楢抜山
Mt.Naranuki
ならぬきやま
標 高
553.5m
所在地
埼玉県飯能市
日 程
2013年12月23日(月) 天気:晴れ
コース
さわらびの湯駐車場(8:28)→仁田山峠(8:58)→楢抜山(9:31)→290m地点(10:42)(食事休憩)(22min)→秋葉神社(11:08)→周助山登山口(11:48)→周助山(12:13)→ノボット(12:29)→仁田山峠(12:51)→さわらびの湯駐車場(13:53)
コース図
駐車場
さわらびの湯駐車場
温泉他

山行記

さて、今回はどこの山に行こうか。できれば雪のある山は避けたい。
先週の雨により、我が家から見える武甲山をはじめとした奥武蔵の山間部は雪化粧となっている。しかも結構積もっているようだ。

そこで低山を歩いてみようかと選んだのは、飯能の名栗湖に近い周助山とノボットという珍しい名前の山だ。
車の場合、登山口近辺に駐車場がなく、以前から敬遠していた山だが、手ごろな2つの尾根を周回して、楢抜山も含めれば、なかなかきごたえがありそうだ。
登山口付近の県道沿いには河原でのバーベキュー客のために有料駐車場がいくつかあるようなので、料金後払いで停められるだろうと行ってみることにした。
雪は心配ないかな。と思いつつも念のため軽アイゼンをリュックにしまい込む。

早い時間に現地に着くも、車を止める場所が見当たらない。有料駐車場はそこそこあるが、当然のごとく人はおらず無断駐車は罰金とあったのでパス。
適当に駐車できそうな場所を探してみたが、細い路地ばかりで他に車を止めるスペースもなさそうである。
あまり車でうろうろしていると怪しまれそうなので、さわらびの湯まで移動し、そこに車を止めて、飯能行きの上りのバスで登山口まで戻ってこようと、さわらびの湯に向かった。
そしてさわらびの湯のバス停で時刻表を見ると、この辺りの時間帯には、飯能行きのバスが全くない??しまった。。。

どうやって登山口まで移動するか。歩いて向かう気にはなれない。
それならいっそのこと、歩く山を変えて、先日のぶなじろうさんの後追いをしてみるか、などと考えたが、この機会を逃すと二度目はないような気もする。そこで、ここを起点として歩く方法を検討すると、当初の予定とは逆の周回で距離も長くなるが、仁田山峠から歩くのがいいかもしれない。
そんなことをやっているうちに1時間ほどロスしてしまったため、早速、峠に向かい歩き始めるが、県道に出ると上りのバスが、やたら走っている。
??と、バス停で時刻表を確認すると1時間に3便程度だがバスがある。
さわらびの湯のバス停ではなかったのに、何故?
で、よくよく時刻表を見るとさわらびの湯は、本線から外れており、おそらく登山者や観光客くらいしか訪れないところなので、バスが少ないようであった。。。

今回の周回コースは、高所から下ってから登り返すという、好きではないパターンである。 往路は楢抜山を通り赤沢の集落に出て、復路は周助山、ノボットを歩き仁田山峠に戻る、おそらくそんなことをする人はいないだろうというコース取りである。

コース上はテープが多く、ほぼ尾根歩きとなるが、それほど整備されてはいないため、倒木に塞がれていたり、そんな箇所が多かった。
そして楢抜山からの下りの尾根は、小ピークがやたらと多く、そこからの派生尾根も盛り沢山。ピークからの下降点にはテープはあるのだが、読図の訓練にはもってこいかもしれない。ちょこちょこと間違えたけど。。。

それにしても、このコース、ほとんどが展望の効かない杉檜の植林帯であった。一度、麓に出て、周助山に向かうために別の尾根に登り返さないとならないが、登り返しもこの植林パターンだろうか。往路でそんなことを考えながら歩いていると、なんだか止めたくなってきた。麓に下りたらバスで戻ろうか。
などとそんな気にもなった。

それでも一応バリエーションルートであり、山中では誰にも会わず静かな山行が楽しめた。

今週末も天気が崩れるようだが、次は雪のある山でも行ってみようか。

アルバム

駐車場に手間取り、無駄に時間を浪費したが、まずは県道53号へ向かう。
県道53号を左に折れ、最初の信号を右に曲がり林道を登っていく。
20分も林道を進むと仁田山峠に到着。ここを基点として周回する予定。この峠には2〜3台程度駐車できるスペースがある。

ここから山道に入り楢抜山へ向かう。

最初から尾根伝いの歩きとなる。
始めのピークの手前はかなりの急登。手も使いよじ登る。

最初のピークに到着。ここはテープに促され右へ進む。

ここが楢抜山へ続く下降点。目の前には楢抜山がそびえている。
下降点から40m程度の急斜面を下り、すぐに登り返しとなる。
またもや急登となり、登り詰めたところが楢抜山
小さな山名板と三等三角点。
稜線の右側は雑木林で都県境尾根が見える。

棒ノ折山が遠望できる。あちらは雪化粧で、こちらは標高の影響か全コース中で雪は全くなかった。
楢抜山から少し進んだ次のピークで、そのまま稜線を進み間違えた。ここのピークは右の尾根に進むのが正解。 このコースは小ピークがやたらと多く、所々で尾根も分岐しているため、下りの場合、非常にややこしいが、テープも多く、注意していれば、間違いはないようだ。
そして、次のピークが天狗積と呼ばれるポイント。ここが今回のコースで一番の休憩ポイント。
倒木がそのまま放置されているのもバリエーションルートのよいところ??
バリエーションルートといっても踏み跡はそれなりにあり、尾根を進むだけだが、枝尾根も多くて注意が必要。
何も考えないで稜線を突き進むと間違える。ピークで立ち止まり周りを見渡せば正しいルートに赤テープが付いている。
読図の練習にはちょうどよいかもしれない。
ほぼ植林帯の稜線をひたすら歩き高度を下げていく。
町の喧噪も聞こえてきた。ルート上に人工的な小枝の積み重ねがあったので、右を見ると下降点となっていた。
ここから50m程下れば麓に出る。残りの復路は登りとなるため、少しでも荷物を減らすべく、ここで食事休憩。(^_^;)
下降点から下ると崖に突き当たるが、左へ道が続いており、左に見えるピークを目指す。
ピークを登りきったところに秋葉神社があり、その先に素盞鳴神社がある。
素盞鳴神社から参道を下り鳥居を潜ると町に出る。