天理岳、両神山(天武将尾根)
Mt.Tenri
てんりだけ
標 高
1,173m
所在地
埼玉県小鹿野町
日 程
2013年5月18日(土) 天気:晴れ
コース
駐車場(7:27)→両神山荘(7:42)→奈良尾峠(8:15)→1083.6m三角点(9:34)→天理岳(9:56)→1306m(11:08)→前東岳(12:32)→両神山・剣ヶ峰(12:48)→清滝小屋(13:49)−(食事休憩)→会所(14:37)→両神山荘(14:58)→駐車場(15:10)
コース図
駐車場
路上駐車スペース
温泉他

山行記

両神山に向かうルートはいくつもあるが、そのうちのひとつに天武将尾根があり、その天武将尾根には天理岳という名の山がある。
本日はこの尾根をあるいてみた。

天武将尾根はバリエーションルート、そして距離もあるため、早いうちから歩き始めたほうがよいのだが、いつもごとく朝寝坊。同じ埼玉県内とはいえ、両神山の日向大谷口までは2時間は掛かるので、急いで支度して出かけた。
この山域は昨年の秩父槍ヶ岳以来である。あれから足が遠くなっていたが、どうもあの時の恐怖体験が強く、車中では別の山にしようかと不安がよぎる。念のために補助ロープなども用意した。

駐車場に近づくもあと1km程度のところで、係の人に止められた。
この日は土曜日で、両神山は日本百名山であり混んでいるようだ。
そう言えば、前回の天城山も百名山だったが、期せずしての連続の百名山となった。
林道を歩いて登山口に向かうも、若者グループなど多くのハイカーで賑わっていた。 一般ルートは人が多そうだなと思いつつも、こちらはバリエーションルート、最初から寂しい尾根歩きが予想されるが、それがいいのである。

さて、歩き始めると初っ端から間違えた。 このルート、ネットで調べれば調べるほどいろいろと心配なポイントが出てくるが、最初から間違っていては先が思いやられる。まずは天武将尾根に出るため、奈良尾峠を目指す。 天武将尾根に出て、尾根を進むとじきにヤセ尾根となり、所々岩場が出てくる。
左右どちらか切れ落ちている箇所があり、適度な緊張感のもとでスリルが味わえた。

この尾根歩き、2箇所危惧するポイントがあった。
岩を巻いて斜面をよじ登るところと、岩をクライムダウンするところであるが、体験してみるとさほど怖さは感じなかった。
両神山の主脈に出るころには、疲れて果ててヘトヘトになっていたが、スリルのある見晴らしの良い尾根歩きが楽しめた。 蜘蛛の巣の貼り具合から、本日は先行者もいなかったようだ。

両神山の主脈に出てからは夥しいほどのハイカーさん達。両神山山頂は休む場もないほど賑わっていた。下りでは所々渋滞したが、前方グループが休憩のため、道が開いてからは、ハイペースでの忙しない下りとなった。狭い山道で写真のために立ち止まるのも躊躇われ、花や石仏を堪能するのは諦めた。
登りは5時間掛かったが、下りは2時間程度であった。

結局、登りの天武将尾根では、誰にも会わなかったが、その代わりニホンカモシカに出会う貴重な1日となった。

天武将尾根から常に見える辺見岳が気になったので、ネットで調べてみたが、こちらは上級バリルート。歩かれている人も少ない。滑落したとか、ピッケルを使って斜面をよじ登るだとか、すごい記事を目にしたが、歩く人の少ない辺見岳から両神山に続く尾根に石仏が多く祀られているようで、そそられる。

両神山近辺は西上州にも隣接するエリア。狩倉尾根、赤岩尾根など気になる尾根も多く、辺見岳もいつかは歩いてみたい。また課題が増えてしまった。。。

なお、天武将尾根は一般ルートとは異なり、所々、分かりづらく、歩きにくい所や危ない箇所があるので、不慣れな人が1人で立ち入るのは控えた方がよいと思う。

アルバム

係員さんに止められ、両神山荘からかなり下ったスペースに車を停める(7:27)。10分強歩くと登山口のある両神山荘が見えてきた。
両神山の登山口のある日向大谷口に到着(7:41)。ここに来るのは、7年ぶり。懐かしい。。
登山口から石段を上ると両神山荘に出る。一般ルートはここを左に進むが、こちらは奈良尾峠を目指すべく右に向かう(7:43)。
両神神社・里宮の横を通過して山道に入る。歩き始めてすぐにお堂のような所に出たが、行き過ぎたみたいである。
少し手前で左に道があった。ネットに掲載されている間違い易いポイントのようだ。(^_^;)
お堂の手前の左に分岐する箇所にて。コースを示す看板ではないが、左に上る道があり、しばらくは小尾根を登っていく。
小尾根から東へのトラバースが始まるが、途中、倒木を高巻く。
しばらくトラバースが続くが、ザレ場のトラバースなので慎重に進む。
上方の物音でびっくりして見上げると、猪みたいな黒い物体?が斜面を横切った。

