大持山,小持山
Mt.Omochi,Mt.Komochi
おおもちやま、こもちやま
標 高
1,294m、1,273m
所在地
埼玉県
日 程
2013年10月12日(土) 天気:晴れ
コース
大日堂P(6:55)→大神楽沢橋(7:11)→武士平(7:40)→雄山(8:03)→タワ尾根/高ワラビ分岐(9:05)−(食事休憩10min)→小持山(10:03)→岩場(10:25)−(休憩30min)→大持山(11:05)→焼山(11:54)→作業小屋(12:09)→大日堂P(12:27)
コース図
 
駐車場
大日堂駐車場
温泉他
武甲温泉 / そば処和味

山行記

今日は大持山と小持山を西側の尾根から周回するコースを歩いてみた。
山のチョイスはあんぱんさんの最近の情報を参考にさせていただいた。というよりもパクリ。。(^_^;)
久しぶりにひと気の少ないのんびりとした尾根歩きをしたかったのと、以前から気になっていた大持山から西に延びる西尾根の情報を拝見し、俄然行ってみたくなった。

今回は大平山を歩いた時に利用した川俣の大日堂に車を停め、タワ尾根、高ワラビ尾根を登り、西尾根を下る周回コースを歩く予定である。小持山から大持山へのルートは、多くのハイカーさんと出会うだろうが、それ以外の尾根はおそらく誰にも会わず、静かな尾根歩きが出来るだろう。
それとタワ尾根の手前にある大塚山、雄山も気になるので、登れそうであればそちらも向かってみたい(下図参照)。

さて、いつものごとく早朝に家を出る。
奥秩父方面に向かう場合は、R299からR140というルートになるが、R299を走っていると、どうもお腹が怪しくなり、あしがくぼの道の駅に寄るかどうか悩む。ただ停まるのが面倒なので、いつもここはパスするが、R140に移るとさらに怪しくなる。そのためR140では必ずと言っていいほどセブンイレブンに寄ることになる。。。
ここで出ないとちょっと厄介な事になるが、この日は無事に。。。
これでなんの憂いもなく、歩きに専念できる。(^_^;)
でもトイレを借りるだけでは気に病むので、いつも水を買ってしまうのだが。
と、話のネタがないと、こんなつまらない話題になってしまう。反省しなければならない。。。

山行のほうは晴天に恵まれ、開けたところからは大平山、矢岳、熊倉山といった魅惑的な山々や尾根が見渡せた。
大平山の手前に見える大ドッケには行ったことがなく、その手前の入り組んだ尾根もたそがれさんの記事で気になっており、紅葉の時期にでも狙いたい。
それと、矢岳から長沢背稜へ続く稜線も未踏であり、まだまだ課題が多く歩き甲斐のある山域である。

この日は10月とは思えぬ暑さで、都心は30度を超えたらしい。秩父も蒸し暑く、夏に逆戻りしたかのような陽気だった。紅葉もまだ早いようだったが、静かな尾根歩きが楽しめた。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。

アルバム

大日堂駐車場に到着(6:50)。準備運動をして早速出発。
それにしても、ストローでビールを飲んで赤くなっているおなじみ?のカッパ君。相変わらず極悪そうだな〜!

そして、この集団、怪しすぎる。。。奥の人は膝の上に猫を載せて、ビジネスバックを肩にかけて、そしてビール。芸が細かい。(^_^;)
ここでは河童が人魚を釣っているが、これも怪しすぎる。。。
癒しの浦山街道。これは癒しか〜〜(^_^;)
癒しの浦山街道を進み、大神楽沢橋手前を右へ進む。
当初は大塚山と雄山を目指して、左写真のピークをよじ登るつもりでいたが、傾斜がきつく、民家を通らないといけなそうなので、あっさり諦めて林道を進む。
武士平から山道に入る。
植林の中を一登りしてタワ尾根を目指す。
左を見上げた先にあるピークが雄山。折角なので寄ってみようと左写真の斜面を手も使ってよじ登り、雄山に到着。
山名板など山名を示すものはなく、広い山頂部には熊の爪痕があり、トタン板などが散乱していた。
苦労して登ったわりには物足りなかったが、急斜面を慎重に下り、コースに復帰。
武士平から登り始めて15分程度で、大谷方面とタワ尾根の分岐に到着。タワ尾根は標札の背後の尾根を進む。

