茅ヶ岳
Mt.Kayagatake
かやがたけ
標 高
約1,706m
所在地
山梨県北杜市
日 程
2013年4月28日(日) 天気:晴れ
コース
深田記念公園駐車場(7:04)→女岩(7:50)→深田久弥氏終焉の地(8:23)→茅ヶ岳(8:37)→(小休止15min)→金ヶ岳(9:39)→(昼食休憩35min)→茅ヶ岳(10:53)→(小休止10min)→深田記念公園駐車場(12:20)
コース図
 
駐車場
深田記念公園駐車場
温泉他

山行記

今回は、yasuoinoueさんにお誘いいただき、山梨に位置する日本二百名山のひとつ茅ヶ岳に行ってきた。yasuoinoueさんとは昨年の外秩父七峰ハイキングで縁あって、今年の外秩父七峰ハイキングでご一緒させていただく予定だったが都合が合わず、今回の山行となった。

この茅ヶ岳は日本百名山の著者・深田久弥氏の終焉の地として有名で、いつかは登りたいという想いはあったが、あまり気に留める事もなかった。それは茅ヶ岳に対して平凡な印象しかなかったためであったが、いざ登ってみるとなかなかどうして、新緑の芽吹くなか、ニリンソウなどの花々も咲き誇り、鋭鋒な山頂部からも分かる通り斜度もあり、ちょっとした岩場や尾根もあり金ヶ岳までプチ縦走も楽しめる。なによりも山頂からの展望が素晴らしい。360度山に囲まれた景観は爽快である。山登りの美味しいところを凝縮したような、なかなか楽しめる山であった。

さて28日はGWの真っただ中、山に向かうにも中央高速の下り渋滞が少し心配なところだ。
AM5時、yasuoinoueさんのNewCarで我が家に迎えに来ていただき現地に向かう。
幸いにも渋滞に嵌らず、深田記念公園駐車場にはAM7時ごろに到着したが、この時刻にして満車状態。車中で寝てる人がいたらしいことから、駐車場確保のため早朝もしくは前日から来ていたのかもしれない。
都心から近く、なかなかお手頃な山で、若い人や家族連れ等が多いのも頷ける。

さて、歩き始めはなだらかな林道を進み、やがて女岩に出るが、そこから九十九折の急登が始まる。程よく疲れてきた頃、尾根に出ると、やがて深田久弥氏の終焉の地に至る。そこでは先行のグループが般若心経の唱えていた。
終焉の地から少し登ると茅ヶ岳の山頂に到達したが、広い山頂部は大勢のハイカーで賑わっていた。360度広がる展望を十分に堪能し、続けて金ヶ岳にも登った。 それにしても、いつもの山行に比べると、大にぎわいの山である。
金ヶ岳でゆっくりと昼食休憩をとり、下りでは花の写真を撮りながら下山した。

GWの登り渋滞が気にはなったが、明るいうちから温泉に浸かる。至福の時間である。 温泉の露店風呂からは登ってきた茅ヶ岳の鋭鋒がはっきりと認識出来た。後で分かったことだが、いくつかピークがあり、山容が似ていることから偽八ヶ岳と呼ばれていることもあるようだが納得。
温泉で疲れを癒し、上りの渋滞にも巻き込まれずに帰宅した。

天候に恵まれ、お花も楽しめ、充実した一日であった。
このような機会を作っていただいたyasuoinoueさんには感謝である。
また、是非、お誘いください。

麓の深田記念公園に石碑があり、「百の頂に、百の喜びあり」と深田久弥氏の直筆で刻まれていたようだ。なるほど、いい言葉である。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。




帰りに立ち寄った寄った「武田乃郷 白山温泉」から見た茅ヶ岳(右側の鋭鋒)で、その左が金ヶ岳。う〜む、確かに偽八ヶ岳。

アルバム


駐車場に掲載されていた茅ヶ岳トレッキングマップ
深田記念公園の無料駐車場に到着(7:01)。すでに駐車場は満杯状態。歩き出すと直に深田記念公園に到着。
しばらくはなだらかな林道を進む。さすがメジャーな山、そしてGWということで大勢のハイカーが歩いている。
最初の分岐(左写真)。左に進むと尾根コースのようだが、そのまま真っ直ぐ一般ルートを進み、直に林道と交差する。

ご同行させていただいたyasuoinoueさん。健脚ですいすい登られる。
女岩に到着(7:50)。落石の危険性から女岩には近づけない。
女岩から急登が始まる。尾根まで九十九折に登り詰めるが、結構、しんどかった。。。
尾根に出た(8:17)。尾根を5分ほど進むと深田久弥氏の終焉の地に着く。
茅ヶ岳は鋭鋒で、山頂直下は急登で岩場が多く、登り甲斐がある。
茅ヶ岳山頂に到着(8:37)。大勢のハイカーが休んでおられた。それにしても展望は抜群!


山頂からの展望です。360度山に囲まれた景観は圧巻です。(^_^)


まずは富士山。存在感が違う。ここから直線距離にして52km程離れているようだ。

富士山はそれだけで絵になります。

こちらは金峰山や奥秩父方面

そして南アルプス。右側の甲斐駒ケ岳から仙丈ケ岳、鳳凰三山、白根三山へと続く。
今年こそ?北岳に行きたいな〜

鳳凰三山。一番左は農鳥岳か?

そして、こちらが甲斐駒ケ岳。左側のこぶが摩利支天。

金ヶ岳の左側には八ヶ岳が遠望できる。一番高いのが赤岳
さぁ、休憩もそこそこに次なる目的地の金ヶ岳に向かう(8:53)。
巨大な石門を潜る。茅ヶ岳から金ヶ岳の間は、かなり下って登り返さなければならない。目の前に見えるのは偽ピーク。
偽ピークが2回くらい続くが、距離は大したことはなく、あまり気にならない。
金ヶ岳への登りの尾根にある巨大な岩の上にて茅ヶ岳を撮る。
見晴は抜群だが、左写真の岩の向こう側は切れ落ちており、高所恐怖症の私にとってはかなり怖かった。。(^_^;)
金ヶ岳の山頂部も急登である。観音峠方面との分岐(9:27)
進行方向左に巻いて進むと直に金ヶ岳の山頂(1,763m)に到着(9:39)。


金ヶ岳山頂からの展望。

ここも茅ヶ岳と同様に見晴らしが良い。ここで食事休憩をとり、茅ヶ岳に戻るべく出発(10:17)。
急斜面を登り返して、茅ヶ岳に戻る(10:53)。

東の展望が良い。金峰山の五丈岩が肉眼で、はっきり認識できる。金峰山まで直線距離で13km程らしい。
茅ヶ岳の山頂で再び景観を楽しみ、尾根を下り、尾根との分岐まで戻る(11:16)。
九十九折の急登を下るが、多くの人とすれ違う。山頂からの何十人の人とすれ違っただろうか。そして、女岩に到着(11:37)。
かなり下ってきました。この辺りはニリンソウが群集していたので、写真撮りに熱中。(^_^;)
林道と交差する箇所を過ぎると駐車場は近い。
駐車場まで戻ってきました(12:20)。今日は天気も最高で、気持ちの良い快適な山歩きだった。