碧岩、大岩
Mt.Midoriiwa,Mt.Oiwa
碧岩、大岩
標 高
1,125m , 1,133m
所在地
群馬県南牧村
日 程
2014年4月27日(日) 天気:晴れ
コース
駐車場(7:03)→三段の滝(7:32)→碧岩取り付き(8:39)→碧岩山頂(9:00)→碧岩取り付き(9:30)→大岩(10:03)(食事休憩)→三段の滝(11:30)→駐車場(11:55)
コース図
駐車場
三段の滝駐車場(トイレ有り)
温泉他

山行記

5月連休はアカヤシオが綺麗だと、昨年、西上州の帳付山でお会いした方がおっしゃっていたのを記憶していた。
ここのところ地元の山が多いので、久しぶりに西上州にでも行ってみよう!さて、どこの山へ向おうか。
この山域に造詣の深い打田^一氏の「薮岩魂―ハイグレード・ハイキングの世界―」 を引っ張り出して見る。
ここに紹介されているのは、藪山などのバリエーションルートばかり。一般的な山歩きガイドとは、かなり趣が異なる。
初級、中級、上級と分類分けされているが、山慣れしている者を対象としているため、初級といえども侮れない。昨年ヒイヒイ言いながら苦労した帳付山が初級と紹介されているくらいである。
初級を初心者レベルとみなすと後悔することになる。さらに上級はザイルが必要、もしくは岩登りの熟練者が対象となる。なので上級コースはパスし、初級、中級コースで比較的に安全と思われる?山を探すと、碧岩と大岩というのがあった。
それぞれが天に聳える急峻な岩峰で、その様は西上州のマッターホルンと呼ばれているらしい。何とも魅惑的な呼び名にそそられ、俄然行きたくなったが、如何せんその山について全く分からない。
ネットで調べると、なかなか手強そうである。山頂部分は急峻で、こんなとこ本当に登れるのか?碧岩に限ってはロープがあるとはいえ、垂直に近い岩壁を登らなければならない。 高所恐怖症の私にとっては非常に辛いところで、怖気付いてしまうかもしれないが、とりあえず体験してみよう。

ということで、早朝から高速飛ばして現地に向かう。目指す山は西上州でも長野、埼玉、群馬の県境にほど近い山深い地域。高速を降りて南牧村に向かうも、いつものごとくお腹が調子悪くなってきた(汗)
今日は緊張感からだろうか。道の駅で用を済ます。そこの観光ガイドによると、目指す地域の近所に「日本で海から一番遠い地点」があるとのこと。 その地点は長野県佐久市の山の中のようだが、到達した者には市から認定書が頂けるとか。なんだかそっちに行きたくもあるが、それだけ山深いということか。

お腹の調子は相変わらずだが車に戻り、集落のなか1台しか通れないような細い道を進むと、目前に尖った秀麗な岩峰が忽然とその姿を現す。
あれだな、西上州のマッターホルンは。あそこに登るのかと思うとテンションも上がる。
碧岩と大岩は一般・初心者向けではないらしいが、その手前には三段の滝という大きな滝があり、観光名所として訪れる人も多い。登山口には駐車場もありトイレも完備されているのも、この山を選んだ理由の一つだ。

さて、駐車場にたどり着くと1台停まっていた。
しばらくは居合沢沿いに三段の滝を目指して散策路を歩く。2月の大雪の影響からか所々で残雪があり、一箇所、沢を渡渉する箇所が雪に覆われ、行く手を阻まれた。う〜む、初っ端からこんな調子では先が思いやられる。
このコース、難所はいくつもありそうだが、ここが最初の難所だった(^_^;)
じきに三段の滝に到着。なかなか大きな滝で見ごたえがある。遊歩道はここで終わり。ここからは滝の右側を高巻き、引き続き沢を進むと尾根を目指して一気に高度を稼ぐ。
程々に汗をかきながら高度を上げるとツツジがちらほら目につきだす。大岩から続く稜線を目指すが、後半は急斜面の直登となり足だけで登るのがしんどくなる。こんなとこ下りたくないな〜と、ヒイヒイ言いながら進むと稜線に出る。
標高1,000mを越えた辺りからアカヤシオもちらほら目に付くようになる。期待通りである。これを見ただけでも来た甲斐があったというものだ。
稜線を大岩方向に進むと直ぐに碧岩との分岐に着く。この分岐からどちらの山も近いが、碧岩を先に登ることはあらかじめ決めていた。なぜかというと、大岩からいやでも目に入る碧岩の尖った山頂はあまりにも急峻で、それを実際に目の当たりにしたら、戦意喪失してしまう恐れがあるからだ(笑)
なるべく先入観を持たないうちに、済ませてしまう狙いがあった。

