豆口山
Mt.Hanamagari
まめぐちやま
標 高
629.1m
所在地
埼玉県
日 程
2014年8月31日(日) 天気:晴れ/曇り
コース
駐車場(8:29)→(バス)→名栗車庫バス停(8:37)→豆口峠(9:16)→豆口山(9:34)(7min休憩)→竹寺(10:07)(36min休憩)→仁田山峠(11:46)(8min休憩)→駐車場(12:28)
コース図
駐車場
さわらびの湯駐車場
温泉他

山行記

名栗の外れに竹寺と呼ばれる山寺がある。その名の響きに惹かれ、いずれは訪れたいと考えていたが、なかなか歩く機会に恵まれなかった。
今日は午前中だけ歩きたい。そんな基準で衝動的に竹寺に行くことにした。
近くには豆口山という山がある。そこを絡めて、最短ルートで歩いてみよう。

出発が遅れたが、いつもの駐車場では多くのハイカーさんが準備されていた。ほとんどの方は棒ノ折山に向かわれるのであろう。
こちらは方向が違う。まずはバス停に向かうと、ちょうど良いタイミングでやって来たバスに乗り込んだ。バスにも多くのハイカーさんがいらっしゃるが、蕨山なんでしょう。 こちらは名栗車庫バス停で下車。予想通りというか他に下車するハイカーはいない。まずは豆口峠を目指して登り始める。前日の雨で道はぬかるんでいる。しばらく歩くと傾斜もきつくなるが、30分も歩くとあっけなく豆口峠に到着。 峠には関東ふれあいの道とあった。 子の権現まで1.8kmとある。往復してもいいかなと、ふと考えたりもしたが、のんびり歩きたいので、予定通りに豆口山に向かった。
ところでは、何で豆口山という名なのだろうか。何かの意味があっての山名なのだろうが、さっぱり想像がつかない。狭く展望の効かない山頂で、そんなことを考えながら、次は竹寺を目指す。

歩き易い関東ふれあいの道をしばらく進むと、突然目の前が開けた。長閑な景観が広がり、薪を燃やしたような煙が立ちのぼり、何かを叩くような音が響き渡る。 眼下の拝殿で竹寺に到着したことに気づく。何だかひっそりとした佇まいに異空間に迷い込んだような感覚を覚えた。
全く山奥ではないけれども、世間とは隔絶された感のある山寺で、心が和むようである。 ここは神仏混淆の姿を今に残す東日本で唯一のお寺とのこと。何でも山深いために神仏分離令の対象から外れてしまったらしいとの説明があった。それもわかるような気がする。車でも登って来れるのだが、歩いて来ると、なおさら山寺の雰囲気が味わえるのではないだろうか。境内は其処彼処に見どころがある。カエデが多いので、紅葉の時期もいいかもしれない。
一通り探索したのち、下山に向う。
あとは麓まで下ってバスで戻る予定だったが、何だか歩き足りないので、稜線伝いに仁田山峠を抜けて、駐車場まで歩くことにした。

この日はハイカーとは会わず、途中のピークで休まれていた6〜7台のモトクロスのライダーと出会っただけ。このまま子の権現まで抜けるという。
結構な斜面が続くが、こんなところまで登って来るとは、その世界を知らない者にとっては、凄いとしか言いようがない。
このコースはほぼ植林の樹林帯歩きである。こんな処を好き好んで歩く人は多くないが、少し寂しい雰囲気のなかで、落ち着いて歩けるのが良いところ。途中で2箇所ほど道をロストした。先日、歩いた枡抜山も同様で、この近辺は派生尾根が多く、歩く人も少ない割りに、林業関係者用や東電の作業道が多く非常に紛らわしい。

今回の歩きは物足りなさもあったが、竹寺は期待以上の良さで古の山寺めぐりを楽しめた。

紫色のログが辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

いつもの駐車場に車を止め、バスに乗って名栗車庫バス停で下車。
バス通りを進行方法にしばらく歩き、途中で右に曲がり林道を進む。
林道の終点まで進むと、その先の山道が一見分かり難いが、良く見ると保安林の看板の先に山道が続いている。

途中、祠が祀られている巨大な岩の横を抜ける。
しばらく進むと傾斜がきつくなるが、林道から30分も歩くと豆口峠に到着する。
峠の古い習わし。この峠もこのような風習があったのだろうか。
左写真は「関東ふれあいの道」歩き易く整備された道が続くが、これから目指す豆口山を巻いているため、豆口山に向かい、尾根道(右写真の左側の尾根)を登る。
しかし、この場所に、この不気味な建築物は一体何なのか。避難小屋?神送り場?
豆口山に向かって急登を進み、最初のピーク(右写真の赤枠のマーキングがあった)は右に直角に曲がるが、直進する道のほうがはっきりしているため、注意が必要。

三角点のある豆口山に到着。狭い山頂からは展望は効かない。このピークからも東へ向かうはっきりしたルートがあり、こちらも注意が必要。
山名板
しばらくはなだらかな稜線を進む。稜線上には樹齢100年に近いと想定される杉並木が立ち並ぶ。
調子に乗って進んでいると、藪で進めなくなった。
本来であれば、右側の斜面を下るはずなので、下降点を見逃したのではと、右側をよく眺めてみると、遥か下方にふれあいの道が見えた。急斜面を巻きながら下ったが、おそらく間違える人もいるのだろう、微かな踏み跡があった。

ふれあいの道の分岐点のようだ。山と高原地図で分岐となっているポイントだ。

先ほど歩いていた稜線を見上げると、かなり急だけどはっきりした道があるではないか。なぜ、ここに気付かなかったのか、確かめてみたいので登ってみた。。
稜線に上がり少し戻ったところで、青テープが巻かれていた杉があり、その先の右側に下降点を示す、2重テープ(ピンクと黄色)のマーキングが2カ所あったが、全く気付かなかった。
下降点の検証ができたので、分岐まで戻るが、濡れた急斜面で予想通り?滑ってこけた(^_^;)
右写真の分岐はどちらに進んでも竹寺に出られるが、左の下りルートを進んだ。
歩き易い関東ふれあいの道をしばらく進むと晴れ間が広がる開けた場所に出た。

関東ふれあいの道の説明。
竹寺またの名を八王寺に到着。東日本で唯一の神仏習合の姿を残す貴重な寺院。
こちらが本殿。どう見ても神社なんだけど、苔むした屋根がいい雰囲気を醸し出している。