大築山、小築山、雨乞山
Mt.Naranuki
おおつくやま、こづけやま、あまごいやま
標 高
466m,448m,340.3m
所在地
埼玉県ときがわ町
日 程
2014年1月25日(土) 天気:晴れ/曇り
コース
あじさい山公園駐車場(9:10)→猿岩峠(10:35)→大築山(10:47)(食事休憩)(30min)→小築山(11:36)→六万部塚(12:16)→大楠(12:25)→雨乞山(12:46)→最勝寺(13:47)→あじさい山公園駐車場(14:21)
コース図
駐車場
あじさい山公園第2駐車場(トイレ有り)
温泉他

山行記

今年初めての山行である。年初を飾る山はどこにしようかと、いくつかの候補が頭をよぎる。
冬の空気の澄んだ時期は、歩くのが苦にならない程度の積雪で、富士山の展望が楽しめる奥秩父あたりの山が良いのだが、家から遠くもあり、なかなか足が向かない。

先日、新ハイキング社発行の「新ハイキング」を立ち読みすると、奥武蔵の大築山が紹介されていた。
紀行文を読んでみると、「越生を起点に史跡と静かな山を巡る」というキャッチフレーズになんともそそられる。俄然行きたくなり、思わず「新ハイキング」を買ってしまった。
この全国誌に載ってしまったということで、大築山もメジャーコースになってしまうのだろうか。
掲載された手書きの地図によると、行程の半分ほどが「山と高原地図」に記載のないバリエーションルートとなっているのが、ちょっとだけ気になる。
「新ハイキング」はどちらかというと、玄人好みな範疇の雑誌と認識しているが、それでも読者のなかには、初心者もいるだろうし、幅広い読者に合わせて、それなりに歩きこまれたコースを紹介しているに違いない。
と勝手に思い込む。。。
紀行文の地図は少しアバウトな感じで、「一部、踏み跡はほとんどない」とあるが、まあ、大丈夫だろう。コースを忠実にトレースして、歴史に彩られた慈光道を歩いてみよう。

車でアクセスする場合、この界隈では、あじさい公園の広い駐車場が便利である。到着すると、車は1台も停まっていない。この冬枯れの寂しい時期とはいえ、紹介されてしまったからには、2〜3台くらいは停まっているかなと、密かに期待していたのに、少々拍子抜けした。
歩き始めは舗装路が続き、麦原集落を抜けて行く。
「山と高原地図」で破線ルート、迷うマークのあるルートを通り猿岩峠を目指す。破線ルートとはいえ踏み跡くらいはあるだろうと、それほど心配はしていないが、一般ルートよりは楽しめるかなと期待を抱きながら、進むとT字路にぶつかった。
あれ?こんなとこあったっけ?と現在地を確認すると、本来、右に曲がるところを直進してしまった…
つまり、序盤からミスルートしてしまったということだ。
舗装路のT字路を間違えるなんて、なんたる様だ。
正しい位置まで戻るか?でも今さら面倒なので、稜線まで無理やり登ってしまおう。 何だか藪っぽいけど、単調なコースにピリリとしたアクセントにはなるだろう。
どの辺りから取り付こうか。斜面を見て適当なところから足を入れてみたが、すぐに藪に覆われてしまった。所々に生い茂るいばらが厄介だった。
今年、最初の山行がこれかよ。と泣きたくなったが、自業自得である。仕方がない。
藪を掻き分けながら急斜面をよじ登ると植林帯になった。稜線も見えるし、あとはこっちのものだ。
多少急でも、よし登るぞ!と気合いを入れて一気に登り詰めると、尾根の手前で幅広い林道のようなところに出た。
先ほどまでの道無き道で嫌気がさしていたので、この林道のような道を無性に歩きたくなったが、奥武蔵は地形図に記載のない林道、東電の巡視路など作業道がやたらに多く、変に頼るととんでもないことになりかねない。
だけど後で気付いたことだか、林道ではなく一般登山道のようだった。

