ロックガーデン(御岳山)
Mt.Tenri
ロックガーデン
標 高
所在地
東京都青梅市
日 程
2013年6月8日(土) 天気:晴れ/曇り一時雨
コース
滝本駅駐車場(9:15)→滝本駅(9:20)→(ケーブルカー)→御岳山駅(9:29)→長尾平東屋(10:26)→天狗岩(10:50)→綾広の滝(12:15)→長尾平東屋(13:05)→(休憩)→御岳山駅(14:00)→(ケーブルカー)→滝本駅(14:06)
コース図
駐車場
路上駐車スペース
温泉他

山行記

今回も会社の方々と山歩き&写真撮影会。
向かった先は御岳山のロックガーデン。ここの渓谷美が狙いである。
昨年の8月、レンゲショウマを見にきて以来の御岳山。
折角だから一足先に一山登ろうかと考えていたが、ロープウェイを起点にすると、駐車場のオープンが遅く時間的に中途半端なので諦めた。
御嶽駅前のバス乗り場横のコンビニで休んでいると、止まる電車から次々と老若男女のハイカーが降りて来て、バス乗り場は凄いことになっていた。 電車組も間も無く到着するはずだから、少し待って合流し、ロープウェイの滝本駅に向かった。
ロープウェイも人でいっぱいだが、一気に登れるのでらくちんである。

さて、早速、今回の目的地であるロックガーデンに向かう。
写真を撮りながら、1時間半ほど掛けてロックガーデンに到着。

爽やかな気候のなか、眩しいくらいの新緑のシャワーを浴び、川のせせらぎを聞きながらの沢沿いの道はマイナスイオンに溢れ気持ちが良い。
整備された石段の道を新緑の濃密な空気に包まれながら、のんびり歩く。 マイナスイオンとか、フィトンチッドとか、そんなのが溢れているのだろう。森林セラピーで癒される気分である。
約1時間程度の至福な時間を楽しみ、ロープウェイで滝本駅まで下ると、次は本日のメインイベント?、試飲付きの酒造見学に向かう。
日本酒の製造工程の説明を受け、酒造を見学する。面白かったが、運転手の私は、当然ながら試飲は。。。(^_^;)
他のみなさんは、美味しそうに飲んでいらっしゃる。。。
そして昨年と同じ蕎麦屋に場所を変え、打ち上げ。

ここでも飲めず。。。(T_T)

今日は写真がメインののんびりした山歩き。腕前は相変わらずだが十分楽しめた。

ここのところ人の賑わうハイキングが続いている。人里離れた寂しい山が、恋しくなってきた。

次回はどこを彷徨うか。

いただいた作品のスライドショー 33枚
さすがに違う。こんな風に撮れたらいいけど。。

スライドショー表示領域

アルバム

ケーブルカーの滝本駅に車を停めて、山頂駅まで400mの高低差を一気に昇る(9:29)
ロックガーデンを目指し歩を進める。
道端に咲いている花を撮影しつつ、御岳ビジネスセンター横を通過(9:53)。
かやぶき屋根で都有形文化財指定(馬場家御師住宅)に指定されている宿坊・東馬場さんをバックに。

いい雰囲気を醸し出しているかやぶき屋根。江戸末期(1866年)慶応2年建立で今も宿坊として利用できるとのこと。
道端の石垣に生えるユキノシタの群集。
宿坊が多く軒を連ね、昔の風情がある。

推定樹齢1,200年、幹周約8.2mの国指定天然記念物の神代欅。まじかに見ると迫力がある。
ひとまずは御嶽神社方面に向かい、表参道を進む。
御嶽神社への登りの手前を左に巻いて、長尾平の東屋に到着(10:26)。
東屋から天狗岩に向かうコースを進む。

巨大な天狗岩に到着(10:50)。前回は登らなかったので、今回は登ってみよう。
鎖が渡してあり、杉の根を掴みながら登って行くとお社があり、頂部に天狗の像が設置されている。
なかなか堂々とした天狗像が鎮座している。

天狗岩からしばらく歩き、沢まで下りるとロックガーデンの始まり。

1km程度渓谷を登って行く。
緑深く、蒸し暑くもなく爽やかな陽気のなか多くのハイカーで賑わう。


サルギ尾根との分岐。沢を渡るコースは山と高原地図では破線になっているルート。こちらに向かうハイカーはほとんどいないだろう。



山女魚の稚魚が見えたので、川の中から撮ってみたが、微かに分かるかな。こんな水の少ない沢にもいるは意外。

木漏れ日が差し込むと鬱蒼とした川面が輝きだす。

道も湿って滑りやすい所もあるが、基本的には飛び石で整備されて歩き易い。

水量は少ないが水辺はひんやりして気持ちが良い。
途中、トイレのある休憩舎がある。ここで少し休憩(11:41)。



休憩舎を過ぎるとゴルジュ帯のような様相になる。

ゴルジュ帯といえども道は石段が整備されて歩き易い。


苔むした倒木

全てが緑に覆われた世界

ロックガーデンも終盤に差し掛かり、綾広の滝に到着(12:14)。

綾広の滝




綾広の滝から急登を進むと上から滝を鑑賞できる。

ロックガーデンもここで終わり。
復路はなだらかで歩き易い整備された道を進む。

天狗の腰かけ杉

その巨大さに圧倒される。

どうしてこのような形になったのか、人工的に形づけたのか、見れば見るほど不思議である。
長尾平の東屋に戻ってきた。ここで軽く昼食休憩していたら、遅れて来られたメンバーのかたが追い付き合流。よかった!
レトロな雰囲気の商店街。ついつい寄り道したくなる。

セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)ツバメが飛んでるような形のついた名前のようだ。

中国原産。明治時代に渡来で東京を中心に分布とある。この花は割と里山で見かける。
ケーブルカーの山頂駅に到着(13:56)。14時発のケーブルカーに急いで乗り込む。
下山後、澤乃井酒造元の見学
カシワバアジサイ
日本酒の製造工程について、事前に説明を受けてから見学する。時間にして45分程度。なかなか面白かった。
最後は試飲付き。これで無料はありがたいが、車のため飲めず。。。(T_T)

多摩川

最後は前回と同じ蕎麦屋「玉川屋」で打ち上げ。