鼻曲山
Mt.Hanamagari
はなまがりやま
標 高
447.3m
所在地
埼玉県
日 程
2014年8月17日(日) 天気:霧雨/曇り
コース
駐車場(7:52)→顔振峠(8:38)→諏訪神社(8:54)(8min休憩)→越上山(9:13)(7min休憩)→カイ立場(10:01)→鼻曲山(10:21)(10min休憩)→桂木観音(11:21)(5min休憩)→駐車場(12:18)
コース図
駐車場
熊野神社前無料駐車場
温泉他

山行記

お盆休暇も終わろうとしている。折角なので1日くらい山に行きたい。
晴れれば南アルプスか、八ヶ岳辺りに行こうと考えていたが、前線が停滞している影響でどの日も雨予報。 墓参りやその他の用事で気づけば土曜日。残す休みも日曜日だけとなったがその日も雨予報。

秩父方面が辛うじて終日曇りで雨は回避出来そうだが、前夜は雨が降るようなので、藪っぽいところは避けたい。少しでも標高の高いところで、久しぶりの武甲山がよいかもしれない。
2月の大雪の影響で通行止めだった橋立ルートが開通したようだし、歩いたことがないので行ってみたい、また、それならば高ワラビ尾根を歩いて、橋立ルートを下る周回コースにしようと欲が出てきた。
この暑い中、ロングコースはしんどそうだけど、思い立った時を逃すといつになるか分からないので、この際、懸案の一つをクリアしたい。
しかし、乾徳山で体験した脱水症状のようなことが再現するのかどうかが少し気がかりではある。前回のような炎天下となることはないと思うが、水分を多めに3.5リットル持っていこう。

そして日曜日、朝起き出すと雨がぱらついている嫌な感じである。
こんなコンデションでは歩きたくはないのだが、現地での天候に期待して、R299を秩父に向かい車を走らせるが、一向にワイパーが止まることがない。
帰りたい気持ちも起きつつ、芦ヶ久保の道の駅で車を降りると、結構降っており山の上の方はガスって真っ白。
この状況で武甲山かなぁ〜。売りでもある秩父の町が一望出来る展望が楽しめないし、辛いだけしと、行きたくない言い訳ばかりが思い付き、結局、武甲山は諦めた。移動するのも面倒なので、道の駅から歩ける丸山辺りを小一時間歩けばよいだろうと、準備して歩き始めるが、霧雨とはいえウェアやリュックに染み込みそうな雨足。始めからレインウェアは着たくないし、おまけに傘も忘れた。歩き始めて早々に嫌になって中止。ここは諦めて引き返そう。

R299を引き返すと、次第に雨も弱まりワイパーも止められるようになってきた。
往生際の悪い私は、それならば越生辺りで、行ったことのない鼻曲山を歩いてみようと、黒山三滝の駐車場に向かった。
天候もどう変わるかわからないから、地図をチェックして2時間程度で歩けるコースを選定した。武甲山から変更した旨、奥さんにメールして歩き始める。 山上は霧の中だが、霧雨もさほど気にする程のことはない。途中で降り出したら、レインウェアを着ればよいだろうと歩き出すと、次第に雨も上がってきた。
時間的にも余裕があるし、それならばとまた欲を出てきた。少し遠回りして、顔振峠から越上山も歩いてみようと計画変更し、結局、4時間以上の歩きとなった。
思いのほか暑くはなかったが、一部のルートでの下草が繁茂したところでは濡れながら、そして蜘蛛の巣との戦いながらの歩きとなった(^_^;)

結局、摂取した水分は1リットルほどだが、今日は足の調子も快調で攣りそうになることもなかった。
山は来るたびに表情を変えるが、それぞれに味わいがあると思う。この日もあいにくの天気だったが、この天候ならではの奥武蔵の山を楽しめた。やはり地元ともいえる奥武蔵はいいな〜。

紫色のログが辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

熊野神社駐車場に駐車し、霧雨がパラつく中を歩き出す。突き当りを黒山三滝へ向かわずに左に曲がり、渋沢平九郎自決之地の前を通る。
山上は霧が掛かっているが、歩いているうちに麓では霧雨も止んだようである。ここでスパッツを装着し、ミラーのところを右へ曲がり顔振峠を目指して山道に入る。
高度が増すにつれ霧が濃くなりじめじめしてきた。。
林道から30分程で顔振峠に到着。300m程度を登って来ただけだが、すでに汗びょっしょり。

顔振峠の謂れ。二十二歳で自決した先ほどの渋沢平九郎についても記載されている。
晴れていれば見える奥武蔵の山並みや遠く富士山の展望もご覧の通り。
しばらくは舗装された奥武蔵グリーンラインを東へ向かう。
諏訪神社の案内標に従い、左へそれて山道を歩く。
山道に入り7〜8分も歩くと諏訪神社に到着。

諏訪神社の広い境内。ここにはトイレ(左奥)がある。かなりガスっていて見えずらいが、トイレの前にハイカーさんが休まれている。
そういえば、諏訪神社の広い境内から越辺川の源流を抜けて黒山に降りる標識が見当たらない。 「たくさんの滝があります」とか、非常に興味をそそる標識で、ついつい誘い込まれ、当時はえらい目に合ったのだが撤去されたようだ。
標識のあったと思われるところは道型すら分からない状態になっているが、遭難者を減らすという面では賢明な処置だと思う。
境内の奥には駐車場があり、その奥から山道が続く。 先ほどのハイカーさんは、越生駅から吾野駅まで縦走されるようである。
本日初めてお会いしたハイカーさん。
しばらく歩くと右側に鳥居があり、すぐ上にあるのは諏訪神社の奥社であろうか。

先ほどの鳥居から2分も歩くと越上山との分岐。越上山までは10分弱程の距離。進行方向は右側だが折角なので、ここからピストンする。

越上山への標高差は大したことはないが、結構な急登が続く。
途中に石碑や諏訪神社の奥社であろうか、お社が鎮座している。
越上山山頂部手前の岩場を越えると越上山にたどり着く。
霧の立ち込めた越上山山頂は周囲を植林に囲まれ展望が効かない。ここでプチ休憩後、来た道を戻る。
左側は崖のようになっているが下から人の話し声がする。こんなところを登ってくるのか。それとも別の方角から聞こえてくるのか、あるいは遭難者か?耳を澄まして聞いてみるとSOSを求めているような調子ではない。しばらく待ってみたのだが、声はすれど一向に近づいてくる気配はないので先に進む。
分岐まで戻り、次は一本杉峠を目指して整備された道をしばらく進む、右写真のカーブしている左下から、またしても人の声がはっきりと聞こえていた。
よくよく聞いてみると、NHKの甲子園高校野球中継だった。50m圏内で聞こえているように思えるので、目を凝らして探してみるが、人の姿は見えず。こんなところをわざわざ歩く人がいるとは思えないが、林業関係者だったのだろうか。
分岐から12〜13分程度で、舗装された林道に出た。
この林道は突っ切って先に進む。
この先から山と高原地図では難路とされる破線ルートとなる。この破線ルートは経験上、当たり外れがあるのだが、ここは標識がしっかりと設置され、道型もはっきりして歩き易かった。持っている地図は古いので、最近の地図では実線ルートになっているのかもしれない。
毛呂山町が設置している標識はどこも真新しく、毛呂山町のマスコットキャラクターのもろ丸くんがなんとも可愛い(笑)

一本松峠に到着。林道から6分くらいで辿り着いた。
一本杉峠から、次はカイ立場と呼ばれる四辻を目指す。