ポンポン山
Mt.Ponpon
ぽんぽんやま
標 高
30m
所在地
埼玉県
日 程
2014年11月3日(月) 天気:晴れ
コース
吉見町無料駐車場(13:11)→高負彦根神社(13:14)→ポンポン山(13:16〜13:20)→ポンポン山登山口(13:21)→ポンポン山公園駐車場(13:24)→吉見町無料駐車場(13:33)
コース図
駐車場
吉見町ポンポン山無料駐車場
温泉他

山行記

新・分県登山ガイド「埼玉県の山」に紹介されているポンポン山という標高30mの山に行ってきた。
ここは見晴らしがよい岩山。ポンポンと音がするところからこのような山名と呼ばれているようだ。以前から気にはなっていたところだが、何かのついでにと思っていた。 今回はそのついでに寄ってみた。
この日は毎年11月の3日間で、東松山を舞台に繰り広げられる日本スリーデーマーチの3日目。 世界的にも有名なウォーキングイベント。世界各国からも参加者が集い毎年10万人ほどの規模になる。 車で東松山市を走行している途中で、コースの一部を並走したが、歩道には外国人の参加も多く何kmもの長い人の列が続いていた。 2日目の昨日だと、ポンポン山あたりもコースの一部になるので、大変なことになっていただろう。
今日は静かで穏やかな陽気。近辺の紅葉はまだ早いようだが、時折り吹く風の肌寒さと、風にたなびくすすきの穂が冬の訪れを感じさせる。
ポンポン山は、新・分県登山ガイドで、「山というよりも台地の末端に位置する崖上の一地点とある。」まさにそんな感じだった。現に駐車場から全く登っていないのだから。。
あっけなくたどり着いた山頂で「ポンポン」の音を確認すると、さしたる用はなくなってしまったが、小高い崖上からの景色は思いのほか良かった。
しかし、この山が新・分県登山ガイド「埼玉県の山」で紹介されているのは、なぜだろうかと考えてみた。山の規模にしては、駐車場、トイレ、休憩所など整備され行き届いており、また歴史のある山で興味深いのだが、それでもなんだか物足りない気がする。この近辺には吉見百穴、岩室観音、吉見観音など見所のある文化財や歴史史跡が多く、新・分県登山ガイドではそれらを網羅したコースとしてが紹介されていた。
なるほどこれらを網羅すれば、味わいも数段上がるのだろう。
だけど、今回はポンポン山だけ。20分程度の散歩で終わってしまった。。。(^_^;)

アルバム

ポンポン山がどこだか分からず、それらしいところへ行っていると、ポンポン山公園の無料駐車場があった。まさか専用の駐車場があるとは思わず、親切だなと関心した。車を停めて周りを見渡すとポンポン山入口の標識があった。辺りを見渡しても駐車場よりも高そうなところがない。果たしてポンポン山はどこだろうか。

駐車場の横には小さな沼があった。この辺りこんな沼が多いが、必ずといっていいほどブラックバスが放流されている。
駐車場から50m先を道なりに曲がると高負彦神社が目の前に迫る。
駐車場から2分も歩くと高負彦神社に到着。あれ、ポンポン山と書いてある。もう着いてしまった??全然登っていないのに。。。(^_^;)
どうやら高負彦神社の裏側がポンポン山のようだ。

高負彦神社とポンポン山の謂れ。山頂で地面を強く踏むとポンと音がするらしい。

神社の裏へ向ってみると山頂が見える。

この近辺で庚申塔としてよく見られる青面金剛像。宝暦六丙子年とある。今から258年前の建立?
岩場を登ると山頂に到着。山頂から少し神社側に戻ったところで、確かにポンポンという音がした(^_^)

東の方の展望が広がる。筑波山が遠望できる。

北に目を転ずると社山、男体山、大真名子山、女峰山が遠望できる。一番大きなのが男体山。
岩場を少し進んでいると断崖絶壁。高さは15mほどあるだろうか。南のほうに下る山道があった。一応、山に来たのだから下ってみようと進んでみた。
下り始めて1分弱で登山口にたどり着く。

これがさきほど見下ろした絶壁。
ポンポン山の登山口にあった案内標識。訪れる人は少ないであろうが、この近辺、神社仏閣が多く比企丘陵のハイキングコースでもある。
登山口の横にも駐車場があった。ここから登り下りてもよい。

駐車場横に佇む石仏。
ポンポン山の横は広場やベンチがあって休めるようになっている。こちらからも神社を経由してポンポン山へ行ける。こちらが一般的なルートだろう。