都幾山、金岳、笹山、堂平山
Mt.Toki,Mt.Kane,Mt.Sasa,Mt.Dotaira
ささやま
標 高
463m,539m,740m,875.8m
所在地
埼玉県ときがわ町
日 程
2014年4月5日(土) 天気:晴れ
コース
トレッキングコース専用駐車場(7:05)→慈光寺(7:33)→都幾山(7:56)→冠岩(8:11)→金岳(8:23)→七重峠休憩所(9:17)(小休止)→七重峠(9:56)→笹山(10:11)(食事休憩)(35min)→七重峠(10:52)→堂平山(11:13)→霊山院(13:03)→慈光寺(13:15)→トレッキングコース専用駐車場(13:43)
コース図
駐車場
トレッキングコース専用駐車場(トイレ有り)
温泉他

山行記

注)笹山は私有地で部外者立ち入り禁止となっております(2017.6)

久しぶりの山歩き、何処に行こうか。やはり、この時期は秩父あたりに行きたい。
清雲寺のしだれ桜や弟富士山のカタクリなど見頃なんだろうけども、あの大雪による残雪が気になる。
杞憂に過ぎないかもしれないが、踏み抜きなどで怪我をしたくない。
我が家から見える奥武蔵の山々には残雪はなさそうだ。2ヶ月のブランクもあるし近場の山々を歩くとしよう。

ということで、何処を歩こうか。
以前から、ときがわトレッキングコースなるものが気になっていた。慈光寺から堂平山へと続く、なかなかのロングコースなのである。このコースを少し外して、プチバリエーションルートを巡れば、金岳、笹山といった未踏の山にも立ち寄れる。それと一等三角点のある堂平山での展望も楽しみだ。
また、ネットで調べると慈光寺周辺には47種類の里桜が植えられた名所のようだ。慈光寺はシャガの群生地として、有名だが里桜は知らなかった。
せっかくの機会だから花見とともに歴史のある慈光寺を起点に見晴らしの良い堂平山まで歩いてみよう。

染井吉野を始め、山桜や河津桜など様々な桜を楽しみながら慈光寺にたどり着く。ここには国宝で日本三大納経の一つとされる「慈光寺経」なるものがある。厳島の「平家納経」は有名だが、それと肩を並べるものを所蔵しているということはすごいことである。
そういえば、先日、世界遺産の厳島神社に行ってきたが、「平家納経」は見れなかったので、帰りにここの納経を見てみようか。

慈光寺からはうら寂しい植林のなかを都幾山を経由して七重峠を目指す。トレッキングコースからは離れてしまうが、人がいない静かな山歩きが楽しめそうだ。
多少の残雪はあるかと思い、一応、軽アイゼンを持ってきたのだが、雪など全くなく無用の長物となってしまった。少しは残雪を歩けるかなと期待したが、当てが外れてしまった。
都幾山を越えて、金岳を過ぎたあたりから、踏み跡は減り、藪中の歩きとなる。いばらの棘と悪戦苦闘しながらも、七重峠にたどり着く。ここまで3時間、結構歩いた割にはそれほど標高を稼いだ感はないが、峠からの展望はなかなかで、スカイツリーも見渡せた。
ここから未踏の笹山をピストンする。山と高原地図では20分となっていたが、10分ほどで笹山に到着。山頂部は細長くグライダークラブという標札が掲げられ、朽ち果てた櫓がある。今は使われていないようだが、こんな狭いところでは、パラグライダーは無理だろう。ハングライダーか。どうでもいいことではあるが少し気になった。

山頂からの360度に広がる展望はなかなかのものである。
ここは奥武蔵というよりも外秩父と呼ばれるエリアでもあり、外秩父の代表として君臨?する比企三山の笠山と堂平山に挟まれた忘れ去られたような不遇な山だ。七重峠から笹山に向かう途中のピークには「臼杵山」の表札が落ちていたが、こちらの山名にいたっては、聞いたこともなかった。
山頂独り占めで、のんびりと昼食を楽しんだ。
十分満足したので、堂平山は寄らなくてもいいかなと、そんな気にもなってきたが、ここまで来て一等三角点のある堂平山に寄らないのもなんとも勿体無い気もするので向かうことにした。
七重峠からは、外秩父のメジャーコースなだけあって、20分の登りの間で、3人のハイカーを抜かして、1人のトレランの方に抜かされ、2名のハイカーさんとすれ違った。 山頂にはトレラン、自転車と多くの方が休んでいた。

