大平山
Mt.Ohira
おおひらやま
標 高
1,603m
所在地
埼玉県秩父市
日 程
2013年3月17日(日) 天気:晴れ
コース
大日堂駐車場(6:46)→廃墟(7:20)→沢合流(7:46)→福寿草(8:48〜9:11)→大平山(10:28〜11:03)−(昼食休憩35min)→七跳山(11:33)→ハナド岩(12:10)→三つドック(12:37)→一杯水小屋(12:53)→仙元峠(13:47)→大日堂登山口(15:43)→大日堂駐車場(15:48)
コース図
− 
駐車場
大日堂駐車場
温泉他

山行記

今回は大ドッケの福寿草自生地に行ってきた。

ここは以前から行きたかった所だが、花咲く時期に都合がつかず行けず仕舞いであった。そんなところへ今が見頃との情報をいただき、居ても立ってもいられなくなり決行することにした。
ここへ至る登山道はなく、ネットでも敢えてコースガイドなどの掲載は少ない。私も先人に習い今回に限り、コースの軌跡は掲載せずに文章による説明だけとする。

さて、朝は5時半位に出発し、現地に6時半過ぎに到着したが、既に2台停まっていた。 準備運動もそこそこに歩き始めた。しばらくはなだらか道を進んで行く。
途中の崩落地帯は慎重に抜け、沢を上り詰め、汗をかきながら2時間も歩くと、目の前に一際目に付く金色に輝く斜面が見えた。
花自体はとても小さいが、かなりの手前から、それと分かった。
この素晴らしい景観を目の当たりにすると、今までの疲れも吹き飛んでしまう。既に先客がお二人いた。一面に広がる御花畑。全く素晴らしい。この広い山域の中で、ここだけ群生しているのも不思議である。安易に人が立ちいることの出来ない環境にあることが、この自然が残されている一因であろう。いつまでも残したい自然である

福寿草自生地の写真はこちら → 福寿草自生地

あまり長居しても、遅くなるので、先を急ぐことにする。
次の目的地は太平山。先ずは峠ノ尾根を目指す。事前に教えていただいた通り、道ははっきりしていたが、なかなかの急登で滑るため、スズタケを掴みながら上り詰めると、じきに尾根に出る。
これからは峠ノ尾根を進み太平山を目指すが、残雪も多くなってきた。所々、凍っている箇所もあり、歩きづらく何度か滑ってこけた。復路の下りではアイゼンを付けたほうが安心だなと考えながら歩いていると太平山に到着。
今日の最終目的地にたどり着いたが、時間もあるのでゆっくりと食事を楽しみ、下りは峠ノ尾根をそのまま下り、大ドッケを通る予定である。

さて、地図を眺めながら食事をしていると、長沢背稜を廻るロングコースに興味を覚え歩きたくなってきた。 ガイドの参考タイムでは、長沢背稜→仙元峠→仙元尾根で回った場合、ここから6時間程歩かなければならない。 食事を片づけ11時から歩き始めれば、17時くらいか。 予定ルートを下れば約2.5時間。
ルートを変更すると距離も一気に長くなるが、歩きたくなってきた。
気が変わった理由としては、来月、秩父七峰縦走ハイキング(42km)を控えているが、新しい靴で長距離を歩いていない。昨年は足裏の皮が剥けて、悲惨な想いをしたが、新しい靴で長距離やアップダウンを繰り返し、足に違和感が生じないか確認したかったからだ。
ということで、ルート変更を決定した。

そうと決まれば、のんびりしていられない。早速、歩き始めて次の目的地である七跳山を越え、長沢背陵との分岐に出た。長沢背陵は奥秩父主脈として、多くの人に歩きこまれており、今までの道と比べたら、歩き易さから言って高速道路である。
そこで、この分岐はさしずめ七跳山ICと呼ぼう(笑)。ここから少しペースを上げてみた。しばらく走行車線を快調に飛ばし、天目山(三ツドッケ)との分岐から天目山には向かう。天目山は三つのピークがあるため、このような名前であるが、真ん中の中央峰からは展望が楽しめた。景色を堪能し、天目山から少し下ったところにある一杯水小屋SA(笑)で休憩することにしよう。近くに水場もあるようだから、ついでに給油もしておこう(笑)。

さて、給油するため、小屋から少し離れた水場に到着したが、水が枯れて流れてない…
なんてことだ!
水をがぶ飲みしようと思っていたのに、水の残りは500mlのペットボトルが1本。残りの距離が参考タイムで、あと3時間半もある。残念だが、水は少し我慢しよう。

