仁田山
Mt.Nitta
にったやま
標 高
1,211m
所在地
埼玉県飯能市
日 程
2013年2月24日(日) 天気:晴れ
コース
観光釣り場駐車場(7:50)→槇ノ尾山(9:09)→長尾丸山(9:47)→日向沢ノ峰(12:21)−(昼食休憩40min)→仁田山(13:50)→有間峠(14:00)→観光釣り場駐車場(15:54)
コース図
 
駐車場
有間渓谷観光釣り場
温泉他

山行記

久しぶりの山歩き、ハードな山行になってしまった。

今回のコースは、たそがれさんの山行のパクリである。先日、バラ尾根コースを後追いしていただいたので、今回はそのお返し(笑)
とはいえ、前回、諦めた都県境尾根や仙岳尾根に未練もあり、地図に全く記載のない中尾根を下ることに魅力を感じていたことも今回のきっかけでもある。
寒さが苦手なため、ここのところ足も遠くなっていた。山頂は雪に覆われて、風が強いことも予想されるが、思いついたら行かないわけにはいかない。
コースは仙岳尾根から登り、都県境尾根から有間山稜に出て、仁田山を登り、中尾根を下る周回コース(下図参照)。たそがれさんのパクリとはいえ、仙岳尾根は破線ルート、中尾根はルートの記載がないバリエーションルート。 好奇心が掻き立てられるが、中尾根は少々不安。

もうひとつ気掛かりは、たそがれさんが中尾根で目撃した黒い影。コース変更を余儀無くされ、その無念さを晴らすためにも中尾根を下らなければなるまい??
はたして雪の時期にも現れるのか分からないが、熊鈴は2つぶら下げて、ジャラジャラ音を立てて臨む。

さて、仙岳尾根は初っ端から急登で、息を切らしながら登って行く。途中から雪が着き始めたが、雪は想定の範囲内で、特に問題はなかったが、それにしても寒い。。ペットボトルの中身が凍り始めたが、直に槇ノ尾山(945m)に到着。
ここから棒ノ折山は近く、方向は逆だがたそがれさんの後追いで向かってみた。この山は私が山登りを始めた記念すべき山だが、途中で面倒になり(^_^;)方向転換し、元々の進路へと足を向けた。
都県境尾根では何度か急なピークを登り返し、徐々に高度を上げていく。 雪の量も次第に増えてきた。軟弱者にとっては辛い状況でペースもついついダウンぎみになる。途中で単独行の男性とすれ違う。しばらく進むと本日の最高峰である日向ノ沢峰(1,356m)が目の前に立ちはだかる、標高差では200mもないと思うが、見た感じでは壁のような急登である。

戦意も喪失してくるが、雪の付いた急登を目の前に、軽アイゼンを装着し、急斜面をよじ登ると直に日向沢ノ峰に到着。
展望の広がる山頂から見渡すと、少し雲が掛かっているが富士山が姿を現した。
ここに来なければ見られない景色である。 お腹も空いたことだし、とりあえずは食事である。

食事の後片付けしていると、私が向かう方向から単独行の女性がやって来た。年恰好は同じくらいだろうか、姿形からかなりの熟練者と見た。人と会うのは二人目。こんなところに、女性一人で来られるとは只者ではないな。と、そうこうしている間に雲間から富士山が姿を現したので、二人して写真を撮る。
女性は川苔山を経由して、百尋の滝をみるとの事。氷瀑か、それも面白そうだ。やはり狙いが玄人である。
こちらも予定のコースを説明すると、「有間山稜へはトレースも多く心配ないと思うけど、その尾根(中尾根)は知らないな〜。チャレンジャーですね。時間的には問題ないと思うけど、気を付けてね。」と、ご忠告をいただいた。
というか、その言葉で、益々心配になってきた。。。
この界隈は林道が多く、途中で中尾根を諦めても何とかなるだろう。とりあえず向かってみよう。

有間山稜は前回と同様で、風も強く雪も一番多かったが、トレースもしっかりとあり、淡々と下って行く。
今回は仁田山に登った。個人的には未踏なので外す訳にはいかないが、たそがれさんが敢えて登る価値はない、とおっしゃる事も分かったような気もした。

そして有間峠にたどり着いたのが、14時ちょうど。
あとは本日のメインディシュである中尾根の下りを残すのみ。林道から取り付きを見下ろすと、何となく古いトレースもあるようなので進んでみた。
尾根に入ると所々荒れてはいるが、全体的にはなだらかである。しかも途中から林道のような道が並行している。残す憂いは途中の2つの林道へ降りる箇所。 少々不安であったが、無事に下ることが出来た。
あとは舗装された林道を、本日の山歩きの満足感に浸りながら駐車場に向かった。

登りも下りもスリルを期待した尾根歩き、雪も想像したほどではなく、前回の悔いを晴らした気分である。
久しぶりの山歩き、クタクタにはなったが温泉にも浸かり充実した1日となった。次はどこに行こうか?

