城山
Mt.Shiro
標 高
648m
所在地
埼玉県秩父市
日 程
2013年5月3日(金) 天気:晴れ
コース
登山口(15:29)→高取山(15:33)→登山口(15:36)
コース図
 
駐車場
熊倉山城山コース登山口
温泉他

山行記

先ほど熊倉山から下山し、三峰口駅から車に乗り、帰路に着いたが、谷津川館という旅館の露店風呂に寄りたくなり、現地に向かう。 旅館の駐車場に着いたが、城山の登山口は旅館から林道を登った先にある。ここから車で5分程度の距離だろう。
折角だから寄って行こうと、車のエンジンをかけて城山登山口へ向かった。城山登山口は熊倉山の城山コースの起点と同じ位置にあり、車が3〜4台停められるスペースがある。
駐車位置にはすでに車が1台停まっており、その横に停めた。持ち主はまだ熊倉山から下りてきていないのだろうと思いながら、準備をしていると、車の向こうからガサゴソと普段着の人が出てきて、非常にびっくりした。
よく見ると車の向こう側に1人用テントが張ってあり、そこから出てきたようだ。 お話を聞いてみると、この日は移動日で、翌日に歩かれるとのこと。う〜む、こんな林道で寝泊まりするのも、いろんな意味で怖い気がするが、なるほどそんな歩きもあるのだなと感心しつつ、カメラ片手にリュックは置いて、空身で城山へと向かう。

地図を見ても山頂まで10分は掛からなそうだ。往復15分も見ておけば楽勝だろうと、歩き始める。
体は軽いし、ただ歩くだけではつまらないので、走ってみたが3分程度で山頂へ到着。 山頂はだだっ広く展望もきかない寂しいところだが、とりあえず写真を撮り、走って駐車場まで戻った。往復で5分程度。
さぁ、これであとは温泉に浸かって帰るだけ、お隣さんは食事の支度をされていた。
熊倉山は初めてのご様子だったので、いろいろと城山コースのことなどを話し込み、それでは明日はお気を付けて、と帰るべく、車のドアを開けようとしたが、カギがない。。。(・_・)エッ....?

え!
もしかして。。。
チャックのないズボンのポケットに携帯と一緒に入れてしまった。

やばい、落とした。。。_| ̄|○

周りを見渡してみたが、見当たらない。。。
(すでにパニックに陥っている)
登山道のどこかに落ちているだろうか。周りを見てもないものはないので、しかたなく、再度、城山に向けて歩き始めた。何てことだ!
目を皿にようにして周りを見渡しながら歩くが、見つからない。
調子に乗って走ったから、その勢いで道から離れた場所に飛んでいるかもしれないと注意するが見つからない。

これはまずいぞ!Σ(゚д゚;)

見つからなかった場合、どうするか。
車は置き去りにして麓まで歩いて下り、それから電車で帰宅し、スペアキーを持って帰ってくれば、終電くらいまでには、ここまで戻って来れるかもしれないが、そんな元気はないし、真っ暗闇の中、ここまで登るなんて、そんなことはしたくない。
それとも、翌日、早朝に来て、ついでに城山コースから檜岳のピストンでもして帰るか。
それはいいかもしれないとなどと考えている場合ではない。
とりあえずは、駐車場にいらした方に駅まで送ってくれるようお願いするか、などとずうずうしいことまで考えてしまう。
先ほど往復した時の5倍くらい時間を掛けて歩く。
山頂まで歩いたが見つからない(T_T)
やはり走っている時に遠くまで飛ばしてしまったのかと途方に暮れて、山頂から麓に向かう山道を見ると、道の真ん中に落ちていた(^_^)
いや〜見つかって良かった。
冷や汗ものだった。

そして、精神的にも疲れた体を温泉で癒そうと、谷津川館に戻ったが、中居さんにGWは日帰りをお断りしているし、時間も遅いとの事。。。
踏んだり蹴ったりであった。。

それと、掲示板にコメントをいただいたhiroさんの情報によると、クマ5頭と出くわしたとおっしゃっていたポイントは、まさにお隣さんがテントを貼られている辺りと思われる。 登山口には、熊注意との看板もあり、ちょっと心配である。

アルバム

熊倉山城山コースの登山口(左写真)に車を停めます。目指す城山は熊倉山の反対側になります(右写真)。
「?選定重要遺跡 熊倉城跡入口」ここから山道に入ります。最初は木段ですが、空身なのでダッシュです。
稜線に出て左に進みます。トレラン気分で走ります。(^_^)
道も整備されており、1〜2分程度、走ると着いちゃいました。そして、この辺りが件の所でした。見つかって良かった。。(^_^;)
城山山頂です。ここは城跡というだけあって、平らな山頂ですが、城跡と分かるような遺跡はないようでした。

城の名前は熊倉城、太田道灌や鉢形城などにゆかりがあるようです。
さあ、あとは駐車場までさっさと戻りましょう。またまたダッシュです。
なお、城山から東側の尾根は立ち入り禁止になっておりました。
無事に駐車位置まで戻ってきましたが、この後、キーがないことに気付く。。。
熊の活動期はよく分からないが、この場所でのテント泊は危ないな。