猪狩山,秩父御岳山
Mt.Ikari,MT.chichibuontake
いかりさん、ちちぶおんたけさん
標 高
822m,1,081m
所在地
埼玉県
日 程
2014年12月23日(土) 天気:晴れ
コース
三峰口駅(7:45)→(町営バス)→古池バス停(8:01)→猪狩神社(8:07)(15min休憩)→猪狩神社奥宮(9:07)(5min休憩)→猪狩山(9:28)→秩父御岳山(10:36)(40min休憩)→杉ノ峠(12:04)→三峰口(13:18)
コース図
駐車場
温泉他

山行記

今年も怪我もなく様々な山を歩くことができた。思い返すとどの山も印象深く甲乙付けがたい。
私にとっては3,000mを超えるよう山々も、植林に覆われた裏山といった低山も大した違いはない。どの山もそこでしか体験できない味わいや感動がある。そんなものを求めて歩いているのかもしれないのだが、2014年も残すところ、あと僅か。今年こそはと考えていたが行けずじまいの山が多く残った。むしろそんな山が年々課題として増えているが、いつもの通り、来年こそは、となり翌年の課題となる。

ここのところ車の調子が悪ったりで山に行けなかった。
たまには電車やバスなどの公共機関を利用してみたい気持ちはあるのだが、なかなか踏ん切りがつかず1ヶ月ほど山に行けない日々が続いた。
そんな時にたそがれ親父さんの記事で期間限定での秩父鉄道フリーきっぷの存在を知った。
家から秩父鉄道を使う場合は寄居経由が早いが、秩父側の終点である三峰口までだとフリーきっぷを使うことで節約になる。通勤電車とは雰囲気も違うし、秩父鉄道に乗って旅情なようなものを味わってみようか。ということで、フリーきっぷ、使ってみよう。そして目指すべき山は?
たそがれ親父さんの歩かれたルートも、実は今年の課題としていた山であったが、今一つ気が進まず行けずじまいだった。しかし記事を拝見するとスリルがあって、歩きごたえがありそう。来年はカタクリや桜の時期に若御子神社も含めて訪れてみたい。という山が本当に多い(^_^;)
さて、せっかくのフリーきっぷ、フル活用するために終点の三峰口まで使って長旅を楽しみたい。三峰口を基点とした場合、猪狩山という山がある。麓には猪狩神社があり、狼信仰でも有名なところだ。秩父地区には三峰神社を始め、狼信仰の神社が多いようだ。先日読んだ「オオカミの護符」に、猪狩神社についても詳しく記載されており、一度その空気に触れてみたかった。
三峰口駅からバスで古池まで移動し猪狩神社から猪狩山、御岳山と歩き通して三峰口までの距離であれば半日程度かな。
冬至の翌日とはいえ、日が暮れる前に戻って来れるだろうと、猪狩山に決めた。

朝は暗いうちから東上線に乗り込み、小川町で電車を乗り換える頃には明るくなりだした。寄居で秩父鉄道に乗り換えるが、駅のホームは空気が冷たく思わず待合室に逃げ込む。そして時間通りにやって来た下り電車に乗り込み、快適な暖房を期待したが。。。
扉が開く度に流れ込んでくる冷気に車内もなかなか温まらない。湯湯婆代わりに買ったお茶も、体が温まる暇もなく、冷たくなってしまった(^_^;)
電車に乗り込んでくる乗客は、高校生や人ばかりで、時間が早いのかハイカーの姿は少ない。 寄居から三峰口までは約1時間。電車に揺られながら文庫本を読んだり、車窓に流れる山並みを眺めたり、時間が経つのが思いのほか早く感じた。
じきに視野に秩父の盟主・武甲山の大きな山容が広がると三峰口も近い。三峰口駅で電車を降りると、周囲の空気は一段と冷たく底冷えする寒さ。秩父に来たことを改めて実感する。
改札を出ると前方に、既に小さな町営バスが、エンジンを掛けて待っていた。慌てて乗り込むとすでに暖房で温まった車内は快適そのもの。乗客は私だけだった。発車までに時間はないのだが、トイレに行きたくなり、運転手さんに、一言断ってトイレに向かう。私一人だけとはいえ助かった。
快適なバスに揺られ、うとうとする。このまま乗っていたいが、10分程で古池バス停に到着。
やっとたどり着いた。電車やバスを乗り継いで2時間半、ここまで旅をした感じである。 既に陽が昇ってから時間が経つが、依然として空気はひんやりとしている。バスを見送り軽く体を動かした。
さあ、これから狼信仰を絡めた山歩きの旅が続く(^_^)