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。

アルバム

有間渓谷観光釣り場の駐車場に車を停める(7:40)。今回は仙岳尾根に向かうため、観光釣り場の中を通らせていただく。
釣り場を抜け、棒ノ折山への案内板が設置されている登山口から登ります。

見ての通り、いきなりの急登ですが、ここは直登ではなく九十九折で登って行きます。
だんだんと尾根っぽくなってきましたが、相変わらずの急登です。歩き始めの急登は相変わらずシンドイ!
直登はきついので、九十九折で登って行きます。 途中、尾根をトラバースする箇所があり、一部凍結していたので、慎重に進みます。
急登もひと段落。防火帯のような緩やかで雪の付いた尾根をサクサクと進んで行きます。

ここで休憩。久しぶりの自分撮り。暇なことをやっています。^_^;
なだらかな尾根を進んで行くと、林道に出る。林道を左に進むと登り口がある。
登り口から進んでいくと見晴台との分岐に出る。せっかくなので見晴らし台にいってみる。 スカイツリーは見れるだろうか?

進行方向に目を向けるとこれから向かう長尾丸山や日向沢ノ峰に見えます。

北に目を転じるとこれから向かう長尾丸山、日向沢ノ峰、仁田山、下りで利用する中尾根が見える。

そのまま東へカメラを向けると前回歩いたタタラノ頭、蕨山、藤棚山が見渡せる。手前にはバラ尾根が続きます。
雪も多くなるが展望台から槇ノ尾山までは直ぐに到着。(9:08)
槇ノ尾山から反対方向の棒ノ折山を目指すが、すぐに引き返す。
ピークを巻き気味で道は進みますが、右写真のような「長尾丸山」への標識が出ており、そこからピークを目指します。
長尾丸山(958m)に到着(9:47)。ここは通過点。先に進みます。
長尾丸山を過ぎた辺りから、急登が続きます。クロモ山に到着(10:48)。
クロモ山山頂。シールがなければ全く分かりません。それにしてもなぜ「クロモ」と呼ぶのだろうか?
次は山ナシ山に到着(11:02)。ここの山名もよく分かりません。
大した量ではないのだが、雪が増えると途端にペースがダウン。しばらくすると鉄塔のある開けた場所に出た。
目の前には本日の目指す最高峰(1,356m)の日向沢ノ峰が聳え立つ。
見た感じでは、かなりの急斜面。登りたくないな〜と戦意が喪失します。(^_^;)
鉄塔のところで少し休憩。リュックにさしたアクエリアスは、シャーベットになっている。(笑)
氷点下であることは間違いありませんが、温かい飲み物を忘れました。。。(^_^;)
さあ、ゆっくり休んだことだし、諦めて本日の最高峰を目指しますが、途中で有間ダムの標識があった。おーー!ここを右に向かえば、
あの面倒くさそうな斜面を登らず、ショートカットできるのでは。。。と右を見ても、コースがない!と分からず諦めた。。
そして、しばらく進みと同じように有間山への標識。右に巻くと日向沢ノ峰を登らずに済むが、右を見ると、トレースは付いているけど。。。
こんなところを進みたくないし、本日の最高峰をショートカットしてしまうと富士山を拝めなくなってしまうと、予定通り本日の最高峰の日向沢ノ峰を目指します。



日向沢ノ峰へと続く雪の付いた急斜面を前に軽アイゼンを装着していると、ガサガサと物音が。。。

休んでいたので鈴は鳴らしていないが、たそがれさんが目撃した黒い影か??



もしやと思い、身構えると果たして黒いアイツが姿を現した。



慌ててシャッターを押して、そいつを捉えた。




それがこいつだ!











あれ?


(・_・)エッ....?



何も写っていない?




う〜む。撮った本人も最初は分からなかったが、確かにそいつは写っている。

その後、警戒している私をあざ笑うように、急斜面をころころと転げ落ちて行った…(笑)
本当に回転しながら^_^

大丈夫か〜お前は山の住人だろ!(笑)

たそがれさんが見かけたヤツとは、全く違ったようでした。
答えは最後で^^;

さあ、気を取り直してアイゼン付けて、ガッシガッシと貼りつくように登って行きます。本日一番の急登です。
すでに戦闘意欲はダウンしており、完全にヘタレ状態でへいこら登っていきます。

雪は多いけど、トレースは多いため、歩き易いが疲れてきました。。。

風も強く、寒くて辛いけど、あと少し頑張ります。。
見覚えのある分岐に到着しました。やった〜という感じでした。
そして、またまた自分撮り。左写真の登った先が日向沢ノ峰。右写真の先に見えるピークが蕎麦粒山
本日の最高峰が見えてきました。日向沢ノ峰は南峰と中央峰の2つありますが、こちらが南峰で高い方になる。
日向沢ノ峰(1,356m)に到着(12:21)思いのほか、時間が掛かりました。
そして、待望の富士山が。。。