榊山
Mt.Sakaki
さかきやま
標 高
1181.0m
所在地
埼玉県
日 程
2014年10月11日(土) 天気:晴れ
コース
路肩駐車スペース(6:52)→ケンカ平取付き(7:07)→榊山(8:18)(8min休憩)→長沢山(10:14)(10min休憩)→芋ノ木ドッケ(12:05)(35min休憩)→白岩山(12:46)(3min休憩)→お清平(13:45)→太陽寺(15:14)(5min休憩)→路肩駐車スペース(15:48)
コース図
駐車場
路肩駐車スペース
温泉他

山行記

奥秩父主脈である長沢背稜に位置する長沢山から北北東に延びる尾根(以後、北北東尾根という)の途中に榊山という山がある。
旺文社の「山と高原地図」には、その名がしっかりと記載されているがコースの記載はない。近辺には、南に酉谷山、水松山、東には熊倉山、西には雲取山が聳える。奥武蔵と奥秩父と呼ばれる境界は判然としないが、標高が高くなるこのエリアは奥秩父になるのであろう。
榊山は以前から気にはなっていたが、近くには遭難騒ぎの多い酉谷山があり、過去に怖い想いをした記憶がよみがえる。感覚的に苦手なエリアとして、しばらく足が遠ざかっていた。今の時期、紅葉もそれほど期待はできないが、暑くもなく寒すぎることもない歩きやすい時期でもあるので、榊山を歩いておこう。

往路は北北東尾根を登り、榊山に向かい、そのまま長沢背稜から長沢山を目指す。ピストンではつまならいので、復路は長沢背稜を西に進み、芋ノ木ドッケからお清平、太陽寺と周回コースとしたいが距離が長い。北北東尾根は大変そうだし、時間が読めない。長沢背稜に出て時間的な余裕がなければ、酉谷山に出て小黒、クイナ沢、東谷林道を巡る短距離ルートに変更したい。以前、酉谷山からの下りで、滑落するのではないかと怖い想いをしたが、その間違い箇所の検証をしたい気分でもある。 それでも苦手イメージが強いので、できれば近づきたくはないが。。

本日のポイントは榊山と北北東尾根である。北北東尾根については、ネット情報が少なく、標高差もあり、しかも距離が長い。未知な感じがなんともそそられる。
東谷林道を進み尾根の末端から取り付くといきなり急登で始まる。榊山は展望も効かず気付かずにそのまま通過しそうな寂しいピークだったが、北北東尾根は終始急斜面が続く歩き甲斐のあるルートだった。
前回の超メジャーな白馬岳と比べると今回はかなりマイナーな山。当然のごとくなのか、北北東尾根では他のハイカーと全く会わず仕舞い。長沢背稜ならば少しくらいはハイカーを期待したが、芋ノ木ドッケまでは結局誰とも会わなかった。
雲取山から三峰神社に抜けるルートは日本百名山である雲取山を目指す埼玉県側のメインルート。ここでは大勢のハイカーとすれ違った。お話したハイカーさん達に榊山を説明しても誰も知らなかったが、人知れず無名なのも魅力のひとつである(笑)
久しぶりの登山道のない尾根歩き、誰とも会わずに一人だけの歩きが楽しめた(^_^)

紫色のログが辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

大血川渓流観光釣場から100mほど進んだ路肩に駐車。この手前で登山者とすれ違ったが、前に停車しているオーナーだろう。私より先行していたが、酉谷山へ向かったのだろうか。駐車位置から少し戻り、ゲートを越えて東谷林道を進む。
しばらく進むと通行止の看板に従い、右へ曲がり対岸に渡る。ここを歩くのは、一昨年の酉谷山以来。

橋が老朽化のため通行止となっていたので、適当な所を渡渉し対岸へ渡る。
対岸に渡るとすぐに北北東尾根の末端に差し掛かる。ここからは登山道ではないため、適当なところから取り付かなければならない。そこで、右写真のところから登り始めてみた。

見上げた傾斜はこんな感じ。写真での見た目よりも実際は急である。適当に九十九折で登るが、所々足だけで登るにはしんどくて、手も使い這い上がる。それに足元は柔らかく登りづらい。尾根の取り付きは大体このパターンが多いかな。
左写真は上から見下ろした斜面。50mも登っていないが、汗かいてきた。もう少し登ると主尾根に乗る。

