が何とか間に合いそうなので、慌てて東吾野駅の駐車場に車を停めて電車に乗った。
この後、電車では朝からドタバタがあり忙しなかったが、歩き始めるとポツリポツリと雨が。。。
予報では夕方からのはずなのに、テンションが一気に下がる。
元々、こんな日に向かうべきではなかったが、高山不動尊や関八州見晴台に行っても、その大きな魅力でもある展望が味わえないのではないか。

折角来たのに、どうしようかと思案に暮れるが、実はひとつ気になるコースがあった。
ほとんど訪れる人の少ない本陣山とイモリ山である。ここは目的地というよりも伊豆ケ岳や子の権現に抜ける通過地点として通られることはあるようだ。

歩いてみると距離も短く、特筆すべき点のない寂峰だった。植林で覆われた本陣山も岩稜の端にあるようなイモリ山も寂れているという点では申し分ないが、静かな山歩きが出来た。
それでも淡々と歩いて9時前には西吾野駅に戻ってきてしまった。
あっさりし過ぎて物足りない。駅に屯しているハイカーさん達はこれから登るようである。
確かに日帰りで山に来て9時前に終わりでは、何とももったいない。
だけど高山不動尊には登る気もない。そして関八州見晴台に行くのは今日ではないだろう。

そんな訳で次は吉田山を歩くことにした。

詳細はこちら → 吉田山編

アルバム

東吾野駅駐車場に車を停める(6:15)。電車が6:19発となっている。1時間に2本しかなく、絶対に逃せられないから、ダッシュ!
慌てて切符を買おうとするが、6:30まで券売機は動かず、駅員さんもいない。(^_^;)
どうするか悩んでいると、電車がやって来たので、慌ただしくホームに駆け込みギリギリセーフ。ここで乗ったことを証明するものは何もないが。。。
suicaやパスモがあれば楽なのだが、無くすといけないので持ち歩かない。
西吾野駅に到着。駅員さんに事情を説明して清算する。駅でトイレと準備運動を済ませ、いざ出発しようとしたところ、車のカギがないことに気付く。やばい。。。
電車の中で荷物整理した時に落としたか?ポケットにも入っていないし、リュックのいつもの場所にもない。
先日の失敗をまた繰り返したかと、荷物をひっくり返していたところ、コンビニ袋に入っているのを発見。良かった〜。慌てるとろくなことがない。

無駄に時間を浪費したが、早速、高山不動尊に向かって歩き始める。写真の右のピークは本陣山で、左奥はイモリ山と思われる。
高山不動尊へは橋を渡って右に曲がり川沿いに進む。
高山不動尊へ向かって進むと、傘をさすほどではないが、雨がポツリポツリと降り出した。今日は夕方から雨を想定していたが、こんなに早く始まるとは。。。
立ち止まってどうするか思案に暮れる。長い距離を歩きたくないし、見晴らしも期待できないだろう。
そこで歩行距離の短い以前から少し気になっていた本陣山とイモリ山という寂しい山を歩いて、早めに帰ろうと進路を変えた。
方向を変えてR299沿いに飯能方面へ少し戻ったところで右に曲がって橋を渡り、ゲートの先に進む。
しばらく野原のようなところを歩く。この辺りもセイタカアワダチソウが目立つ。

ゲートから5分ほど進むと山道に入る。
作業道のようなところを進む。変な茸を発見。

途中に丁寧な案内がある。

この谷を登っていく。前方の大きな岩は右側を抜ける。

大きな岩を通り過ぎると森坂峠も見える。山道に入ると森坂峠まで大した距離はない。

森坂峠に到着。ここを真っ直ぐに進むと伊豆が岳のほうへ抜ける。
まずはここを右に曲がり本陣山をピストンする。
テープは少ないが尾根上を進むだけ。途中でNHKのアンテナ2カ所を通過する。

森坂峠から10分程度で本陣山山頂に到着。
山頂から展望は全く効かない。那智山青岸渡寺のお札がある。秩父での山頂でたまに見る。
雨も降っていることだし、本陣山の山頂では休まずに、森坂峠に引き返し、そのままイモリ山を目指す。

イモリ山とおぼしきピーク上部に巨大な岩場があり、傾斜も急で直登はキツそうである。
周りを見渡すと、左上方に尾根があり、そこに乗れれば良さそうである。それにトレースもあるので、左に巻きながら上を目指す。
途中からトレースも怪しくなるが、斜めに尾根に向かい登っていく。

大した高さではないが、傾斜もきつく手も使いながら登っていく。今日はすんなり歩けるかなと思っていたが、意外な展開に。。。
それともまた道を間違えたか。
尾根に乗り、斜面を巻きながらイモリ山の山頂を目指す。

山頂直下の祠を過ぎると次の写真の分岐に出る。

この分岐を左に登ると目の前が山頂である。しかし奥武蔵はこの手の手書きの案内が多くありがたい。

イモリ山の山頂に到着。岩稜の行き止まりのようなピークである。

山頂からは南西方面が見渡せるが、有馬山とかそちらの山々だろうか。雨も激しくなってきたので、山頂での休憩はパスする。
山頂から西にトレースがあるので、行ってみた。下りられそうではあるが、途中の岩場が見えないのがヤバそうである。
雨で先を急ぎたいため、西面を下るのはパスして往路と同じルートで下ることにした。
山頂直下をトラバースしながら左のイモリ山を見上げる。じきに森坂峠に続く尾根に戻る。
森坂峠に戻り、西吾野駅を目指して、谷を下る。
巨大な岩の横を抜けて林道に出る。
橋まで戻ると雨も弱くなってきた。
西吾野駅まで戻ると雨もほぼやんだ。駅には高山不動尊に向かわれると思われるハイカーが多かった。
こちらはひと山歩いてきたが、まだ、9時前。高山不動尊に向かうのも時間的には問題ないと思うが、この天気で見晴らしも期待できないし、紅葉は進んでいないし、歩きではなく車で高山不動尊まで行ってみるのもいいかもしれないなとど、電車のなかで考えてみた。
時間も早いしこのまま帰るのももったいないので、電車のなかで地図を広げて簡単に登れそうな山を物色する。
以前、近くを歩いた時に何かのついでで登ってみようと考えていた吉田山を歩いてみることにした。そこで吉田山の麓まで車で向かった。

吉田山編はこちら → 吉田山