乾徳山
Mt.Kentoku
けんとくさん
標 高
2,031m
所在地
山梨県
日 程
2014年7月26日(土) 天気:晴れ
コース
徳和駐車場(6:59)→乾徳山登山口(7:19)→錦晶水(8:27)→国師ヶ原(8:37)(休憩)→扇平(9:17)→髭剃岩(9:50)(休憩)→乾徳山(10:34)(休憩)→下山道分岐(10:33)→高原ヒュッテ(12:28)→乾徳山登山口(13:35)→徳和駐車場(14:00)
コース図
駐車場
徳和無料駐車場
温泉他

山行記

梅雨明け後、初の週末で晴れ予報。
久しぶりの山歩き、低山はやめよう。標高2,000m程度でアクセスの良い山はないかということで、以前から行ってみたかった山梨の乾徳山にしよう。そしてその先の黒金山も目指す周回ルートとしたい。ただし、標準タイムが約10時間程の長丁場コース。早立ちが鉄則だが到着が遅れ、7時前ごろに駐車場に着いた。
スタートが遅れるので黒金山まで歩けるかどうか、乾徳山山頂にたどり着いてから考えようと歩き始める。

乾徳山は日本200名山で変化に富んだ人気の高い山。こんな暑い時期にも関わらず、前後を歩かれているハイカーさんが多いが、他のハイカーさんが気になり、自分のペースが保てず、あまり休憩や水分も取らずに歩き続けると、途中から足が攣りそうになってきた。過去にも同じような事はあり、すぐに回復するのだが、この日に限って一向にそんな気配はなく、実際に攣ってしまい、休み休みのスローペースとなる。
乾徳山山頂も近づくにつれ、岩場も増えてさらに辛くなってきた。 次第に両足のふくらはぎや太腿が繰り返し攣る始末。
なぜだ?こんな経験は初めてだ。
休んでいても歩き出すとすぐに攣ってしまうので、回復するまで大休止を取ることにしたが、休んでいても治る気がしない。この先も岩場が続くのだろうから下山も考えるが、登ってきた岩場を下るのも辛く避けたい。
足を伸ばすのも、曲げるのも痛くて、どうするかと思案に暮れていると、次々とハイカーさんが通り過ぎていく。 そのうちの一人のハイカーさんに事情を説明すると、「それ、脱水症状だよ。水分取らないと治らないよ」とご指摘いただいた。

え!脱水症状!水分不足!
う〜む、確かにその通りかもしれない。この暑さのなか、滝のように汗をかきながら標高差1000m程登っているが、ペットボトル半分も消費していない。
普段はあまり水分は取らない。なるべく温存しておきたいということもあるのだが、それほど喉が乾かないのだ。
言われてみるとその通りである。合点がいった。
早速、水分を多めに取り、塩分や糖分を取ったところ大分楽になったので、とりあえず乾徳山山頂を目指すことにしたが、さすがに黒金山は諦めた。

しかし、水分を摂取しないといけないという発想がなかったから、好みの誰にも会わないような山では、熱中症になって遭難していたかもしれない。。。
今回は非常に良い経験だった。この経験を次回以降に活かさないといけない。

それと、今回の山行では珍しく?ソフトバンクは比較的に繋がるエリアが多かったようだ。山頂はもちろんのこと、樹林帯の中でもメールを受信したりと少し驚いた。 山の中では繋がらないものだと思い込んでいたが。。。
最近、吉永小百合さんのCMで、山を意識した?新穂高ロープウェイから繋がるCMをやっているが、さらなるエリア拡大に期待したい。

そして、涼しい時期にでも、当初の黒金山を目指してリベンジしたい。

紫色のログが辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

AM7:00前に駐車場に到着。多くのハイカーさんが出発準備されていた。
気温は既に30度を超えているようなむし暑さを感じるが、雲ひとつなく展望が期待できそうだ。
まずは登山口まで舗装路を進む。
乾徳神社を過ぎ、しばらくすると未舗装の林道になる。

登山口に到着。ここから山道に入るが、駐車場から登山口まで標高差150mを登ってきた。
登り始めが遅かったからか、ハイカーさんが多い。
かなり蒸し暑くなり汗が止まらないが、とりあえず休憩もせずに歩き続ける。

登山口から500mほど登るとカラマツ林が広がり、歩き易く良い雰囲気である。
錦晶水に到着。ここで少し休憩。水は冷たくて気持ちよい。

開けたところからは目指す乾徳山が見えてきた。ここまで登ってくれば、あとは400m程の登りを残すのみ。
国師ヶ原に到着。乾徳山まであと1時間45分とある。

日差しを浴びながら、乾徳山から続く稜線を目指して200m程登る。この辺りでシャリバテに備えて、プチ食事休憩。
大した傾斜ではないけど、この辺りから足が攣りそうな違和感を感じながら歩く。
稜線に出ると、じきに月見岩に到着。しかし蒸し暑い。。。木陰を見つけて少し休憩。
ヤマオダマキと乾徳山。稜線を少し登り扇平に到着。

休まれていたハイカーさんに富士山が見えることを教えられ、良く見ると微かに山頂部が確認できた。

他の山とは群を抜いて高い。空気が澄んでいる時期であれば、絶景が見えるのだろうが少し残念。
扇平を過ぎると樹林帯となり傾斜も増し本格的な登りが始まるが、足が攣りだした。足を騙しだましとりあえず進んでみる。
山頂に近づくにつれ、岩場が増え足で踏ん張らないと進めない個所が増えるが、その度に両足のふくらはぎや太ももが攣りそうになったりと、辛い登りとなった。
5cm大のオレンジのすずめばち?アブ?が纏わりつくから、足の痛さを我慢し追い立てられるように先に進むが、良く見るとアブなので、安心して休んでいると、たまに本物がやってきたりとおちおちと休んでもいられない(^_^;)
それでも直にそんなことを言ってられない状態になり、髭剃岩と呼ばれるところで、大休止。こんな調子ではこの先登れないかなと不安になるが、この状態では登ってきた岩場を下りたくもない。
ひとまずスポーツドリンクをがぶ飲みし、糖分・塩分を取ってしばらくすると、足が楽になったような気がしてきたので、とりあえず山頂を目指し先に進む。