主尾根と言っても、こんな感じの傾斜が続き楽にならない(^_^;)
こんな岩場もあり、しばらく進むと左側に防護ネットが現れる。この辺りでスマホを落としたことに気付き、慌てて荷物を置き空身で下りながら探す。少し下ったところで発見したが、尾根の左側の急斜面に落ちていたら、回収できなかっただろう。しかし焦った(^_^;)
以前は車のキーを山頂に落としてきて、散々苦労して探した記憶があるが、しっかりと仕舞っておかないといけない(笑)

左側は開けており、熊倉山から酉谷山へと続く稜線が見渡せる。中央右寄りには、遭難事故の多い小黒(中央の平らなピーク)と酉谷山(その右のピーク)が双耳峰のように並んでいる。
ネットの横を過ぎ、引き続き急登を進むと、榊山に到着。尾根の取り付きから1時間強経過。
展望の効かない狭い山頂でプチ食事タイム。真新しい山名板がなければ気付かないようなピーク。
幅広いフワフワした急登や木の根の張り巡らされたヤセ尾根では足場に気を付けながら登る。ルートは変化に富んでいるが、先が長いので無駄に体力を使わないように大げさな動きは控えながら歩く。
奥秩父主脈・長沢背稜に出るまで1,000m程の標高差を登っていく。この尾根、後半になると多少は傾斜が緩くなるが、しかししんどい尾根である。
長沢背稜にたどり着いた。この辺りで標高1,700m程度。周辺では部分的に紅葉が見られる。

奥秩父主脈である長沢背稜は歩き易い。
お花
長沢山にたどり着いた。長沢背稜までの登りはしんどかったけど、調子も悪くないので、予定通り芋ノ木ドッケ方面へ向かう。

この稜線上は風が強くて寒い。ここはフリースを着込んで歩く。

東西に走る長沢背稜の南側では奥多摩、丹沢の山々が見渡せる。前方には雲取山が近くに見える。

紅葉。
仏小屋ノ頭(左写真)と桂谷ノ頭(右写真)
1,800m辺りから周りにはシラビソが増える。斜面も緩やかで歩き易い道があり、先ほどの北北東尾根と比べるとまるでハイキングコースのようだ。

雲取山と芋ノ木ドッケ、三峰神社の分岐に到着した。ここが本日の最高地点(1,946m)。
雲取山も行ってみたいが、今が11:50過ぎ。ここから往復3時間はちょっときつい。
ここからは白岩山・三峰口方向へ進む。まずは芋ノ木ドッケを目指すが、ここから芋ノ木ドッケまで山道不明瞭とある。10分程度の距離の尾根を下るだけだが、どんなものか。
じきに道がなくなった。倒木の下を潜ったり、唐松の枝をかき分けたりと予想以上の酷さ(^_^;)
所々、テープがあるのは安心だが、尾根から右斜面に下りないよう、なるべく左を意識して進んだ方がよい。

12:05 芋ノ木ドッケに到着。ここを左に進むと雲取山、真っ直ぐ進むと三峰神社、お清平に至る。
風もないし時間的にもちょうど良いので、ここで昼食休憩を取る。
下りてきたルートは健脚向きとなっている。雲取山から酉谷山へ向かうハイカーは多いと思われるが、ここから雲取山に向かわずに、酉谷山を目指すハイカーはほとんどいないのであろう。道の荒れ方で何となく分かる。
ここは三峰から雲取山へ至る埼玉県側のメインルート。ここで休んでいる間にも大勢のハイカーさんが通っていく。三峰神社からの雲取山へのピストンは約20kmになる。以前、歩いたことがあるが、日帰りの場合は早出が鉄則。雲取山から戻って来られた、神奈川からの若者2人組が5時過ぎから歩かれているという。日帰り組のトップバッターかな。そして、富山から来られたハイカーさんは、少し距離を短くするために太陽寺に車を停めて6時前から登られているとおっしゃっていた。なるほど、そのパターンもあるのかと関心した。
外国人4人組が雲取山を目指してやって来られた。雲取山までの時間を聞かれた。なので地図見て、ここから2時間程度と答えると1時間で歩くとおっしゃる。 皆さん、半そで、短パン、スニーカーという軽装で、慌ただしく雲取山へ向かっていった。お一人は鉢巻をしていた。富士山でよく見かけるパターンだ。他のハイカーさんとおしゃべりなどしていたら、ついつい長居してしまい、片付けして歩き出す。