和名倉山
Mt.Wanakura
わなくらやま
標 高
2,036m
所在地
埼玉県
日 程
2013年7月7日(日) 天気:晴れ
コース
サメ沢橋駐車位置(6:36)→登山口(7:50)→仁田小屋(8:19)→イヌブナ平(9:03)→仁田小屋ノ頭(9:26)→松葉沢ノ頭(10:17)→和名倉山(11:31)→松葉沢ノ頭(12:28)→仁田小屋ノ頭(12:55)→イヌブナ平(13:05)→仁田小屋(13:44)→登山口(14:12)→サメ沢橋駐車位置(15:45)
コース図
駐車場
サメ沢橋手前路上駐車スペース
温泉他

山行記

今回はどこの山にしようか、思案していたところ、ハイトスさんのレポを拝見し、お勧めコースを教えていただいた。
和名倉山は埼玉県内で山頂が県境にない山での最高峰。巨大な山塊で、アプローチには時間が掛かり、日帰りでは辛い山になる。
以前にも一度、和名倉山を訪れているが、その時にも20kmほど歩いている。
また、過去に遭難事故も多く厳しい山である。そんな山頂に向かうルートはいくつかあるが、最短時間で到達出来るとされる仁田小屋尾根ルートというのがある。 ネットで調べてみると、往復で10km強、確かに他のルートに比べれば、半分程度。標高差はあるが、和名倉山ということで、歩き甲斐はありそうだ。
そこで、仁田小屋尾根を歩いてみることにした。

昨日は関東甲信越の梅雨明けとなった。例年よりもかなり早い。予報は晴れとなっており、熱中症に気を付けなければならない。そこで水は3リットル持つことにした。重くなるけどしかたない。 距離は短いとはいえ、楽な山ではないので、早朝の涼しい時間帯から登りたいが、いつものごとく、出発が遅れてしまった。
雲取林道に入り、駐車スペースを目指して進むも、途中でゲートが閉められており、進めなくなった。
え、ここはどこだと現在地を確認すると、駐車場の6km程手前ではないか。ここから取り付きまで、歩くと往復で12kmのプラスになる。どうしょう?

今の時間が6時半を過ぎている。林道をこのまま歩いて、登山口まで1時間半歩くのか。。。
突如として最短距離ではなくなり、20kmを超すロングコースとなってしまったがしかたがない。山深い自然を楽しみながら、のんびり歩き、嫌になったら引き返せばよい。 和名倉山は一度訪れたことがあるので、山頂にこだわりはない。

周りを見渡すと、空いたスペースに車が数台止まっている。皆さん、和名倉山を目指すのだろうか、それとも雲取山か、どちらにしても、ここからスタートするなんて、気合の入っている人ばかりである。
車を停めるスペースがなく、どこに止めようか悩んでいると、出発の準備をされている方が、スペースを作っていただき、そちらに止める。
この方、マウンテンバイクを組み立ている。なるほど、このようなアイテムがあると便利だな、と思いつつ、 どちらに向かわれるのか、お聞きすると、雲取山とおっしゃった。 雲取山への一般ルートはなく、どこを登られるのか、非常に興味があり、お聞きすると荒沢谷を上り詰めて向かわれるとのこと。 沢登りですか。。。
なるほど、私には想像も出来ない世界である。他には釣り人が多いとお聞きした。
一般的なハイカーは少ないようであるが、まずは取り付きまで向かう。
林道歩きは準備運動にちょうどいいかなと、自分に言い聞かせ歩けどもなかなか着かない。テクテクと林道を1時間以上も歩く。
だいぶ気温も上がってきたし、このまま引き返して、手軽に歩ける妙法ケ岳あたりに変更していいかなと考えながら、歩いているとじきに取り付きに到着。
すでに疲れており、気温も益々上昇し、かなりテンションも下がってきた。
熱中症に気を付けなければならないが、途中で気分が悪くなったら、引き返そうと歩き始めた。

