外秩父七峰縦走ハイキング
Sotochichibu Nanamine Jyuso
山 名
そとちちぶななみねじゅうそう
標 高
所在地
埼玉県東秩父村
日 程
2013年4月21日(日) 天気:雨/晴れ
コース
小川町駅スタート(6:35)→第1CP(7:55)→第2CP(11:21)→第3CP(12:09)−(休憩) →第4CP(12:38)→白石峠(12:51)→白石車庫バス停(13:25)→小川町(14:28)
コース図
 
駐車場
東武東上線 利用
温泉他

山行記

思い起こすと、初めて参加した昨年はなんとか完歩し、それなりに達成感や満足感を味わい、もう二度とごめんだと誓ったはずなのに。。。

あのような辛い想いはしないと決めたはずなのに、性懲りもなくあの42kmのハイキング大会に参加してしまった。(^_^;)
しかも、今年は初っ端から雨模様。
あの悪夢を繰り変えそうとしている、全く学習能力がないというのか。。。
すぐに痛みを忘れてしまう性分。。。

そんな訳で気づくと小川町の駅に降り立っていた(そんなことあるわけないだろ!)

すでに電車の中でレインウェアを着込み、スパッツを付け、ザックカバーを取り付けて、臨戦態勢になり、降りしきる雨のなか受付を済まして意気揚々と歩き始める。昨年よりも明らかに人が少ないぞ。
山道では昨年程の渋滞はないのではないか。今年も歩き切れるかもしれないと歩を進めたが。。。

時折、みぞれ混じりで山の上部は雪が積もり、そんなコンディションで山道はドロドロ。しかも、何千人もの足で捏ねられ、さらに粘度が増す(笑)
途中から苦行のように感じられ、せっかくの休みになんでこんなことをしているのかと、山歩きの楽しさも薄れ。。。
明るいうちにドロドロの装備を洗いたいし、前回で完歩しているし、と言い訳ばかりだが、結局、半分程歩いて止めることにした。
このハイキングは前半の20kmほどでコース上の最高峰まで登り詰めるのだが、今回も渋滞が多く、ここまでは大して疲れなかった。
折角、参加したのだし、もう少し頑張ってもよかったかなと悔いを残してしまった。

何とも中途半端で、消化不良の山行となってしまった。

さて、来年はどうするか。
2年間で全区間を歩き切れば完歩賞が貰えるので、残りの距離を歩いて完歩を狙うか、それとも最初から歩き直してリベンジを狙うか。
でも、あんな苦労は御免こうむりたい。絶対に出ないぞ!
もう二度と出たくない。。
多分、出ないぞ。。。
出ないと思う。。

怪しい。。。(^_^;)

来年になったらタイムを縮める、とか言って参加しているかもしれないな〜
(昨年と一緒の締めだな)

アルバム

6時半ごろに小川町駅に到着。あいにくの雨天のなか、歩き出す。
参加賞などを頂戴するが、リックにしまうにも一苦労。この天候のせいか去年よりも圧倒的に人が少ない気がする。
ジーパンにスニーカー、それに傘をさして歩いている人がいるぞ!そのような恰好だと大変なことになるのでは。。(^_^;)
石尊山へ向かう山道に入るが、去年ほどの渋滞にはならず、比較的にすんなりと通過。
石尊山に到着(7:46)。スタートは遅かったが、人が少ない分、渋滞は短く昨年とほぼ同時刻にたどり着いた。
第1チェックポイントに到着(7:55)。順位的には1310番台とのこと。(・_・)エッ....?
そんなに前に歩いていたのか。
市街地を抜け、休憩所である和紙の里に到着(8:32)。気温も低く時折みぞれまじりになった。
しかし、周りであられが降り出したと叫んでいる人がいたが、あられじゃなく、みぞれでしょ。(*^-^)
しばらく舗装された林道を進むが、飽きる頃に山道へとコースが続く。ここも人が詰まった。
レンズに雨が付着した状態で写真を撮っているため、見苦しくてm(_ _)m
山道を抜けるとそこには里山風景が広がり、桜やツツジなどが咲いていたが、寒い。。。
山の上の方を見ると山肌が白くなっているけど、もしかして雪??
萩平での露店。リュックから食料を出すのが、面倒なのでバナナを購入して食べる。
さぁ、これから笠山への登山道に入るが、この先、林道と交差する手前がかなりの急勾配で、間違いなく詰まると思われたので、少し距離は長くなるが、そのまま林道を進む。
ここからは笠山まで山道を進むが、いきなりの渋滞。先が思いやられる。
遅々として進まず。昨年よりも時間が掛かっている。
前を歩いている方と、この状況では完歩は難しいかもしれないですねって、会話をしていると、段々とやる気がなくなってきた。(^_^;)
第2チェックポイントの笠山に到着(11:20)。
雪は降っていないが、周囲はガスって木々に積もった雪が風に吹かれてどかっと降ってくるので、おちおち食事もしていられない。
それでもおにぎり1つ頬張って先を急ぐ。
前を歩く人の下半身がすごいことになっている。(^_^;)
足元はドロドロの粘土状態や泥の沼のようになっていたり。。
北の方は雲海が広がる。(^_^)
ここはいったいどこなんだ!全く予想だにしない展開に。。
第三チェックポイントのある堂平山に到着(12:09)。 昨年もいた小学生くらいのかわいい売り子さんからワッフルを購入。
堂平山でおなじみ観測ドームの広場で休憩。
この時点でリタイアを決めてしまったので、ゆっくりと食事休憩を取る。
堂平山の山頂にとりあえず寄る。辺り一面雪化粧。この時期、この場所でこの光景はかなり違和感がある。
この辺りでは完全に戦意も喪失し、早く下山して明るいうちにウェアを洗いたいなぁ〜
などと考えながら、第4チェックポイントを超え、白石峠から下山することに決めた。
第四チェックポイントに到着(12:38)。ここは剣ヶ峰の山頂直下。この先、本コース最高峰の剣ヶ峰への登りになるが、リタイアする人はここを登らず、そのまま林道を進むが、剣ヶ峰は外秩父七峰の一峰、いくらリタイアするとはいえ、ここは登っておかないと。
木段を登りつめると電波塔のある剣ヶ峰の山頂(878m)に到着。そして、しばらく下って行くと直に白石峠に到着(12:51)。
ここからエスケープルートへ逃げるが、後になって振り返ると昨年よりも30分程度遅れているだけだし、人も少ないので、歩いて歩けないことはなかったかな。
ここ白石峠から白石車庫のバス停まで30分程度下る。
高度を下げると雪も消え、新緑も現れる。晴れていればいい季節なんだけどなぁ〜。
人里まで下ってきた。この辺りでは山桜やいろいろ花々が咲き誇り、30分前とは別世界。
白石車庫に到着(13:35)。ここで汚れたレインウェアを脱ぎやスパッツを外す。
バス停でお茶をいただき(美味しかった!)、桜を鑑賞し、バスに乗り込み走り出した頃には熟睡していた。(^_^;)
で、ゴールのある寄居駅ではなく、スタート地点の小川町駅に戻る(14:29)。モツ煮込みをいただき、体を温めて帰路に着いた。