吉田山
Mt.Yoshida
よしだやま
標 高
445m
所在地
埼玉県飯能市
日 程
2013年10月19日(土) 天気:曇り/一時雨
コース
東郷公園第2駐車場(9:20)→秩父御嶽神社(9:54)→吉田山(10:12)→(食事休憩)→御嶽神社(10:55)→東郷公園第2駐車場(11:27)
コース図
駐車場
東郷公園第2駐車場
温泉他

山行記

本日は本陣山、イモリ山の山行に続く2つ目の山行である。 本陣山・イモリ山の詳細は→ こちら
さて、どこを歩こうか。あまり時間がない。
奥武蔵の近辺には、その山自体を目的地と考えていないが、何かのついでに寄りたい山は結構ある。 そんな山々のストックから奥武蔵の吉田山を選んだ。

ただし、吉田山もかなり地味なので、これだけではやはり消化不良の山行となることが目に見えている。そこで、神社・仏閣など名跡とセットにしたいところだが、吉田山の途中には東郷公園秩父御嶽神社があるので都合がよい。
東郷公園秩父御嶽神社は東郷平八郎を祀った近年開山した神社で、もみじで有名なところだ。境内は広くて見所も多く、こちらがメインになりそうだ。
園内には日露戦争の遺物や後の海軍省より下腸された記念品が点在し、社殿も多い。公園全体が山の斜面に広がり、公園内の移動は基本的にアップダウンになるので、意外と大変だが運動には丁度良い。

一番高い所に位置する秩父御嶽神社本殿の裏手から吉田山まではあっけなかった。 吉田山山行というよりも秩父御嶽神社巡りとなってしまった。
山頂は想像通りの寂しさであったが、山頂をひとり独占して食べたカップ麺は美味しかった。
先ほどのイモリ山から吉田山までは尾根伝いなので、尾根を歩きてきた方が、わざわざ下山して電車と車で乗り継いで登ってくるよりは早かったようだ。このコース、伊豆ケ岳や子の権現をメインに通過点として、歩けばもうちょっと魅力はアップしただろうが。。。
それでも、深田久弥氏、曰く『百の頂に、百の喜びあり』
山頂はよいものである。来れてよかった。
この日は「何かのついでストック」を3つ減らせた。不良在庫にならずに済んだ。(^_^;)

先ほどの本陣山・イモリ山と同じように吉田山でも、誰とも会わず静かな山歩きとなったが、神社も参拝客はほとんどおらず、すれ違ったのは、3人程度であった。

下山後、近くにある「浅見茶屋」で手打うどんを頂く。吉田山山頂でご飯を食べたばかりというのに。。。
山に来ると太るばかりで全然痩せない。私にとって山歩きはダイエット効果は全くないのだと思う。(^_^;)
しかし、「浅見茶屋」のうどんの味もさることながら、レトロな雰囲気といい、期待以上のお店だった。先代のおじいさんは愛嬌があって、駐車場では誘導してくれ、店に訪れたことを何度もお礼を受け、帰りも車中の私に手を振っていただき、こちらが恐縮してしまう。(^_^;)
店の中でもお客さんと世間話が切れない。(^_^;)
あのおじいさんに会いたくて再訪する人も多いのだろう。

秩父御嶽神社は紅葉まつりというイベントがあり、夜はライトアップされるようである。その時に再度訪れたいものである。

さて、来週も奥武蔵を歩く予定。 武蔵越生ハイキング大会に申し込んでいる。定員4000名の大イベント。16kmと22kmの2種類のコースがある。もちろん22kmの『健脚顔振峠パノラマコース』を歩きたい。以前参加した時は雨天だったので、今年は晴天を期待したいが、果たして無事に完歩できるか。
それでも、あの泣く子も黙る42km行軍?秩父七峰ハイキングよりは楽しめるか。(^_^;)

アルバム

秩父御嶽神社の広い第2駐車場に車を停める。

ここの神社は近年開山されたもので、境内は非常に広い。山の斜面にいくつもの社殿がある。折角だからいろいろと探索してみよう。

境内は階段とスロープ状の巻き道があり、なかなか歩き甲斐がある。
看板もレトロチックで惹かれるものがある。
恒例の狛犬たち。(^_^;) なかなか凛々しい。
手水舎で清めて先に進む。

山道らしくなってきたが、まだまだ神社の境内。

三笠山神社にて。
ここが本殿手前の368段の長い石段。ただ登るだけではつまらない。一段抜かしで登ってみよう。

秩父御嶽神社本殿に到着。ここが境内で一番の標高になるが、奥の院といった感じである。
本殿からはスカイツリーが見えるらしいが、この日は当然見えず。。。
ここには「幸せの鐘」という梵鐘があり、「一つ打つとき神に通じ、二つ打つとき幸せを呼ぶ、三つ打つとき平和を招く」とそんな説明があった。
そこで早速三つ鳴らした。(^_^)
吉田山へは本殿の裏に続く尾根に、本殿の右手より進む。

尾根伝いに登っていく。
途中、通行止とペイントされているピークを右に曲がる。真っ直ぐ方向は有刺鉄線が張ってある。

吉田山に到着。展望は効かない寂しい山頂である。
木に山名が彫ってある??
さて、この山頂から北西に稜線が続いており、少し行った先は城址らしいので進んでみる。
堀切のような尾根が分断された箇所(左写真)を抜けると右写真のような所に出たが、城址を思わせるような形跡はなさそうだ。
素人が見ても分からないが。。
吉田山に戻り、食事休憩。右写真は小床峠から子の権現に続く稜線。
イモリ山からここへはほぼ同じ稜線伝いで来れるので、わざわざ電車と車で移動する必要はなかったようだ。(^_^;)
食事も終わり秩父御嶽神社へ戻る。

ここはもみじが多く、毎年11月にもみじ祭りを開催しているようだが、現状はまったく紅葉が進んでいないようである。

本殿から始まる368段の石段。結構急である。

こちらは北方面。奥武蔵グリーンラインに連なる山々が見渡せる。右奥に見えるピークは越上山かな。
来週はあの辺りを歩く予定だ。

もみじ@

もみじA

東郷平八郎元帥の銅像
駐車場に戻ってきた。今度は紅葉の時期に訪れたいものである。

そして、以前から立ち寄ってみたかった「浅見茶屋」に向かった。

店の古風な佇まいは周りの風景に溶け込んでいる。ここは知る人ぞ知る老舗の手打うどん屋さんである。
安政二年に建てられた古民家で昭和7年創業。店の中もレトロチックで歴史を感じさせるアイテムのオンパレード。
店の中を見学するだけでも寄る価値があるかも。
ざるうどんを注文。腰があって美味しく頂いた。今度は冬期限定の鍋焼きうどんを食べてみたい。
それにしてもここに置いて子供向けの雑誌も古く、目の前の雑誌にくぎ付けになった。
大空魔竜ガイキング。我々世代にとって非常に懐かしい。。。
これも一見の価値ありかな。(^_^;)