始めは植林の急登となり、息は切れるが、九十九折で高度を稼げるので、嫌いではないパターン。取り付きから2時間も歩くと、周りも様変わりして、ブナの広葉樹林が広がりだす。所々、スズタケの密集地を進むが、けもの道があちこち広がり、注意しないと迷い込んでしまう。
それに熊の糞も所々で目に付く。樹皮が捲られている木々も多く、どれもが真新しい。
う〜む、ここは明らかにクマの生息地である。いつもは鈴を2つ持ってくるのだが、こんな日に限って、なぜかひとつ忘れてしまった。リュックにぶら下げているだけでは、あまり鳴り響かないので、手に持って振りながら歩いた。今までそんなことをした事はないが、周りに漂う気配を感じるのか、恐怖心からか気付いたらそうしていた。

鬱陶しいスズタケを抜けると、奥秩父の高山らしくカラマツなどが広がり出し、気持ちの良い尾根歩きとなるが、コバエが周りに纏わりついて、おちおちと休んでもいられない。標高も2,000mを超えると、苔むした原生林の様相を呈して、じきに山頂に辿り着いた。
展望の効かない山頂では、相変わらずコバエがうるさく、早々に昼食を済ませて下山する事にした。

下りは往路を戻るだけだが、少し進んだ所で鈴の音がしない事に気付く。
やばい、何処かに落としたようだ。普段はそれほど気にはならないが、今回は別だ。引き返して探そうかとも考えたが、時間が勿体無いのと、これ以上疲れたくないので諦めた。 スズタケのなかは見通しも効かず、怖いので鈴を鳴らす代わりに歌を歌いながら通過する。

松葉沢ノ頭まで戻ると、開けたカラマツ林となり、のんびり歩いていると、右前方に黒い塊が見えた。
何だ?往路ではそんなもの見た記憶がないのだが、朽ち果てた根っこかなと、見るともなしに歩いていると、少し動いたように感じた。

え!まさか…

立ち止まって注視するとモコモコした黒い毛で覆われている。

やばい、クマである。一瞬にして凍り付いてしまった。う〜む、まさか本当に出逢うとは…

クマは少しコースから外れた所にいるが、そのまま進むと絶対に気付かれるし、どうやり過ごすか、その場に立ちすくみ思案にくれた。
ここから、距離にして40m程度、体高約50cm、体長約1m弱。頭は木に隠れているが、餌でも食べているのだろうか。何かに夢中になっているようだ。
ここで大声を出して威嚇するか。でも、そんな事して驚かれでもしたら、おそらく襲われるだろう。その時に対抗出来るだろうか。ストック2本持っているが、向かって来られたら、なす術もなしか。
人間をエサとは認識しないから、最初の攻撃を凌げれば、助かるかもしれないと、何かで読んだのを思い出したり、以外と冷静に色々な事を考える余裕があった。
しかし、この場でこちらの存在を知らせるのは得策ではない。そこで少し引き返し、50m程度戻ったところで音で気付かせようと、iPhoneに登録している曲をフルボリュームで流しながら、再度、尾根を進む。かなりの大音量である。
これなら、ビックリして逃げてくれるだろう。クマの方に意識を集中して、クマから見えないルートを進む。
開けたカラマツ林を抜けると、スズタケの密集地帯に入るが、クマが棲息している雰囲気満載である。 追っかけられている感じはしないが、なるべく急ぎ足で進んだ。30分程経過してイヌブナ平あたりまで、下りてくると少し安心したが。。。
気が緩み道を間違えた。。。(^_^;)
テープもなければ、道もない。慎重に方向を確かめ、正しい方向に軌道修正し、何とか無事に取り付きまで辿り着き、ホッとした。

なんとも侮れないルートである。
雲取林道は、落石の状況から今後もサメ沢橋あたりでの通行止めは変わらないと思うので、仁田小屋尾根ルートは、林道歩きを覚悟する必要があると思われる。 コース自体は全般的にテープは多く、それを見失わなければ良いが、ガスったりしたら、一気に難易度は上がるだろう。
このルートは下図の通り、「山と高原地図」でも紹介されておらず、簡単ルートではないと思われるので気を付けないといけない。