ということで、碧岩に向かう。
この岩峰、ロープが何箇所か渡してあるが、二段目のロープが垂直に近い岸壁で、切れ落ちて非常に危険だと言われている難所である。下から見上げると、確かに少したじろぐ岩場である。う〜む、どうしたものか?
足場はそこそこあるが、結局はロープを頼って力任せによじ登ってしまう。下りはイヤだな〜と思いながら。。。
この先は特に怖い箇所はなく、じきに山頂にたどり着く。あたりはアカヤシオが満開。西上州の山々に囲まれた景観は、ここまで来なければめぐり会えないご褒美。 山頂を独り占めで、のんびり過ごし、続けて大岩へと向かう。
大岩山頂の手前の岩場は高度感が抜群な核心部。慎重に登るとじきに山頂に到着。スリルが味わえる岩場である。
ここからも西上州独特な奇怪な山容の山々が目に付いた。それぞれ名のある山なのだろう。
時間は10時半、午前中には降りられそうだと足早に下山にかかる。
大岩の核心部を抜けると気が楽になった。下りは昭文社の破線ルートを通ってみよう。それにしても、こんな絶好な日和、それなりにハイカーで賑わっているだろうと思っていたが、誰にも会わないのは意外であった。
初っ端の残雪で諦めたのだろうか。いや、こんな所に来るようなハイカーは、あんなのは物ともしないのだろう。。
それでも下りでは3パーティと単独ハイカーとすれ違った。
昭文社の地図に記載の破線ルートは、尾根を進むが最後は尾根を離れ急斜面を下る。
後半は崩落したようなざれた斜面となり、怖い思いをしながら、滑り落ちないように慎重に進むと、下の沢から人の話し声が聞こえてきた。落石させるとまずいので、しばらく待っているが、近づく気配がない。それではと下り始めると、4人のハイカーが沢沿いを歩いていた。私がおっかなびっくり下る姿を見て、物好きが変なところから下りてきた程度にしか思われていなかったのだろう。こちらにはほとんど目もくれず沢沿いに進まれていた。
下りてきた斜面を見上げると、なんとなくテープが見えるが、普通はこんな斜面を登ることはないだろうから、なかなか気づかないのかもしれない。
沢まで下りれば、あとは沢伝いに進むだけ。居合沢に出て単独のハイカーとすれ違う。 三段の滝を過ぎると、一般観光客と思われるご年配のご夫妻とすれ違う。軽装なので滝目的だと思うが、あの残雪をどのように通過したのか。簡単なルートがあるのか、しばらくすると件の危険なスノーブリッジにたどり着いた。
トレースを探すと、そのまま雪の上を歩いているようだ。雪が固まっているから踏み抜く心配がないのか、判断に悩むところだ。とりあえず雪に乗ってみると、あっさりと抜けられた。往路はここでだいぶ時間を潰してしまったのに。。。
ここを抜けると、駐車場も近い。すでに駐車場は満車状態。きれいに並べられて7台止まっていた。
それにしてもいい時期にいい山に登れた。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。

アルバム


南牧村役場あたりで、西上州のマッターホルンとも呼ばれる大岩と碧岩の独特な山容が姿を現す。手前が大岩で奥が碧岩。
駐車場に到着。すでに1台停まっていたが、隣の沢に釣り人がいたからその人のだろう。ということは、まだ誰も入山していないようだ。早めに来てよかった。
この後、おそらく駐車場は満杯になるはずだから詰めて一番端に止める。
まずは三段の滝を目指し、居合沢沿いの遊歩道に向かう。