次の目的地である仙元峠ICに向けて、追い越し車線を飛ばし、13時45分に仙元峠に到着。あとは仙元尾根を下るだけ。
下りは、秩父七峰の予行練習として、少し走ってみようか。とりあえずは少し余裕も出来たので、食事休憩に入る。

さて、あとは駐車場に向かい仙元尾根を下るだけ。この尾根、なだらかな下りが長いこと続く。大樽までは尾根歩き、そこからは東面の杉の植林をしばらくトラバースして進む。 尾根に復帰し、高圧線に出ればゴールも近い。大日堂までは急斜面を整備された木段を下ると、大日堂に出る。
仙元峠から、1時間40分。
下山時の時刻が15時40分。約9時間程度山に潜り込んでいた事になる。
距離にすると20km程だけど、今日は充実した1日になった。

そして、負荷を掛けて歩いてみたところ、親指の皮が剥けそうになった。やばいな〜。これは去年の二の舞になるのか心配である。
もう一度くらい予行練習でもするか。

私の辿ったルート断面図

調べれば分かるかもしれませんが、今回はルート軌跡は掲載しません。

アルバム

大日堂駐車場に車を停める(6:46)。すでに2台停まっていた。駐車場から少し戻り気味に進むと橋があり、そこを渡ります。
橋の手前によく分からないオブジェが置かれているが、何これ?これは気になる、素通りできませんね〜。
しかし、この悪そうな河童は何ですか?ビール飲んでいるし。。。^_^;
橋を渡り右斜め上(左写真)に登って行きます。
これが、あのたそがれさんの!!猫車だったとは。。もしかしてと思っていたが。
最後の廃墟を抜けて、西へ向かいます。
途中、両サイドに鹿よけネットが張り巡らされているが、大分手前の細久保集落で鹿の親子を見かけた。鹿の存在は逆だったのでは。。。
最初の崩落地。落石、滑りに注意して慎重に進みます。
崩落地が続きます。そして、しばらくすると沢に出る。

沢を登り詰めると、水も枯れ良い雰囲気のなか標高を上げて行きます。

花園に到着(8:49)。すでに先客がいました。

光り輝く黄金の絨毯。おいそれと立ち入ることができないため、このような環境が残っているのでしょう。
福寿草の写真をご覧ください。 → 福寿草自生地
さあ、ぼちぼち次の目的地の大平山へ向かうため、峠ノ尾根を目指します。
右の側の尾根に出て、峠ノ尾根に向かいますが、なかなかの急登。両サイドのスズタケを掴みながら、登って行きます。
峠ノ尾根にたどり着きました。このあたりが秘密の花園への下降点になりますが、分かりづらい。
太平山(左写真の右側のピーク)が見えてきました。峠ノ尾根を淡々と進みます。
残雪は積もっていないが凍結していたので、雪のない箇所を登っていく。右写真は大ネド尾根との分岐点。
1,469m地点。このあたりは概ねなだらかな道が続きます。
え!標識がブナに食べられている。(・_・;)
太平山のピークが眼前に迫ってきました。なだらかな斜面を進むと太平山に到着(10:28)。
あとは下るだけ。\(^o^)/ここでのんびりと昼食タイムとしましょう。遥か彼方に天目山(三つドッケ)が遠望できます。
そして、今日の昼食。いままでにないパターン。山でペペロンチーノ&鱈のスープですか。インスタントですが、楽しみですね。(o^-^o)
ペペロンチーノはパスタの歯ごたえもなかなか、そして、スープは鱈の身がしっかりしている。至福の時間だな〜などと「孤独のグルメ」のノリで感傷に浸る。
しかし、急遽予定変更。地図を眺めていたら、欲が出て長沢背陵→仙元峠→仙元尾根というロングコースを歩くことにした。
日が長い季節ではなく、余裕はないので早々に歩き始める。

南に目を転じると鷹ノ巣山の右手にうっすらと富士山が見えた。
目の前には次の目的地である七跳山が見えてきた。太平山から下ると大クビレに到着(11:04)。
左を見ると、これから向かう長沢背陵の天目山が見えるが遠いな〜
これから七跳山を目指して登り返しますが、登りがしんどくなってきた。。
北のほうを見ると矢岳が見えます。
右写真が七跳山山頂部。少し変わった形状です。真っ直ぐ進むと長沢背陵、七跳山山頂は右写真の右手奥にあります。
七跳山山頂到着(11:33)。のんびり休んでいる余裕はありませんので、先を急ぎます。
七跳山の南側少し下りると長沢背陵に出る。
長沢背陵は少しペースを上げて距離を稼ぎたいところです。