この日、このルートで他の登山者とは会わず、その代り、クマ1頭、鹿3頭、ニホンザル多数を見かけた。

それにしても最後の林道は余計というか、辛かった。
久しぶりのロングコース、楽しめたが、この時期に歩くべきではなかったか。。。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。


アルバム

予定よりもかなり手前で通行止めとなる。空いたスペースに車を停めて、6km程先の和名倉山への取り付き部を目指す(6:36)。
青い車の方は、沢を登り詰めて雲取山を目指すとおっしゃっていた。エキスパートの世界である。
私は和名倉山とお伝えすると、「市ノ沢を登るのですか」と言われたが、???である。
景色を楽しみながら、準備運動がてらのんびりと林道を進む。しかし、ここの崩壊具合というか、落石具合はすごい。ここを車で通るのは勇気がいる。
それにしても、先ほどの方は颯爽とMTBで登山口に向かわれたが、うらやましい。。。(^_^;)
約1時間歩いて、本来、車を停める予定の場所に到着。
おおぼら橋を渡り、取り付きを目指して、さらに林道を進むが、ここの崩壊具合もすごい。
山深い所へやってきました。「ふれあいの森林」の看板の先に取り付きがある。
沢に掛かる橋の手前が取り付き。ここから山に入る(7:50)。
やっとたどり着いた。すでに疲れてテンションが下がっている。(^_^;)
これから、1,000m以上も登るのか。。。
のっけからの急登を九十九折に進むと、作業小屋のようなところを通過する。
食害除けのネットを通過して、ほどなく歩くと仁田小屋に出る(8:19)。
ここで少し休憩。しかし、暑い。。。熱中症に気を付けなければ。。
しばらくは植林の急登が続く。1時間も登るとブナなどの広葉樹林が広がり出す。
しばらくすると枯れたスズタケも現れだす。こんなマイナーなルートに似つかわしくない案内版(^_^;)
イヌブナ平に到着(9:03)。歩き出してすでに2時間以上経過。シャリバテにならないように、ここで食事休憩。
スズタケがうるさくなってきたが道ははっきりしている。けもの道が多く紛らわしいが、上を目指して尾根を進む。
このあたり、クマの糞が多く、樹皮のめくられた木々が多いが、どれも真新しい。
鈴をひとつしか用意しておらず、手に持ち替えてジャラジャラ鳴らしながら進む。
仁田小屋ノ頭に到着(9:26)。ここから松葉沢ノ頭まで、スズタケの中を進む。
けもの道が多いが、ここは尾根の上に続く道を進むだけである。
スズタケで覆われたところは先人が紐で束ねてくれている。それでも長袖着用で目は保護した方が良いと思う。
鬱陶しいスズタケを抜けると、カラマツ林の幅広い尾根に出る。気持ちの良い場所である。ここでひとまず休憩を取る。
しばらく進み「松葉沢ノ頭」の看板あたりから進路を北へ変え、下って行く。
ブルーシートのあるコルまで進み、登り返すとスズタケの密集地帯に突入。ここの辺りが一番鬱陶しい。テープに注意して進む。
スズタケを抜けるとワイヤーの残骸が散らかる場所を通過する。左写真はスズタケを抜けた所。
ここは左前方に進むが、右前方にルートがあるが、そちらに入り込んではだめ。
私はそちらへ進み、道を誤った。
昔、山火事にあった長い斜面を登って行く。コバエが纏わり付き、うるさいので休みなく一気に登るが疲れる。。。
登り詰めた所がナシ尾根との分岐(右写真)(11:06)
ナシ尾根との分岐を西(左)に向かい、和名倉山山頂を目指す。
周りが原生林の様相を呈してくると、じきに山頂に到着(11:31)
疲れた。。。全く展望の効かない山頂では特に感慨深いものもなく、というか、達成感はそれほど感じられず、ここまで頑張った苦労が報わらない山頂である(汗)
ここでもコバエがうるさく、身の周りに20匹以上いただろうか。(T_T)
なので、急いで昼食を済ませて往路をそのまま戻る。