第15回武蔵おごせハイキング大会
-
標 高
-
所在地
埼玉県
日 程
2013年10月27日(日) 天気:晴れ/曇/雨
コース
越生市役所(7:00)→大高取山(7:55)→越生自然休養村センター(8:15)→龍穏寺CP2(8:59)→黒山三滝CP3(9:43)−(食事休憩)→傘杉峠(10:26)→顔振峠(11:01)−(食事休憩)→熊野神社(11:51)→桂木観音(12:36)→ゆうパークおごせ(13:16)
コース図
駐車場
温泉他

山行記

越生ハイキング、3年ぶりの参加である。
前回は前日が台風で、顔振峠に抜ける山道は危険ということで、27kmのロングコースは中止となった。
そして、今年も前日が台風。直撃は免れたが、今回はコース変更はない。パワースポット三滝コース(16km)と健脚!顔振峠パノラマコース(22km)の2コースあり、もちろん22kmの健脚コースを歩きたい。
前回は車でのアクセスで、駐車場を探すのに手間どり、さらにお腹の調子も悪く、会場にたどり着くのが遅れたが、今回は電車で現地に向い、スタート間際の丁度良い時間に会場に到着。 並んでいるのは200名程度だろうか。 4000人が定員の大会にしては、それ程多くはない。会場に集まるのはこれからだろうか。

越生ハイキングは、山間の長閑な集落を巡りながら、里山の登り下りを4回程繰り返す。里山の景色とお寺など歴史探訪が、楽しめるコースである。

さて、登り始めは行列になるが、歩きの速い人に触発され、その後をついて行くと、次第に周囲に人はいなくなってしまった。 おかげで序盤から落ち着いて写真を撮りながら歩けた。

まだ、紅葉は進んでいないが、長閑な雰囲気を楽しめながら、10kmも歩くと第3CPの黒山三滝に到着。
ここから傘杉峠まで標高差400mに近い傾斜のある山道になるが、ここの登りは大変だった。楽勝ムードで、なめていたが、途中で向こう脛が攣りそうになり、動けなくなった。。。
序盤で飛ばしたせいか。慣れないことをやるとしっぺ返しがある。 周りのペースについて行けず、攣りそうなのを我慢しながら、だらだらと傘杉峠まで登り切るが、体力がないのか、全くだらしない。。。

傘杉峠からは奥武蔵グリーンラインと呼ばれる車が走行可能な舗装路を歩いて顔振峠を目指す。ここはサイクリングやバイクのツーリングも多く 、山上の観光スポットを廻れる奥武蔵の表銀座である。(^_^;)
アップダウンの少ない舗装路をだらだらと歩いていると、足の調子も徐々に回復してきた。 見晴らしの良い顔振峠に到着。平九郎茶屋に入り込み蕎麦を頂く。

あとはきつい登りはなく、時間的にも十分余裕があるので、里山の雰囲気を味わいのんびりと進んだ。
道端に佇む道祖神などを目にすると、何だが懐かしいほっとした気分になれる。こんなところも里山歩きの醍醐味ではないか。

帰路の電車では心地よく居眠りしてしまった。終わってみると、程よい疲れで里山ハイキングを楽しめた。

アルバム

今回は電車での参加。7時スタートに合わせ、越生駅はライバル達??で、ひしめき合っていた。(^_^;)
スタート地点となる越生市役所に到着。7時を待ってスタートを切る。
スタートゲートからコースは渋滞緩和のため、2手に分かれるが、スカイツリービューが楽しめる大観山コースを進む。
歩き始めはこんな感じで人口密度が異様に高い。まるで大名行列。(^_^;)

少し登ると展望が開けた場所にて、スカイツリーが見えた(^_^)。
新宿の高層ビル群も含めて肉眼でははっきり分かるが、写真ではほとんど分からない。。
傾斜がきつい所では予想通り詰まるが、渋滞して停まるほどではない。
大高取山を通過。
70才を過ぎていると思われるご年配の方が飛ばしており、こちらも負けずに追随していると、早くも周りにだれもいなくなった。
前回、参加した時は最初の山道をクリアするのに、渋滞が発生して大変だったが。。。

正月、越生七福神めぐりで訪れた円通寺にて
越生町自然休養村センターを越え、県道沿いにしばらく進む。
この辺りで、あの地獄のハイキング?とも呼ばれている??、42kmに及ぶ秩父七峰ハイキングの苦行に耐え抜いた者だけに、与えられる名誉の栄冠、完歩賞のキャップをかぶっているおばさんにあっさり抜かされた。 やはり只者ではない。(^_^;)
第2CPのある龍隠寺を目指して舗装路を進む。
のちほど脇を通るが、以前から密かに気になっている魅惑?の山猫軒の看板が出てきた。(^_^;)

緩やかな舗装路を登っていくと戸神集落に出る。このあたりは越生の名産である「ゆず」が多く、長閑な雰囲気が良い。

戸神集落を抜けると魅惑の山猫軒が右側に現れる。この独特な入口に味がある。
ここを通りたびに「注文の多い料理店」が頭に浮かぶ。喫茶とギャラリーが併設されているようだが、いつか寄ってみたい。
山猫軒を過ぎると下りとなり、第2CPである龍穏寺のある集落に出る。
龍穏寺に到着。禁葷酒の石碑。葷(クン)酒山門に入るを禁ず。とりあえず酒は飲んでいないし、ニンニクも食べていないので、先に進む。(^_^;)
第2CPに到着。ここは奈良、平安時代からの歴史を持つ名刹。経蔵など見所は多い。

迫力のある山門。ここの山門には四天王が安置されており、なかなか見ごたえがある。
みごとな獏鼻の木鼻。こういうところを気にしだすときりがなくなる。
今回の大会に合わせて、沿道ではゆずなどが売り出されていた。
次のCPを目指して、早速歩き始めると、下馬門の石碑と出会う。

紅葉はあまり進んでいないようだが、秋っぽいショット。
しばらく進むと砂利の林道を登る。
登りが終わり、下り始めると眼前に鼻曲山の独特な山頂がみえてくると、県道との分岐にたどり着く。
龍穏寺から2.5km歩きてきた。次の第3CPのある黒山三滝まで1.4km。
分岐から少し進むと熊野神社前の特設給水所となるが、早すぎたのか、まだ準備中だった。(^_^;)
これから黒山三滝を目指して舗装路を登り始める。

「関東ふれあいの道」の説明。伝説に彩られた魅力あるコース。
沢の横を登っていくが、前日の台風の影響か、いつになく水量が多そうだ。

まずは左手に黒山三滝のひとつである天狗滝を見て先に進む。