熊倉山(聖尾根・宗屋敷尾根)
Mt.Kumakura
くまくらやま
標 高
1,426m
所在地
埼玉県秩父市
日 程
2013年5月3日(日) 天気:晴れ
コース
三峰口駅駐車場(6:46)→802m(8:05)→1307m(9:47)→熊倉山(10:18)−(食事休憩12min)→宗屋敷尾根分岐(10:46)→1284m(10:57)→1003m(12:20)→836m(12:33)→宗屋敷尾根取付き(13:17)→和味(蕎麦屋)(食事休憩14:06〜14:28)→武州日野駅(14:47)→(電車移動)→三峰口駅駐車場(14:58)
コース図
駐車場
三峰口駅駐車場(500円/日)
温泉他

山行記

今回は前々から懸案事項であった熊倉山の聖尾根を歩いてきた。

変化に富んだ稜線は飽きない。全般的に急登が続くが、ヤセ尾根や岩場もあり気分爽快で歩きごたえがあった。
晴天にも恵まれ、新緑のまがゆいばかりの空間にアカヤシオのピンクが色を添える。足元にはイワウチワなど小さく可憐な花々が咲き誇る。
気候的にもちょうどよく、この辺りの山域の尾根を歩くには、一番最適な季節かもしれない。四季それぞれで良い所はあるのだが、そのなかでも夏は歩きたくない。特にこのあたりは。。。
さて、今回の山行は熊倉山。
コースは一般ルートとして3つあるが、1つは通行止めとなっており、それ以外にバリエーションルートとして、宗屋敷尾根、聖尾根が知られている。
過去に熊倉山は訪れたことがあり、その時は一般ルートを往復したが、今日の目的は聖尾根を登ること。そして一般ルートの城山コースを下りる予定で考えていた。
この尾根は冒頭の通り、年内中には片づけておきたい課題でもあった。
一般的にバリエーションルートは整備された歩き易い山道は期待できず、また、私の場合は、往々にして変なところに入り込むため、余計な体力も消耗するし、夏場は馬酔木などが生い茂り、さらに歩きにいのでNG。雪山もNG。
そうすると、春か秋しかないな〜、と漠然と考えていたが、あんぱんさんのレポを拝見し、俄然行きたくなった。さらにたそがれさんが前日に行かれており、適切なアドバイスもいただいた。
このような機会を逃すと、いつ行けるか分からないので、行ってみることにした。

それにしても、この展開は偶然にも?先日の大ドッケのまるっきり同じである。

今回は、いろいろと危ないというか、不安な箇所がいくつもあり、ネットで調べてみたが、それでもイマイチ判然としない所がある。歩くルートは何となく理解したが、その程度ではまたいつものごとく彷徨い歩くことが予想されるので、時間は余裕を見て行こう。
と考えていた矢先、タイムリーにも、たそがれさんからアドバイスをいただいた。それは私の不安を拭い去るものだったので、少し安心した。
登りがすんなりいけば、下りは宗屋敷尾根でもいいかもしれないと、欲が出てきた。
未踏の尾根を下りに使うリスクはあるが、そちらも調べてみた。すると、途中で巨大な岩が尾根に横たわっており、そこをうまく巻けるかどうかが、下りでの一番のポイントのようだ。あとは主尾根から外れて、枝尾根に入り込まないように注意すればよい。

そんなことで少し早起きして現地に向かった。
結果的に、聖尾根までは地形図の破線をたどり、宗屋敷尾根を下った。 宗屋敷尾根では、予想通り??上記のポイントでとちって、ロープを使って下降することになってしまった。

どちらの尾根も距離が長い標高差もある急登で、かつ整備された歩き易い道ではなく、少し間違えるととんでもない所に出るリスクもあり、熊倉山から先は、道迷い遭難多発とあったので、気を付ける必要がある。
気を付けてもとちってしまうが。。

今回の山行で登りの聖尾根、下りの宗屋敷尾根とも誰にも会わず、熊倉山山頂でご夫婦?のハイカーさん2名と、熊倉山から宗屋敷尾根に向かうところで1名とすれ違っただけであった。

城山コースで下った場合、近くに城山というのがある。そこは行ったことが無いので、ついでに寄ろうと考えていたが、別ルートで下ったために諦めていた。
だけど、余力もあるし、城山は大して歩かない。
そこで、自問してみた。

いま、この機会で登らないといつのぼるの?
いや、いまでしょ!

