甲武信ヶ岳
Mt.Kobushi
こぶしがだけ
標 高
2,475m
所在地
埼玉県/山梨県/長野県
日 程
2013年9月14日(日) 天気:晴れ/曇/雨
コース
道の駅駐車地(5:58)→徳ちゃん新道取り付き(6:28)→戸渡尾根分岐(9:57)→木賊山(10:04)→甲武信ヶ岳(10:39-10:51)→甲武信小屋(11:02)→破風山避難小屋(11:56)→破風山(12:41)→東破風山(13:09)→雁坂嶺(13:53)→雁坂峠(14:14)→林道終点(15:42)→道の駅駐車場(16:48)
コース図
駐車場
みちの駅みとみ
温泉他

山行記

久しぶりの山歩き。
どこにしようか、いつもの事ながら思い悩む。
9月下旬に白根三山縦走を計画しており、その予行練習をしてみたかったのと、久しぶりなので少しでも長い間、山のなかを歩いてみたい。
北岳のコースは標高差が1,500m程あるので、同じ程度の標高差を試したいが、甲武信ヶ岳の場合、山梨の三富から登れば、約1,400mほどの標高差を歩けるので選択した。

この山は言わずと知れた日本百名山のひとつで、奥秩父の最深部に位置した大きな山容を有し、埼玉県境に位置する山であるが、山深いため埼玉からの日帰りコースはない。 そこで、秩父から雁坂トンネルを抜けて、山梨県に入り、道の駅みとみから歩き始める。
北岳の予行だけであれば、1,500mの標高差をピストンすればよいのだが、甲武信ヶ岳から雁坂峠まで縦走する周回コースがなんともそそられる。 甲武信ヶ岳は5年前に一度登っているが、雁坂峠へと続く埼玉県境には未踏の山々が多くそちらも訪れてみたい。 雁坂峠を抜ける周回コースとした場合、累計標高差は2,000mを軽く越えて、歩行距離も23km程になるため、かなりキツそうだが、どうするかは甲武信ヶ岳に登り、体調をみて決めればよい。

一日中歩いてクタクタになるほどの苦しい想いをすることで、ある種の快感を覚える者にとっては、何とも魅力的である。。。
ハイカーさんはMが多い(と勝手に思い込んでいるだけだが)のでは。
この苦しみが山歩きの醍醐味なのではと思うのは私だけであろうか。。。
ブランクが続けば続くほど、この想いは強くなる??
う〜む、山登りはやはり奥が深い。。(^_^;)

さて、歩き始めは九十九折を繰り返すキツイ登りが続くが、標高も高くなるとシラビソや苔むした緑豊かな森が広がる奥秩父独特な雰囲気に様変わりする。ひんやりした清々しい風が吹くなか、歩を進めると奥秩父主脈縦走路に出る。ここから木賊山を越えて懐かしい甲武信ヶ岳の頂に立つ。
それほど疲れはなかったが、あまり時間的な余裕はない。 このまま往路を引き返すか、それとも雁坂峠まで足を伸ばして、未踏の山々を歩いてみるかどうか思案に暮れたが、後悔はしたくないので、結局、雁坂峠まで向かった。 2,000mを越える稜線は未踏の山が多く、以前から訪れたかった雁坂峠にも立ち寄れて満足ではあったのだが。。。
稜線上、破不山避難小屋へ向かう下りで足を挫いてしまった。(T_T)
高校の部活で癖になり、それ以降、今も山歩きをしていると年に1回、2回挫いてしまう
山歩きで単独の場合、動けなくなると致命傷に繋がる恐れもあるため、普段から浮石を踏まぬよう、また、不安定な足場に気を付けるなどしているが、それでもやってしまった。 トレッキングシューズを履いていると足首が固定できるので、かなりごまかせるが、それでも下りではペースを上げられなかった。
同じことを2度繰り返すと、戦闘力(行動力)が一気に下がり、途端に動けなくなるので、否が応でも慎重にならざるを得ない。^_^;

今回は予想通り、クタクタになったが久しぶりの山行、満足感に浸れた。
白根三山の縦走は晴れてくれることを祈り、3,000mを越える稜線を楽しんでこよう!

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。


アルバム


道の駅みとみに到着。駐車場でテントを張っているグループもいたが、多くのハイカーが準備していた(5:55)。

まずは西沢渓谷を目指す。所々で秋の訪れが感じられる。
西沢渓谷は10年前に子供と一緒に来て以来。懐かしい。
ここの休憩所も懐かしい。甲武信ヶ岳の登山口は2つあって、こちら(右写真)は近丸新道コース。この先の徳ちゃん新道へ向かう。。
近丸新道の登山口から5分ほど歩くと徳ちゃん新道の登山口に着く(6:28)。
ここから登り始める。甲武信ヶ岳まで標準タイムで5時間40分、標高差も1,500m、気合が入るが、気を抜かないで歩こう!