この石仏、文化年間のもののようであるが、幕末ごろか。
大谷から秩父往還脇街道が交差する峠として、当時から人の往来を見守ってきたのであろう。
この貼り紙、他でも見た記憶があるのだが、思い出せない。。。

タワ尾根も高ワラビ尾根が近づくにつれ、傾斜が増すが、辛すぎる。。(^_^;)
途中の標識。五色岩滝とあるがどんな滝なのだろうか。
ちなみにタワ尾根は左や右に進路を変える。テープは少ないが踏み跡もあり、尾根から外れず高みを目指せばよい。
後半の急登を踏ん張って高ワラビ尾根との分岐に到着。ここからは高ワラビ尾根を進む。
分岐から小持山まではタワ尾根ほどの傾斜はないが、部分的にヤセ尾根である。

南が開けた岩場から見た展望。左寄りの丸い山頂が大平山、矢岳、熊倉山が遠望できる。
大ドッケ手前の尾根は複雑に入り組んでいる。
岩場から少し進むと武甲山と小持山との分岐。ここからはハイカーの多い一般登山ルートを進む。
ちなみに登り始めから、ここまでは誰とも会わず。

後を振り向くと武甲山が間近に見える。秩父の市街地から見る無機質な雰囲気とは異なる綺麗な山である。
分岐から歩いてすぐに小持山に到着。しかし、この日は暑かった。日の当たるところはきつくて休憩には適さない。
見晴らしの良い岩場で食事休憩。展望を楽しみながらの久しぶりのカップ麺。美味しかった。(^_^)
ここで休んでいると10人程度のハイカーが通り過ぎていく。さすが人気のコースである。

手前は伊豆が岳から繋がる稜線。その奥は奥武蔵の山々。

西を見ると長沢背稜や大平山、大ドッケから派生する峠ノ尾根、バラモ尾根が見える。

手前には歩いてきたタワ尾根(赤)と高ワラビ尾根(青)が見える。
赤線で寄り道している先のピークが雄山。真ん中奥には両神山が遠望できる。

フナイド尾根から矢岳へ続く稜線とその先には熊倉山が見える。
日帰りでフナイド尾根から矢岳を抜けて長沢背稜に出て大平山→大ドッケ→丸山の周回は可能だろうか?
尾根への取り付きと林道への下降点はどこだろう?などと尾根を見ながら考えてみたが、少し厳しそうである。
岩場から見た大持山と下る予定の西尾根(左写真)。食事休憩も終わり大持山を目指す。
大持山山頂に到着。ここで靴ひもを結び直し西尾根下りに向けて気合を注入。
西尾根の取り付き。あとはこの尾根を下るだけだが、派生尾根に入り込まないよう気を付ける。
尾根には踏み跡もそこそこあるし、テープも多い。

あと、途中で単独のハイカーさんが休まれていたが、こんなところで珍しい。
お聞きしたところ、大日堂から西尾根を登り、大持山→鳥首峠→大日堂を周回されるとのことであった。
大日堂から西尾根に入るのに少し手間取られたとのこと。こちらは大丈夫だろうか。
未踏の尾根を下る場合、無事に林道などに下りられるかいつも心配の種である。
この狭いピークが焼山のようであるが、雄山と同じくここにも山名板はなかった。
途中、鉄塔が立っているところを2箇所を通過する。川俣まで近い。
植林になると左写真のような傾斜のきつい斜面が多くてしんどい。。。
そうこうしているうちに作業小屋が見えてきた。
作業小屋以降もテープに誘導され、尾根を進んでいたが崖で進めなくなった。また、道を間違えたようである。(^_^;)
集落に下降するルートもよく分からないため、下りられそうな斜面を進むことにする。
道路が見えたので、とりあえずそちらへ向かうと、ちょうど駐車場の上であったが、崖だったかどうか定かではない。
無事に下りられそうな所を選びながら慎重に進んでみると、ラッキーにも自分の車の真正面に飛び出した(^_^;)
下りてきた斜面を下から見上げたところ。それにしても10月だというのに、今日は暑い一日であった。


下山後、武州日野駅に近い「和味(なごみ)」に行って蕎麦を美味しく頂いた。
分かりづらい所にあるが、そば粉からこだわる本格派。お勧めである(^_^)