よく見ると、いのししではなく、ニホンカモシカだった。
カモシカはなかなか逃げない動物で、立ち止まってこちらの動きをじっと見ていた。

こちらは不安定な斜面を横切っており、突進されたらたまらない。びくびくしながら、カモシカから逃れた。(^_^;)
奈良尾峠に到着(8:15)。警告を見て気も引き締まる。これから天理岳目指して天武将尾根を進む。
植林の尾根を進み、しばらくすると広葉樹に変わり、高度を上げて行く。

まばゆいばかりの新緑。この辺りからツツジが散見されるようになってきた。
徐々に斜度も上がり、岩も目立ってきた。
山と高原地図に記載の最初の”危険”ポイントの岩場(8:36)。右に巻き道(右写真)もあるような感じでしたが、そのまま直登。

こんな感じのヤセ尾根で、左側はスパッと切れ落ちているが、足場・ホールドは多いようである。
岩場の上部からは両神山や辺見岳方面の展望が開ける。立っているだけで、緊張を強いられる場所だが、立ち止まって見とれてしまう。
それにしても最終的に目指す両神山は遥か彼方。遠い。。。(^_^;)

緊張を強いられるヤセた岩稜が続くが、花を見ると心が和む。
右に巻き道が現れた(8:46)。ここがネットで危険ポイントといわれている危惧していた箇所である。

この先には大きな岩があり、それほど傾斜があるわけでもなく進めそうである(左側はスパッと切れてて怖いが。。)が、ネットでいわれている巻き道の先にある危険ポイントも体験しておきたいので、少し戻り巻き道を進む。

ここが件の場所。斜面にへばり付き、尾根まで復帰する箇所のようだが、手がかりはある。木の根を掴みながらよじ登って行く。
尾根に復帰。相変わらずヤセた岩稜が続く。

両神山の眺めがよい。すでにしんどいが、あの頂に立てるのは何時間後のことか。。。
まだ700m程度の標高差があるが、この先、何度、アップダウンが続くのか。。。(^_^;)
前方の展望が効きそうな場所に出た。ここから二子山が遠望できる。

真正面に、これから目指す天理岳が初めて確認できた。手前のピークが1083m峰で、その奥左側に見えるのが天理岳のようである。
この見晴らしのよい岩稜は行き止まり。先は左写真のような感じで10m程度の崖のため、少し戻って進行方向左に巻くとスズタケが現れた。
それにしてもコース上の2つ目の”危険”ポイントはどこだったのか、全くそのような感じの箇所はなかったと思われる。

ヤセた岩稜が続くので、危険に対する感覚は少し麻痺しているかもしれない。(^_^;)

足元はこんな感じ。右も左も落ちたらしゃれにならない。。。
1,083mの三角点に到着(9:34)。左側が植林に変わるが、なぜかホッとする。

黄色のダブルテープ?左は尾根のようだ。ここから一般ルートへ下る下降点であろう。鳥獣保護の赤い看板が落ちていた。
目の前に天理岳山頂部が聳え立つが、山頂直下にあるはずの鎖場がよく分からない。
右写真(山頂直下)の箇所で上へ向かう微かな道があり、そちらへ進む。

ここが天理岳山頂直下の鎖場。急斜面が10mほど続くが、鎖は掴まなかった。

天理岳の山頂に到着(9:56)。本日の目的のひとつが無事に達成できた。
残る目的は天武将尾根を歩き切ること。天理岳は2つのピークがあり、ここは南峰。北峰へは看板の後ろを進む。

次の目的地の両神山も心なしか近づいてきた感じがするが、まだまだ先。
山頂で軽く食事休憩。次は北峰へ行ってみよう。北峰へは5m程度下って登り返すだけ。南峰と北峰のコルの西側が天武将尾根への下降点。
ネットではここが分かり難いということだが、現在は赤のダブルテープが張り巡らされ分かり易い。
こちらが北峰。お社が祀られている。

八丁峠に向かう山稜上の西岳などがはっきり見えるようになってきた。