2月の大雪の影響か?残雪が行く手を阻み、橋が埋まっていた。
この先大丈夫だろうかと心配になり、止めようかとも考えたが、とりあえず行けるところまで行ってみよう。
写真は通過後、振り返ってのものだが、踏み抜きを警戒して雪を避け、写真左側を高巻いて沢を渡ろうとしたら、ずるずる滑って沢に落ちた。。。(^_^;)
新緑に覆われた穏やかで初夏を思わせる陽気だが、所々で雪渓のように雪が残っている。

30分も歩くとハシゴが現れ、その先に三段の滝が見えてきた。

三段の滝に到着。なかなか大きい滝で見ごたえがある。

遊歩道はここでおしまい。ここからは滝の右側を高巻いて滝の上部へと向かう。
滝の中部あたりで滑りそうな岩肌をロープに捉まり安全に通過。そして、程なくして滝の上部に出て、さらに沢を進む。

真正面の岩峰を境に右が居合沢、左が碧岩沢、左側の沢が進路だが岩峰の左側は滝になっており進めないので、まずは右に進む。
先ほどの岩峰の先に最初の標識があるので、碧岩・大岩方面に向かう。
先ほどの岩峰の先を乗り越して、碧岩沢に出て、さらに沢沿いの進む。
左写真のコルのような箇所を通り抜ける。一見分かりづらいが道はある。

しばらく歩くと二つ目の標識があり、それに従い左へ進む。

ここから涸沢の右側の小尾根を巻くようにして明瞭な道が続いているので、そのまま進んだが、昭文社の地図では左側の小尾根を直登するようなコースになっていた。急でザレた斜面なので、往路ではまさかそんな所がコースだとは全く気付かなかった。
斜面を巻き気味に高度を上げていくと、前方に碧岩の山頂部が見えてきた。
大岩へと続く稜線が見えてきたが、段々と傾斜は増す。下りではここ通りたくないな〜と、考えながら、息を切らせてなんとか踏ん張り稜線に出た。、

稜線上ではアカヤシオ(ひとつばな)が出迎えてくれる。
可憐なアカヤシオに癒されながら、気分のよい稜線を進む。
程なくして、碧岩と大岩の分岐に着く。この分岐を左に折れて、目の前に聳える碧岩を目指す。
先ほどの分岐からいったんコルまで下る(左写真)。
ここから左側に下るルートがあったが、これが昭文社の地図に記載のルートのようだ。下りはこちらに進んでみよう。
ここから碧岩の登りになる。空身で登れば楽だからリュックをデポしようかと思ったが、クマにでも持っていかれたら嫌なので、そのまま背負って登ることした。(笑)
左写真の巨岩を右に巻き、しばらく進むと碧岩への登りが始まる。

ここが最初のロープ。靴ひもを締め直し気合を入れて登り始める。

そして、ここが碧岩の難所とされる第2のロープ。ほぼ垂直に近いところに少し頼りなさそうなロープが垂れ下がっている。

ロープの上部はこんな感じ。さぁ、どうやって登ろうか。足場も多く、ロープがあるからそれほどの恐怖は感じないが、斜度があるから下りが大変そうだ。

横から見た第2のロープ。見た感じ足場は多そうだが、岩が逆層で登り難そう。
結局、ロープに頼って力任せによじ登ってしまったが、ロープの右側に少しスライドした方が楽か。

ロープの上部から見下ろしたところ。怖くてこれ以上に前に出れず、ロープの途中がよく分からない。(^_^;)
左側はスパッと切れ落ちて、この写真を撮るのも必死だった。(笑)

写真に写る岩場の斜度が山頂まで続く。それでも第2のロープを過ぎると後はそれほど神経を使うところはなかった。

そこかしこにアカヤシオが咲き誇り、しばし恐怖を忘れさせてくれる。(^_^;)
遠方に見えるピークはククリ岩と呼ばれる山のようだ。
碧岩山頂に到着。西上州の山々に囲まれた絶景が眼前に広がる。細長い山頂ではアカヤシオが満開。頑張って登った甲斐があった(^_^)

アカヤシオの向こうにククリ岩と二子岩が遠望できる。

しばし時を忘れて写真を撮り続ける。

山名は全く分からないが、西の方の山々。

こちらは北西の山々。

こちらは北方面。荒船山の写っているようだが判断がつかない。

手前の岩峰が立岩で、左側のピークが荒船山のようだ。