檜洞丸
Mt.Hinokibora
ひのきぼらまる
標 高
1,601m
所在地
神奈川県
日 程
2014年11月15日(土) 天気:晴れ
コース
西丹沢自然教室(7:32)→ゴーラ沢出合(8:24)→展望園地(9:10)(8min休憩)→檜洞丸(10:31)(60min休憩)→神の川分岐(12:03)→犬越路(13:23)(12min休憩)→用木沢出合(14:29)→西丹沢自然教室(14:54)
コース図
駐車場
西丹沢自然教室
温泉他

山行記

今回はinoueさんと5月の杓子山以来の山行。
圏央道が中央道から東名道まで開通し、埼玉から丹沢山地へのアクセスが格段と楽になった。圏央道を使って東名道方面に行きましょうと、以前からお話していたのが実現する運びとなった。
そして、向かった先は西丹沢。 丹沢は先月に続く2回目だが、山のチョイスもコース設定も全てinoueさんにお任せ。ご提示いただいたのが檜洞丸。
檜洞丸という珍しい山名くらいは知っていたが、まず自分だけでは足が向くことのない山だ。
コースをお聞きし、ネットで調べてみると、何だかバラエティに富んだ山行が楽しめそうだ。距離的にも歩きごたえがありそう。
当日の天気は晴れ予報。まだ山腹では紅葉が楽しめるかもしれない。そして丹沢といえば富士山や相模湾の眺望が楽しめそうだ。そんな期待も膨らむ。

さて朝5時に自宅まで迎えに来ていただき、本日の基点となる西丹沢自然教室へ向かう。圏央道から東名道と乗り継ぎ、大井松田IC手前で、突如として現れる富士山にテンションも上がり、眠気も覚める。
大井松田ICで東名道を下り、ほどなくすると丹沢の山々に囲まれた西丹沢自然教室に到着。そこから見上げる山腹は黄色や赤色に染まり、まだ紅葉も期待できそうだ。歩き始めはゴーラ沢出合を目指して、落ち葉の敷き詰められた遊歩道のような緩やかな道を進む。ゴーラ沢出合で沢を渡渉すると、つつじ新道が始まる。しばらくすると赤や橙など絵の具で染めたような鮮やかな紅葉が散見されるようになる。これがまた良い雰囲気。登りの疲れも癒されるようである。
息を切らしながら、つつじ新道を登り詰めると、次第に富士山や丹沢の山々が見られるようになる。 思わず色めきだって、ついつい見入ってしまうが、辺りは霜柱が立ち並び、じっとしていると肌寒く感じるほどだ。展望を楽しみながら木道を進むと、じきに檜洞丸にたどり着いた。

山頂に生い茂るブナの木々は、すっかりと冬枯れして、冬の訪れを感じさせる。この日は大して風は吹いておらず、思いのほか過ごしやすい。
広い山頂にはベンチが幾つかあるが、どこもハイカーが使っており、唯一空いていたベンチを確保した。
先日歩いた塔ノ岳から丹沢山へ続く稜線や、相模湾の展望を楽しむ。お湯を沸かして暖かい食事を取ると体も暖まり、まったりとした贅沢な時が過ごせたが、ついつい長居をしてしまった。

檜洞丸からは犬越路へを目指すが、つつじ新道とは打って変わり、ヤセ尾根、クサリ場、ハシゴなどスリル溢れる稜線歩きが楽しめた。 稜線歩きを満喫して、もう十分かなといったところで、犬越路と呼ばれる峠に着く。 振り返ると檜洞丸から歩いてきた稜線が見渡せる。ここでしばしの休憩を取る。犬越路からは自然林に覆われた谷間を下り、東海自然歩道と呼ばれる沢沿いの気持ちの良いハイキング道を楽しんだ。

今回のコースはいろいろな山の楽しみが凝縮されたコースで、丹沢の雰囲気が味わえるお勧めコースではないかと思う。ツツジが楽しめる初夏もお勧めかもしれない。 コースを選定していただいたinoueさんには感謝である。
単独山行ではついつい忙しない歩きとなり、のんびりと休むことも少ないが、今回はゆっくりと楽しめた。
次回は北ですか。楽しみにしております。

アルバム

西丹沢自然教室に到着。駐車スペースはご覧の通り。準備している間にも路駐の列がどんどん長くなる。
ゴーラ沢出合に向かい山道を進む。檜洞丸まで4.8km
落ち葉が敷き詰められた気持ちの良い巻き道を進む。

こんな道を歩きながら山頂までたどり着ければ、最高なんだけどな〜と、おしゃべりも弾む(^_^)

なだらかな巻き道を2kmほど歩き、間近に沢の音が聞こえるとゴーラ沢出合に近い。
ここは有名な渡渉ポイント。水量が多いと靴を脱いで渡る必要が出てくる。

ここ2〜3日は降雨もなく、特に濡れずに渡渉できた。適当なところを足を滑らせないように慎重に渡る。
対岸に渡り、つつじ新道と呼ばれる尾根道を登る。今までは遊歩道で、ここからが登山道という感じである。
所々に鎖が渡してあって、親切な尾根道を進み高度を稼ぐ。

標高1,000m程度まで登ると周りの紅葉も良い感じになってきた。

ついつい見とれてしまい、足も遅くなる(^_^;)
朝日を浴びて汗ばみながら急登を進むと、徐々に丹沢の山々が見渡せるようになる。後方には雲一つない富士山が見える。
つつじ新道をしばらく進むと展望台にたどり着く。お腹に空いてきたので、軽い食事休憩を取る。

展望台から見る富士山。

富士山
部分的に岩場があるが、つつじ新道は概ね歩き易い。
標高1.200mほど登ると、辺りに霜柱が多く立ち並び、足元がぬかるんできた。檜洞丸が前方に見える。標高差もさほどなく、あと800mの歩き。

雲一つない富士山。裾野まで見渡すことができる富士山の景観は丹沢ならでは。しかし、富士山の存在感はすごい。他の山々を圧倒している。

富士山手前に山中湖が微かに見えた。
稜線上の木道歩きが始まると檜洞丸は近い。右側には相模湾や伊豆大島が遠望できる。
檜洞丸に到着。山頂に向かうコースはいくつかあるようだが、多くのハイカーが四方から続々とやって来られる。

山頂の祠
冬枯れした広い山頂にて、昼食タイム。ionueさんから頂いた味噌汁美味しかった(^_^)
山頂から東に少し下ると、青ヶ岳山荘。
コーラ(500ml)が500円。う〜む、買えないな〜(^_^;)
丹沢山でご一緒したNさんなら、間違いなく買っていただろう(笑)

目の前には、蛭ヶ岳から先日歩いた丹沢山、塔ノ岳へと繋がる稜線が見渡せる。

陽の光りに輝く相模湾が南に望めた。奥には伊豆大島が遠望できる。

真鶴から熱海、伊東に続く沿岸部。真鶴半島や初島も見えた。
1時間程休憩し、次の目的地である犬越路を目指す。つつじ新道に比べて危険個所が多いため、注意するようにとあった。