三角山
Mt.Sankaku
さんかくやま
標 高
623m
所在地
埼玉県
日 程
2013年12月08日(日) 天気:晴れ
コース
芦ヶ久保駅(7:49)→横瀬駅(8:11)→西善寺(8:40)→古御嶽神社(9:00)→古御嶽城址(9:25)→三角山(9:48)→二子山・焼山分岐(10:38)→焼山(10:46)−(食事休憩:30分)→二子山(雄岳)(11:50)→芦ヶ久保駅(13:02)
コース図
駐車場
道の駅 果樹公園あしがくぼ
温泉他

山行記

秩父あたりで、秘境のようなところはないか。近場では浦山あたりかなとエアリアマップを眺めていると、グミの滝なんてのを見つけたが、この名前記憶にある。そういえばたそがれさんやぶなじろうさんサイトで見たことを思い出す。以前はグミの滝までルートが紹介されていたようだが、今は廃道扱いでルートの記載がない。熊の目撃情報もちらほら。
う〜む、まさに秘境である。俄然行きたくなってきた。
どうせ行くなら、滝の往復だけではなく、まだ未踏の大ドッケも絡めたい。そうなると歩行距離も15kmを越える。この日が短い時期、バリエーションルートをそれだけ歩くとなると早朝より歩かなければ厳しい。 そこで4時頃に起きるつもりでいたが、目後覚めたのが6時前となってしまった。
こんな時間では歩き出すのが9時過ぎになってしまい、全く余裕もないので、あっさり諦めた。
残念だけど仕方がない。また花園の季節に行ってみるか。

ついつい前置きが長くなってしまった(^_^;)
さて寝坊はしたが山に行くと決めてしまうと、行かないと気が済まない。 そこで選んだ山は三角山。
この界隈、奥武蔵の盟主といわれる武甲山を始めとした幾多の名峰に囲まれ、不遇な状況に置かれる寂しそうな雰囲気にそそられていた(^_^;)

以前は三角山ではなく大机山と呼ばれ、横瀬の西善寺辺りから二子山に向かって延びる尾根にその山頂は位置するが、同じ尾根上に城趾がある。
戦国時代の山城として、今は当時の面影はないようだが、武甲山をはじめ山岳信仰が盛んな地域として、尾根上に多くの石碑が鎮座しており、いにしえの歴史を肌で感じてみたい。
そこで、のんびりと西武鉄道を利用したプチ縦走、ブチバリエーションルートを楽しんでみた。

横瀬駅で電車を降りると、一際存在感を放つ堂々とした武甲山の勇姿を眺めながら、西善寺を目指して町中を歩く。
秋も終わり周りの空気も肌寒く感じられるなか、歩を進めると西善寺に到着。ここは秩父三十四ヶ所観音霊場第八番のお寺である。
時間的に余裕も有るし、せっかくだから見学がてら寄ってみた。朱印帳でもあれば、朱印でも押してもらうのだが、一通り写真に収めて先に進むと、山道への道しるべとなる八坂神社と猿田彦神社が二つ並ぶポイントに差し掛かる。ここから山に入るとすぐに古御嶽神社にたどり着く。これからがこのコースのハイライトである。
三角山への尾根に乗るために、適当な斜面に取り付く。 トレースの不明な急斜面を手を使ってよじ登ると三角山へ続く尾根に乗る。標高差は100m程度であろうか、こんなところもバリエーションルートの醍醐味である(^_^;)
そして石垣のようなところに差し掛かると石碑のオンパレード。様々な神様が立ち並ぶが、訪れる人も少ない寂しげなただずまいに歴史を感じてしまう。そんなことを想いながら感慨に浸るのが楽しい。

また、目的地である三角山も静かな雰囲気でなかなか良い山頂であった。
この尾根を東へ歩き続けると、二子山から武川岳に抜ける稜線に出るが、ここは奥武蔵の人気コースとして遊歩道のようであり、整備された道の歩き易さを感じた。
この尾根、距離はそれほどではないが、歴史を感じさせ、歩き応えもあり、なかなか楽しめた。

あとは浦山近辺の課題をこなさないと。。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。

アルバム

道の駅あしがくぼの端の方に車を停め、芦ヶ久保駅から電車に乗る。
下り電車に乗り横瀬駅から歩き出す。ここで多くのハイカーが下りたが皆さん武甲山に向かうのだろう。
まずは札所8番を目指して歩く。

真正面に見えるのがこれから向かう三角山。そして焼山、二子山が見渡せる。三角山のふもとまで町中を歩く。
奥武蔵の盟主・武甲山。正面から見える削り取られた山容はかなり歪だが、それでも一際存在感を放っている。

武甲山
秩父札所8番の西善寺に到着。折角なので少し見学。

門前のお地蔵様
西善寺から山裾を少し歩くと古御嶽神社入口の標柱があり、手前を左へ進む。
立入禁止の標識の左側から山道へ進む。ここでダウンジャケットを脱ぎ、熊よけ鈴を2つ装着し戦闘モードに切り替え(^_^)
扉の閉ざされた武甲隧道。石灰岩を搬出するためのものだったらしい。総延長は23kmにも及ぶとか。
山道というか神社の参道?を5分程度進むと古御嶽神社に到達。

神社の周りは、そこかしに石碑が立ち並び少し異様な雰囲気が漂っている。
神社も閉ざされており普段は訪れる人もほとんどいないのだろう。
さあ、ここから三角山を目指すが一般的なルートではなく当然道はない。まずは南側の涸沢を渡り適当な斜面を探す。

ここの斜面を登ろう。何となくトレースらしきものもあるが、足だけではなく手も使い適当なところを九十九折に登っていく。
100m程、登ると三角山へ続く尾根に乗った。あとは尾根伝いに進んで行く。

しばらく進むと石垣があり注連縄の掛かった岩場に出る。
注連縄の上部に「大江大権現」の石碑が横たわっていた。
巻くほどの岩場ではないが所々脆く足場を選びながら慎重に進む。

岩場を過ぎると所々に鎮座している石碑が散見される。
「養蚕大神」珍しい神様。天照那智山青岸渡寺のお札もあった。ここには大机山と記載されている。
阿夫利神社の石碑。他にも様々な石碑が立ち並ぶ。

稜線も平らになってきた。この辺りもかつての城址の一部だろう。

古御嶽城址の標識。当時を偲ぶものはないようだが、それでも訪れる人の少ない静かなただずまいが良い。

稜線をせき止めるように立ち並ぶ石碑。左から「氷川太神」「国常立尊」「天照皇大神」
城址を過ぎると堀切のようなところを通過。
三角山の山頂に近づくにつれ傾斜が増し、立ち木に捉まりながら先へ進む。
踏ん張って登り詰めると東西に細長い三角山の山頂に到着。ここで軽く休憩。

リボンの掛かった三角形の山名板が何ともかわいい。

開けたところでの枯れ木と武甲山
三角山から少し高度を下げて、再び登り始める。
二子山から武川岳へ続く稜線に近づくと斜度も増してきた。落ち葉に埋もれた滑りやすい斜面を適当に九十九折に登っていく。
二子山から武川岳へ続く稜線に到着。この分岐を左に曲がり焼山を目指す。
ここからは整備された道。歩き易さをしみじみと感じる。