登り始めはカラマツ林のなか、九十九折を繰り返し登っていく。

急な斜面を登っていくが、登り始めはいつものごとく息が切れて辛い。(^_^;)
徳ちゃん新道は途中からなだらかになり、歩き易くなる。

写真には撮っていないが、この時期だからか、様々な色や形のきのこが生えていた。
マニアの方には堪えられないのだろうか。
高度を上げると石楠花が多くなってきた。

近丸新道との合流に到着(8:01)。
ここまで標準タイム2時間半のところ、1時間半で登ってきた。約800m登ったので、あと600m程の登りを残すが、いい調子である。

標高2,000mも越えると苔むした奥秩父のいい雰囲気になってきた。

お腹が空いてきたので開けた場所で休憩し、エネルギー補給。

2,200m突破。息切れもなくなり順調に高度を稼ぐ。
所々、展望の良さそうな岩場に出るが、晴れている割に雲が多く展望が効かない。

苔むしたシラビソ樹林。2,300mを超えると空気もひんやりして気持ちがよい。
やっと戸渡尾根と奥秩父主脈縦走路の分岐にたどり着いた(9:57)。これから奥秩父主脈を甲武信ヶ岳へ向かう。

甲武信ヶ岳への途中にある木賊山に到着(10:04)。
標高2,469mで甲武信ヶ岳とほとんど変わらないが、こちらは展望が効かない。

木賊山から甲武信ヶ岳へは100m程下って登り返す。ここまで登ってきての登り返しは精神的に堪える(^_^;)
目の前に甲武信ヶ岳の尖った山容が現れた。右に見えるなだらかな山頂は埼玉県の最高峰である三宝山。
ガスが発生して見晴らしは期待できそうにない。そして風も強くかなり冷えてきた。

木賊山と甲武信ヶ岳の鞍部にある甲武信小屋を通過。ここは帰りに寄ってみるとして、そのまま甲武信岳へ向かう。

登りも飽きたころに山梨県(甲州)、埼玉県(武州)、長野県(信州)の県境に位置する甲武信岳に到着(10:39)。5年ぶりの甲武信岳
さすが日本百名山。多くのハイカーで賑わっていた。皆さん、長野側から登ってきたのだろうか。
ここで休憩。地図を眺めながら往路をそのまま戻るか、あるいは奥秩父主脈を東へ縦走して雁坂峠を抜ける周回コースを進むか悩む。
往路を戻れば残り7km程度だが、雁坂峠を抜けた場合、15kmと倍以上の歩きになるが、雁坂へ向かっても、暗くなる前に戻れそうだと甘い読みのもと雁坂峠へいくことにしたが、後に辛い選択をしたことを思い知らされる。。(^_^;) 歩いたコースはこちら→縦走コース
雁坂峠まで7.1km。奥秩父主脈縦走路はアップダウンが多く辛そうだけど、まずは甲武信小屋へ向かう。。
甲武信小屋へ戻ってきた(11:02)。ねんきが入った佇まいがいい。 この先、長丁場なので水1リットル(50円)を購入。

木賊山の巻き道を進み、奥秩父主脈縦走路を目指す。

時刻はすでにお昼、これから残り15km歩くのは無謀とも思うが、ラスト1時間は舗装された林道なので、そこまで行けば、暗くなったとしても問題ないなどと、そんなことを考えながら巻き道を進む。

奥秩父主脈縦走路に合流(11:24)。
ここから駐車場まで標準タイムで約6時間弱。余裕はないが雁坂峠までに未踏の山々があり、なかなか来ることはできないし、せっかくだからと早速歩き出す。

300mほど一気に下る。ここは時間の稼ぎどころと少し急いだが、泣きを見ることに。。。
破不山避難所に到着(11:54)したが、調子に乗って下っていたら、左足を挫いてしまった。。。
左足はウィークポイント。挫き易くなっており、痛くて少しの時間、動けなくなってしまった。
残りの行程を考えると、かなりやばい状況であるが、300mも下りいまさら戻りたくはないので、左足を庇いながら進む。

300m下って、今度は破不山(西破風山)を200m以上登り返さなければならない。
この状況でガスに覆われている山頂部は果てしなく遠く感じるが、進むしかない。。。(泣)