その一般道を越えて稜線に出ると、あとはアップダウンの少ない平坦な稜線歩きが続く。 目指す大築山は中世の城跡。奥武蔵には戦国時代のこんな山城が多いが、そこは広くて当時の遺構がそのまま残されているような感じである。
大築山で食事して、稜線を歩き通し展望の効かない小築山を抜けて進むと、1300年の歴史を持ち、戦国の時世に栄華を誇った慈光寺へと続く慈光道の広見越と呼ばれる峠に到着。ここは阿修羅像と同じ三面六臂の馬頭観音が鎮座している。そして、先には六万部塚と呼ばれる旧跡がある。なんだか好奇心が掻き立てられる。
しばらく下ると樹齢1000年を超えるとされる大楠の巨木が、その姿を現す。間近で見るそれは神々しさすら感じさせる。
このコース、見所が多いではないか。さすが「新ハイキング」で紹介するだけのことはある。なかなか満足度高いんじゃないのか。

あとは雨乞山に登り、南に向かい尾根を下るだけ。 雨乞山はポツンと尖ったピークで、「山と高原地図」にルートの記載はないが、北側の比較的に緩やかな尾根に作業道があり、そこを辿って山頂にたどり着く。 ここも展望は効かず、寂びしさ漂う静かな山。もう登りはない。あとは下るだけだ。
雨乞山から予定しているルートはネットでは見つからなかった。「新ハイキング」の紀行文には、

踏跡もあるのかどうかわからないような藪っぽい樹林である。ここでは地図と磁石を頼りに尾根をトレースするしかない。

と記されていた。 何とも気になる記述であるが、進んで見ると果たして踏み跡は怪しくなる。ルート自体は南ではなく東へと進んでいるため、本来のルートに向かうべく、地図に記載の踏み跡のない藪に再び踏み込まないとならない。
目の前に広がる景観に、

え!ここですか?

と一瞬たじろいだが、行くしかないか。しかし、下山するまで、ずっとこんな調子なのか。泣きたくなってきた。
それにしても、よくこんなコースを紹介するものだ。紀行文を書いた奴出てこい(笑)などと恨み節もでるが、藪をかき分け尾根を目指す。
ところが尾根に復帰し、しばらく進むと忽然とトレースが現れ、思わずほっとした。

もう何の憂いもないと尾根を進むと、またもや踏み跡は東へそれて行く。
そのまま進むとかなり遠回りになりそうだ。傾斜の緩そうな谷筋が目に入った。倒木やら藪やらと、一見、人には優しそうな感じではないが、よく見ると踏み跡が散見される。地元の方が歩かれるのだろう。そう思うとルートも朧げながら見えてきた。 残りの距離も少ないし、踏み入って進むと人里に出た。
あとは薄ら寒い中、テクテクと駐車場まで向かった。

帰宅後、紀行文をよくよく読み返すと、藪のことも含めて、全てが腑に落ちた。 紀行文を書いた氏の説明は全てが的確であった。当たり前か。

結局のところ、藪もそれほどではなかった。ほどほどの藪はむしろ心地よいもの?だと思う。 登りの辛さを感じる間もない低山で、それだけでは何ほどのこともないが、石仏、城跡、竹林、大楠とバラエティに富んだ魅力的なコースであった。
あいにくの曇天だったが、日中は風もなく穏やかな陽気のなか、静かな山歩きが楽しめた。

この日、山中ではハイカーには会わず、ライダーに抜かれただけ。 集落でもほとんど人は見かけず、目が合ったのは羊だけ(笑)

雑誌に紹介されたといっても、いつまでも訪れる人の疎らで、静かな里山であって欲しいものである。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。


今回は久しぶりにiPhoneの「DIY GPS」に1/25000の地形図データを取り込んで、途中から使ってみた。
さすがにこいつは使える。

アルバム

予想通り?駐車場は空だった(笑)
しばらくは舗装されたあじさい街道を進む。
沢沿いの弁財天。良い表情をしている。
20分も歩くと住吉神社のあるT字路に出る。大築山から雨乞山へと続く稜線へ通じる猿岩峠を目指すため、ここは直進し、西を目指す。
右手にあじさい山公園が見えるが、あじさいはなくなっていた。伝染病なのだろうか。
舗装路をしばらく進み、人里を離れたあたりでT字路になり、猿岩峠へはここを右へ曲がらなければならないが、間違えて真っ直ぐに進んでしまった。
舗装路が終わりT字路に突き当たり間違いに気づく。左ルートは地形図に稜線まで破線が引かれているので、踏み跡くらいはあるのだろうけど、かなり遠回りになるし、右にも作業道が延びているようなので、右に進んでみたけれど。。。