紫色のログが辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

7:45 三峰口駅に到着。ここで下車した乗客は3名。ハイカーは私の他に1名だった。駅の改札を出ると7:48発の町営バスがすでにスタンバイしていた。右写真の真ん中左寄りの奥に見えるコブのようなピークが秩父御岳山。
バスに揺られること10分程で古池バス停に到着。少し戻り猪狩山・御嶽山登山口に向かう。
古池バス停から見える顕著なピークが猪狩山手前の猪狩神社の奥宮と思われる。
まずは猪狩神社に寄ってみよう。「猪狩山」の扁額が掲げられた真っ赤な一の鳥居を通過し、日陰で凍結している路面に注意しながら進む。
続けて二の鳥居から石段を上ると社殿の手前に一対の狼の石像が現れた。

急な石段を上ると猪狩神社社殿。森閑とした境内は空気がしんとして気が引き締まる想いだ。
猪狩神社の扁額。里宮とはいえ、人気がなくひっそりとしている。

猪狩神社の謂れ。日本武尊ご東征のおり、この地を荒らす猪の群れを退治された故事にちなみ、伊弉諾命・伊弉冉尊、後に日本武尊を合祀した社とのこと。

本殿の横には中国の故事である「韓信股くぐり」の彫刻がある。「恥は一時、大志は一生」と詳細なくだりが紹介されていた。
本殿右横には末社がある。そして左側には社務所がある。

牙が生々しい阿形。精悍な佇まいに威厳が溢れる。

こちらは吽形。下から見上げた表情はなんとも優しい。
秩父地方ではお犬様が眷属となっている神社が多い。山の神のお使いで過去に実在した狼がお犬様として崇められているようだ。お犬様の信仰は火難・盗難除けのご利益があると言われている。
狼信仰の象徴でもある狛狼や神社をじっくり拝見した。護符は見かけなかったが、社務所を覗くと狼二体が向かい合った猪狩神社の大口真神の掛軸があった。
狼達が生息していただろう一昔前を偲んで、社務所の左側から登山道へ進む。

始めは植林の斜面を巻きながら登っていく。ピンクテープがこれでもかと続く。
5分も登ると整備中と思われる林道に出る。そこから取り付く斜面もきつくなってきた。
さらに10分程歩くと先ほどの続きと思われる林道に出たが、まだまだ続く急斜面を九十九折に登る。
尾根道になると自然林に多くなり、落ち葉に覆われた足元は見えず、滑って登りづらくなる。汗をかきながら登り詰めると猪狩神社の奥宮が見えてきた。

猪狩神社の奥宮に到着。
奥社には、伊弉諾命・伊弉冉尊、山祇神社が祀られている。
奥宮からは一旦下って登り返すと
猪狩山の前衛峰だった。この標識が指している猪狩山は猪狩神社の奥宮だと思われる。822mの猪狩山はまだ先(御岳山・大滝方面)

前衛峰から2分も歩くと822mのピークに到着。ここが猪狩山。何だかパッとしないピークである。
猪狩山からはしばらくなだらかな稜線を進み、次は秩父御岳山を目指す。
834mのピークに近づくにつれ岩場が多くなる。とはいえ全て巻いて進める。
834mピークを越えると林道を横切る。こんなところまで林道が通じているとはすごいというか。。。

三峰口から御岳山へ続く尾根に合流
御岳山の手前から急斜面になるが、明瞭な巻き道があった。迷いなくそちらに進んでみたが、御岳山の山頂へ続く稜線から明らかに離れているので引き返した。

さらに進むと杉の峠へ進むルートとの分岐に到着。ここからは御岳山の山頂は目と鼻の先。

ルート上のいたるところに掲示されていたコースガイド。落合からのルートは山崩れのため通行止めとなっており、長い迂回を強いられるようだ。
御岳山の山頂部が見えた。

猪狩神社から登り始めて1時間強で秩父御嶽山に到着。

ここは木曽御嶽山など各地に登山道を開いた普寛上人が開山したとされる普寛神社の奥宮。
里宮は落合の集落にある。だけど山と高原地図には733m地点に奥宮と表示されているが、そちらは何だろうか。

 誰もいない山頂を独り占め。空気はしんとして冷たい。コーヒーを飲みながら展望を楽しむ。
こちらは獅子の狛犬。

こちらは雲取山和名倉山の眺望が開ける。和名倉山の手前に延びる尾根は二瀬尾根かな。あの尾根もいつかは。。。
その手前には三峰神社から妙法ヶ岳へ続く稜線が見える。

西の方へ眼を転じると埼玉の最高峰である三宝山や甲武信ヶ岳が見渡せた。丸い山容の三宝山は分かり易い。

雁坂嶺から甲武信ヶ岳へと続く奥秩父主脈に位置する山々。

言わずと知れた両神山

両神山から右側へ伸びる天武将尾根上の天理岳が遠望できた。

手前に城峯山。あの山にある城峯神社も狼信仰だった。そして遠方に見えるのは皇海山や男体山のようだ。
この山頂からの展望はなかなか良い。ここで食事しながら40分程、眺望を楽しむ。その間、単独のハイカーさんが2名来られた。そろそろ下山しよう。