苗場山
Mt.Naeba
なえばさん
標 高
2,145m
所在地
新潟県/長野県
日 程
2014年7月6日(日) 天気:晴れ
コース
駐車地(5:18)→和田小屋(5:35)→下ノ芝(6:29)→中ノ芝(7:04)(休憩)→神楽ヶ峰(7:37)→苗場山(8:40)(昼食休憩:12min)→神楽ヶ峰(10:00)→中ノ芝(10:33)→下ノ芝(11:00)(休憩)→和田小屋(11:54)→駐車地(12:09)
コース図
駐車場
第2リスト町営駐車場
温泉他

山行記

ここのところ、山に行けない日々が続いており、山歩きの代わりにと、先日、劇場で公開中の「春を背負って」を観てきたが、余計に山へ行きたくなってしまった(^_^;)
映画の舞台となった立山のような高山に行きたくなり、八ヶ岳辺りに遠征してみようかと、前日の土曜日の夜、各地の天気予報を調べてみると、山梨、長野方面は崩れそうだ。群馬や栃木も怪しそう。だけど新潟は晴れマーク。 新潟の山はあまり知らないが、昨年、行きそびれた百名山の苗場山が高山植物の時期だしいいかもしれない。
今年、初めての百名山。本当はどうしても行ってみたい百名山があるのだが、日帰りではかなりのロングコース。そのエリアの天気も怪しい。14時間程度は歩きそうだが、1ヶ月のブランクもあるし、さすがに日曜日に歩くには適当ではないので、またの機会にとっておこう。

以上の通り、いつものごとく衝動的に苗場山に決まった。ルートは祓川コースを歩いてみようと思うが、そこそこに距離があり、遅くなると関越の渋滞にハマる恐れがある。 早速、スマホで我が家から登山口までの走行時間を調べてみると2時間半程度。新潟方面は午前中は晴れとのことなので、朝5時くらいから歩き出したい。するとAM2時半くらいに出発しなければならないが、今の時間が23時半。
う〜む、少々ムチャかなとも思うが、行くと決めたら行かずにはいられない。なんとか2時間程度は寝れたので、眠い目をこすって現地に向う。

下りの関越道。どんよりと霧の立ち込む曇り空。今にも雨が降り出しそうな雰囲気。こんな日に新潟までの遠征は避けたほうがよかったかな。だけど、関越トンネルを抜けると、そこは晴天の地であることを期待しよう。 そして祈る想いでトンネルを抜けると、果たして陽も昇り始め、カラッと晴れ渡っていた。ラッキーである。

さて、湯沢ICで高速を下りて、懐かし(20年以上前のスキーの時以来)のかぐらみつまたスキー場を目指し、途中から横道に逸れて登山口のある駐車場まで進むが、なかなかの悪路で眠気も一気に吹き飛んだ。 すでに駐車場には20台程の車が止まっていたが、帰りの駐車場の台数はすごいことになっていた(笑)
さすが百名山!

下りではひっきりなしにハイカーさんとすれ違う。団体さんが多かった。 花も時期が少しばかり早かったような気もしないでもないが、梅雨の谷間の好天のなか、天上の楽園といわれる山上湿原や高山植物が楽しめる苗場山は良い山だったけど、惜しむらくはあの虫軍団かな(^_^;)

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

AM5:00過ぎに駐車場に到着。予想通りの時間だがすでに20台程度停まっていた。

まずは遠目に見える和田小屋を目指す。

後を振り返ると登り始めた朝日に照らされた山々が見える。雲は出ているが午前中は何とか天候も持ち堪えそうである。
和田小屋に到着。ここから苗場山まで4時間とある。歩き甲斐がありそうだ。
右奥に見える白い塊は残雪の山。
そのままスキー場を登りたいが、コースはスキー場の右へ続く。

しばらくはこんな道。所々ぐちゃぐちゃで、石もゴロゴロ。帰りが辛そう。。
和田小屋から20分程歩き、6合目の標識を通過。このあたりからイワカガミが多くなる。
六合半(6:14)を通過。まわりはゴゼンタチバナやイワカガミが多い。

足元に咲き誇る小さな高山植物が気になり、ついつい歩みが遅くなる(^_^;)
アカモノとイワイチョウ

(6:29)下ノ芝に到着。ベンチもあり折角なのでリュックを下して小休止。
木道のふちにチングルマが咲いていた。

イワイチョウ
ミツバオウレンとよく分からない花(^_^;)
(6:43)七合半を通過。このあたりでは山ツツジも咲いていた。

周り植生も変わり、ダケカンバなども現れ高山の雰囲気になってきたが、まわりを飛び交う蚊?アブ?なのか羽虫の集団が纏わりつきだした。。。^_^;

見事なワタスゲの群生。
(7:04)中ノ芝に到着。少しお腹も空いてきた。ここらで軽く食べておかないとシャリバテになりそうだ。ベンチもあることだし、ここでも小休止をするが。。。
周りを飛び交う奴らがうるさくて、おちおちゆっくり休んでいられない。

(7:19)上ノ芝に到着。木道は歩き易く快適なのだけど周りの取り巻きが鬱陶しい。 事前のネット調査でウザったい虫のことはいたるサイトで記載されていた。この時期、山でコバエやアブに纏わりつかれるのは、セットだろうと高を括っていたが、そのレベルが違っていた。目の前に群れる羽虫の軍団が引きも切らずに続き、目や口の中に入ってくる。 それでも動いている分には、あまり気にしないで済むが、耳の周辺を3箇所ほど刺されたようだ。
次の日あたりから耳が腫れてしまった。恐るべしである(笑)
すれ違うにハイカーさんの中には、顔を覆う防虫ネットを被っている方も多かったが、なるほど役に立ちそうだ。なかには半袖の上に、ネット製の上着を着ているハイカーさんもいた。。。
山道で出会うスズメバチのような恐怖はないが、この山というか、この時期このコース上での最大の障壁かもしれない。防虫ネットはマストアイテム??
(7:25)小松原分岐に到着。ここからは苗場山を目指して平坦な稜線を進む。
何かの記念碑なのかもしれないが台座から折れて落ちているような感じものがあった。

(7:27)股スリ岩と呼ばれるポイントを通過。

稜線左側に神楽ヶ峰のピークが見える。