進んだ作業道も直ぐに西に向かいだした。地図に記載のない作業道はどこへ行くか分からない。
間違えたポイントまで戻ろうかと考えたが、いまさら面倒だ。稜線まで標高差200mもないので、破れかぶれでこの写真の沢筋から斜面に取り付いた。
歩き始めて、すぐに左写真のような状況になる。後悔しながら進むと、植林の小尾根に出た。
植林帯に出ればこっちのものだと、安心も束の間。
さらに藪がひどくなり、斜度も増す。中途半端に日当たりが良いので、下草がぼうぼう。稜線は見えているので、イバラを避けながら開き直って進むしかない。。
稜線の手前で地形図にない林道?に出た。ここを突っ切って稜線まで出るが、林道と思った道は稜線を巻いている一般登山道のようだった。さきほどと比べるとまるで高速道路である。

稜線途中で北から西へかけて開けた場所に出た。本コースで一番の見晴し。
奥には笠山、堂平山、剣ヶ峰が見える。
稜線に出て北東に20分も進むと猿岩峠を通過。その先の分岐を左に進み大築山を目指す。真っ直ぐ進む道は大築山の巻き道
大築山に到着。ここは城址でもあり、細長く広い山頂である。別名を城山と呼ぶらしいが特に山名板などはなかった。

大築城の謂れ。中世の山城だそうだ。当時を偲ばせるものはないが、奥武蔵にはこのような戦国時代の遺構が多い。

真正面に弓立山が良く見える。左側の尖ったピークは雷電山と思われる。

少し西に目を転じると、松山城主の上田朝直が攻略目的としていた慈光寺、そしてその背後の都幾山が良く見える。
手前左の山は新柵山
当時の戦国武将もこの展望を眺めながら戦略を練ったのだろうか。そんなことを考えながら城址で食事を楽しむ(笑)
この日は風もなく穏やかで、じっとしてても寒くない。
時折、聞こえる猟銃の発砲音と猟犬の鳴き声。新柵山の尾根の方から聞こえてくる。鹿でも仕留めたのか。
大築城の空堀。ここの城跡、規模が大きい。県内でも有数の規模と遺構を誇るというもの頷ける。城址から少し下るとコースに復帰。
モロドの廓って、妙にそそられる。3分とあるので、逆方向だが行ってみることにする。
もろどの廓。廓って感じではないけど、少し広くなっており、東側の展望が良い。

ここにはベンチもあり休みにはいいかもしれない。目の前に小築山の山頂が見える。

東側の展望。あじさいのない痛ましい?あじさい山公園。早くの復活を願う。
小築山を目指して稜線を歩いていると、バイクの音が近づいてきた。そばに林道でもあるのかと思ったら、なんとも後からやって来た。
本日、山道であった人のこの通り過ぎたライダーだけ。他のハイカーには出会わず。
小築山に到着。植林に囲まれた広い山頂は展望が効かない。

この山頂は素通りして、次はこの標識に従い広見越を目指す。
この日は曇天で植林の中は鬱蒼としているが、カメラの露出補正により見た目よりも明るく映る。
マイナス補正で見た目に近い感じで撮ってみた(右)。
カメラで遊びながら歩いていると分岐に出た。ここは標識に従い左に曲がり歩を進めると周りが竹林に変わり始める。
竹林に覆われるとT字路に差し掛かる。ここはやや左に戻るように大楠方面へ進む。
警報装置作動中って何だったのだろうか。周りを見渡してみたがよく分からず。でも気になる(^_^;)

冬を感じさせない緑あふれる竹林内は気分爽快。