って、フレーズが頭に浮かび、それではと城山の登り口まで車で向い、行きがけの駄賃で登ってきたが、山行ではというか、シャレにならない出来事が。。。
とうとうやってしまった。。。(^_^;)

詳細はこちら → 城山山行

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。


アルバム

三峰口駅駐車場に車を停めて、駅員さんに駐車料金500円払い、準備運動をして出発(6:46)。まず最初のランドマークの神明神社に向かいます。
神明神社を右手に見て突き当りを左に曲がる。庭先に咲いている芝桜が映えます。
次は左にカーブするところを右に入り、民家がなくなる辺りの「私有地」をそのまま入らせていただきます。
皆さん朝早く、挨拶がてら、声を掛けると「熊倉山か〜、気を付けろよ」とご忠告をいただき、気が引き締まります。
左側に沢があり、しばらくは緩やかですが。途中、木製の社がありました。
沢を渡り、沢を右手に段々と険しくなります。

息を切らしながら、しばらく登って行くと沢が二分され、左の方へ進みます。
この先、沢沿いに進むと、行き詰まって進めなくなるとネット情報にあったのと、地形図の破線ルートに乗るため、左斜面(左写真)をよじ登りますが、微かに道型がありました。少し気合を入れて登り詰めると小尾根に出た(右写真)。

小尾根も険しくなってきました。方向は間違っていないだろうから、とにかく聖尾根の稜線に出るため上を目指します。
途中、左側をよく見ると巻き道がありました(左写真)。
そそられますが、まずは上を目指しますが、進行方向左前方にあるはずの802m峰に向かい、右写真の巨大な岩の左側に入って行きました。
左側は明らかに人が通るような道ではありませんが、ガサゴソ進みます。稜線も見えてきましたので、通りたいところをガシガシ進んで行きます。
破線とおぼしきところには、微かな巻き道がありました。写真では分かりませんが、遠くに目線を置くと浮かび上がるような感じの見える道です。(^_^;)
こんなのに気付くか、気付かないかで、精神的にも肉体的にも影響が全く違ってきます。
もっとも、こんなところを歩くような人達は当たり前のように気づくと思われますが。。
尾根を横切り、さらに別の小尾根に乗りましたが、稜線も近づいてきたので、そのまま小尾根を進みます。

これは熊でしょう。かなり大きなものでした。遭遇したくはないので、鈴は2つ体制でジャラジャラ進みます。
稜線まであと僅か。斜めに強引に進んで行きます。

聖尾根に出たようです。右側は鹿の食害防止のネットが張り巡らされております。
南南西に見えるピークは1020m峰でしょうか。ここからは聖尾根上を進むだけです。
聖岩から、だいぶ先に出たようです。
802m峰に到着(8:05)。新緑のヤセ尾根。気分がいいですね。

聖尾根は急登が続きます。所々、ロープがあります。直登はしんどいですが、九十九折で登れば、この時期、ロープを使うほどのことはありません。
どんどん高度を稼ぎながら、登ってきます。

1,020m地点の岩場。ここも懸念箇所のひとつ。ここは右に巻くと決めてました。
真ん中左にロープがぶら下がってますが、このロープは危なさそう。
でも、その左辺り、もしくは右から登れそうでしたので悩みましたが、下見て止めました(汗)
右に巻く箇所。微かに巻き道が見えます。
岩を通り過ぎ、尾根に戻るべく斜面を登り、尾根に復帰。
周りの状況は広葉樹の雑木林と植林と繰り返しながら進んで行きます。この尾根、テープはたくさん付いてました。

木々の割れ目から和名倉山(一番高い山)の重厚な山容が目につきます。

和名倉山のアップ。
だんだん、尾根も痩せてきました。また、樹木の隙間から見えるのは、雲取方面かな。
尾根の様相も変わってきた辺りから、アカヤシオが散見できるようになってきました。
この辺りで夢中になって、撮影しておりましたが、両サイドはパックリと切れ落ちたヤセ尾根の上、緊張しながらシャッターを押してました(^_^;)

新緑のなか、この色が映えますね。

右側の切れ間からは荒川流域の秩父の町が遠望出来ます。
足元には、季節外れのカタクリや、イワウチワが姿を現しました。
感動ものです。これまでの疲れが癒されます。
変化に富んだヤセ尾根を進むと左前方に熊倉山も見えてきました。

1307m地点に到着。ここが聖尾根、最後の山場。眼前に巨大な岩が立ちはだかります。

一見、どこを進もうかと悩みますが、真ん中にロープがぶら下がっており、それにしたがって進んで行きます。

岩の上部。ずっとロープが続きますが、ホールドは豊富でロープを使わなくても何とかなりました。
岩場をクリアすると、あとは熊倉山山頂を目指すだけ。
熊倉山手前をしばらく左側を巻いて進みますが、このあたりは一般道が整備されているので、歩き易いですね。
案内が豊富に出てきました。ちょっとした広場に出たが、ここが「三門の広場」と呼ばれる所のようだ。
熊倉山の山頂部見えてきました。下りで立ち入りさせないよう、ロープが張られています。