車山
Mt.Kuruma
くるまやま
標 高
226m
所在地
埼玉県
日 程
2014年11月22日(土) 天気:晴れ
コース
鉢形城公園駐車場(12:43)→鉢形城歴史館(12:47)(30min見学)→本曲輪(13:23)→三の曲輪(13:31)(10min見学)→車山登山口(13:54)→車山(14:03)(5min休憩)→車山登山口(14:18)→鉢形城公園駐車場(14:44)
コース図
駐車場
鉢形城公園駐車場
温泉他

山行記

公益財団法人日本城郭協会が、世界に誇る文化遺産として時代と地域を代表する全国の100の名城を「日本100名城」として認定している。
以下の3つの基準で各都道府県から1城以上5城以内として選定されているとの事だが、埼玉県では川越城と鉢形城の2城が指定されている。
@優れた文化財・史跡
A著名な歴史の舞台
B時代・地域の代表
日本百名山の選定基準にも似てないこともないが、
鉢形城跡は、戦国時代の城郭として、保存状態もよく今に残る重要な史跡らしい。城の中心部は、荒川と深沢川に挟まれた断崖絶壁の上に築かれていて、天然の要害。関東地方においても有数の規模を誇る鉢形城は、甲斐・信濃からの侵攻への備えとなる北関東支配の拠点として、甲斐の武田信玄、越後の上杉謙信の侵攻も耐え凌いだということだ。

さて、そういうことは露とも知らず、地元駅に貼り出されていたポスター「鉢形城歴史館 開館10周年記念特別展「関東三国誌〜越相同盟と北条氏邦」」に惹かれ、機会があれば行ってみたいと思っていた。それも今週末で終わってしまうということで、寄居町の鉢形城歴史館に行ってみた。
あと鉢形城の西側に、鉢形城とは因縁の深く、戦国時代に歴史の一幕となった車山という小高い山があり、そちらもついでに寄ってみた。

特別展のテーマとなっている越相同盟は、戦国時代の永禄12年(1569年)、甲斐の武田信玄に対抗するために、越後の上杉謙信と相模の北条氏政が結んだ軍事同盟である。 この時に、武田信玄は鉢形城から八王子城、小田原城と戦陣を進めた。 そんな越相同盟の経緯について、特別展では詳しく紹介されていた。
そういえば先週の山行(檜洞丸)で犬越峠 が、武田信玄による小田原城への進軍ルートの一部として紹介されていた。

それから30年後の天正18年(1590)、豊臣秀吉による小田原征伐の際、鉢形城は前田利家、上杉景勝、真田昌幸、本多忠勝といった名だたる武将たちによる5万を超える軍勢に包囲されて攻撃を受ける。城主北条氏邦は3千5百のの兵とともに籠城し、1カ月余りにもおよび耐え抜いたということだ。
また、その時に本多忠勝が大砲を曳いて車山の山頂から鉢形城へ砲弾を撃ち込み、多大な損害を与えたという。
こんな歴史に彩られた鉢形城と車山を往時に想いを馳せながら歩きてきた。

なお、鉢形城跡は「日本100名城」だけではなく、「21世紀に残したい埼玉ふるさと自慢100選」、「日本の歴史公園100選」、「日本の史跡101選」に選ばれている。

アルバム

鉢形城歴史館の駐車場に到着。鳥居のような門を潜り中へ進む。
これが地元駅に掲載され気になっていた広告。これに惹かれてやってきてしまった(^_^;)
入館料200円を払い、鉢形城歴史館で関東三国志展を楽しむ。歴史館見学後は広い鉢形城公園の探索

公園内は土塁や堀切など起伏が多い。広葉樹林に囲まれ、落ち葉に覆われた気持ちのよい園内には散歩されている地元の方も多かった。

天然の堀切の役割を果たしている深沢川が園内を流れる。
本曲輪に登ってみるもめぼしいものはなかった。本曲輪の向こう側は断崖になっており、その下に荒川が流れ、天然の外堀となっているようだ。
ここはあの超健脚向けとされる42kmの外秩父七峰縦走ハイキングのコースになっており、この辺りが約41km地点。2年程前に参加した時に、この辺りで雨の降りしきる中を、意識朦朧となり彷徨っていたことを思い出した。(^_^;)
当時、あまりにも疲れ過ぎて、この辺りのことは全く覚えていなかったが、木柵だけがなんとか記憶の片隅に残っていた。思考力がなくなり、周囲を眺める余裕もなく、通り過ぎるハイカーの背中だけを追いながら、まるでウォーキング・デットのゾンビのようだった(笑)
次は復元された土塀の門や石積土塁のある三の曲輪の探索。この日は風もなく日差しも強く、歩いていると汗ばむほどの陽気。

木柵の向こう側は断崖絶壁で荒川が流れる。左側遠方に見えるのは、陣見山のようだ

そして北に見えるのは、鐘撞堂山のようだ。あの山は鉢形城の見張り台として、事あるときには鐘をついて合図したとの事。
その鐘も豊臣秀吉の小田原征伐の際、本多忠勝の軍勢に鐘を取り去られたと言い伝えられている。
鉢形城公園の探索も終え、次は車山を目指す。途中、車山への道標の立つ折原小学校の横を抜ける。
視界が開けて車山の稜線が見渡せるようになる。一番高いのが車山。しばらく進むと分岐に差し掛かる。
分岐の角になんとも怪しく古めかしい標識を見つける。車山とあるので、分岐を右に曲がると、右画像のとおりで、またもや分岐。さてどちらに進むか。直進のほうが車山は近そうだが、私有地のような気もする。それに今回は山に登るような恰好ではなく、藪っぽいところは避けたいので左に進んだ。
結果的には車山の案内は直進方向を示していたようだ。
ほどなくすると三叉路に差し掛かり、そこに「車山遊歩道」の標識を発見。
車山へ向かう登山口はいくつかあるが、ここが折原駅から続く登山口のようだ。ここから山に入る。

三叉路の先から西を見ると、西上州の山を想わせるような顕著なピークが見える。あのピークはなんだろうか。なんとも気になる。
登山口から民家の横を抜けて、しばらく進むと、辺りの雰囲気が変わり笹に覆われた薄暗く心細い道となる。
登山口から登り始めて2〜3分ほどで、鉄塔のある開けた場所に出た。
鉄塔を通り過ぎると標識のある三叉路となり、ここから稜線を西に向かい車山を目指す。
遠方から見た稜線はなだらかだったが、山頂直下は意外と傾斜があってしんどい登りとなる。
ロープに掴まるほどではないがスニーカーでは滑って歩きづらい(^_^;)
辺りは自然林に覆われる。稜線も一段と傾斜がきつくなり、汗が滴り、息も乱れ始めた頃に山頂が見えてきた。

登山口から8分程度で車山に到着。ネットで見た山頂は草一つもない開けた山頂だったが、ここは訪れる人も少ないのだろう。荒れ放題だ(笑)

金毘羅神社の祠が祀られている。
本多忠勝がここに陣を張り鉢形城へ大砲を撃ち込んだと言われているが、樹木にじゃまされ、楽しみにしていた鉢形城の展望は効かなかった。

山頂で汗が止まるまで5分程休む。その後はあまり時間がなく、ピストンで戻るつもりだったが、稜線を少し西に進んでみた。
稜線を歩くと直ぐに北へ下りる分岐に出た。ここを下ればショートカットができそうだと右へ進む。
道型はしっかりしているが、意外と急な斜面。スニーカーだと歩きづらく慎重に下る。
4分ほど下ると左画像の黄色テープの右方向にピンクテープが続いていたが、どうやら違うようだ。
テープを無視して黄色テープの左側をそのまま突っ切ると、山道に出たので道なりに進む。
荒廃した寂しい雰囲気の民家を抜けると道標を見つけた。どうやら私有地ではなさそうだ。
先に進むと、往路で通った分岐に出た。先ほどは私有地だと思っていたが、車山まで直登できるルートだった。

小学校の校庭に立つイチョウとセイタカアワダチソウ。この辺りもセイタカアワダチソウが多く、辺りに見えるススキもそのうちに駆逐されてしまうのではないだろうか。
近辺には蔵のある旧家が多く、鉢形城の城下町として栄えた名残のようなものを感じさせる。

八高線の踏切から見た車山(一番高いピーク)。電柱の右の手前に延びる尾根が、下りてきたルート。稜線を歩き通しても良かったかもしれない。
駐車場まで戻った。この日は山を歩いている時間よりも町を歩いているほうが長かった。
歴史館の見学も含めて2時間弱の歩きだった。こんな歩きもたまには良いかもしれない。