山頂で展望を楽しんだ後、下りはときがわトレッキングコースを歩いてみた。
このコースは要所に東屋のような休憩所があり、標識も多いのだが、その多くが朽ち果てていた。
ときがわ町が推しているようだけど、実際には結構廃れている。休憩所は立派で良いコースだとは思うが、歩く人は少なそうだ。
この日もこのコースでは、3人組みのトレランの方に抜かされただけで、ハイカーとは1人も合わなかった。

さて、淡々と歩いて慈光寺まで戻ると長い林道歩きで、さすがに疲れて国宝を見学する気分では無くなってしまった。(^_^;)
いつものごとく後で後悔するのだが、シャガの花が咲き誇る頃に訪れて見るかと。。。
前回、ここに来たときにも同じようなことを言っていたが進歩がない。。。
それでも、久しぶりの山歩き。爽やかな風にあたり、桜を楽しみ、山の空気に触れ、気分爽快であった。

そして、疲れたけど帰りがけに寄った温泉も最高!

さあ、次はもう少し標高の高いところがよい、ツツジを見に秩父か、西上州か。←いつもながら進歩がない(^_^;)

アルバム

ときがわトレッキングコース専用の駐車場に到着。ここはバス停もありトイレもあってトレッキングコースの起点になっている。
準備運動をしていると、別のハイカーさんが到着。地元の方でこちらとは全くの別コース、道なき道を南へ西武秩父線へと抜ける長距離縦走コースとか。
ルートをお聞きしてもイマイチイメージできなかったが、バナナを頂きエネルギーをチャージして歩き始める。
所々に植えられている各種の桜を楽しみながら、舗装路を慈光寺へと進む。

この桜は大島桜だったかな?

九十九折に登る舗装路を縫うように参道が続く。
慈光寺に到着。ここはシャガの群生地として有名で、5月頃は辺り一面咲き誇り見ごたえ十分だが、この時期には珍しく2、3株咲いていた。
以前は関東屈指の寺院として栄華を極めた歴史ある慈光寺の四足門と本堂(阿弥陀堂)。
境内を歩いて本堂から観音堂に向かう。この辺りもあと1カ月もすればシャガが咲き誇るのだろう。

本尊として「千手観音菩薩立像」が祀られている観音堂に到着。4月の第2日曜日と4月17日にのみ御開帳される秘仏だとか。
来週だったら拝見出来たのに。。。
名人・左甚五郎作と言われている「夜荒らしの名馬」。欄間や木鼻も趣向が凝らされていて見ごたえ十分。
次の目的地である都幾山を目指して観音堂の左手から進む。
観音堂から10分強も歩くと、あっさりと都幾山に到着。特に感慨もなく先へ急ぐ。
山頂近辺でカタクリを3株ほど見かけた。少し時期が早かったかな。この日、カタクリを見かけたのはここだけだった。
しばらく稜線を進むと広いベンチのある三叉路に到着。

慈光寺の周辺には、「七井、七石、七木」と言われた7つの井戸、巨石、巨木の伝説があり、その一部が現存している。
これは「七石」のひとつとされる「冠岩」。

冠岩の謂れ
冠岩から金岳へ続く稜線と巻き道の2手に分かれる。トレッキングコースは稜線を巻きながら左へ進むが、金岳を目指すので右手の尾根を登る。
尾根も横に広がり分かりづらくなるが、高みを目指して登り進めると直に金岳に到着。
地図には金岳の山名はなく、539.5mの三等三角点がある展望の効かないピークである。
しばらくはときがわトレッキングコースを離れ、小川町とときがわ町の境界尾根を進む。ここは地図に記載のないバリエーションルート。
テープはそれなりにあるのだが、所々イバラの藪になっており、あまりお勧めできないルートである(泣)。
しばらくすると林道に出る。トレッキングコースに戻るのも面倒なので、ここからは地形図の破線路を進んでみる。
先ほどのイバラの藪は避けたいが、いやな予感が。。。
林道を右に進み、しばらくすると左手へ折れるルートを見つけ、そちらへ進んでみた。
地図に従いピークを目指して破線路を進む。ピークを越えると案の定、イバラの藪となる。
バリエーションルートだが、ここもテープは豊富。少し分かりづらいがとにかく尾根を進むだけ。
林道から30分も歩くと林道に差し掛かりトレッキングコースに合流。ここは七重峠休憩所。
ここには休憩所があり、小休止を取る。ときがわトレッキングコースは堂平山へ進むが、こちらは笹山を目指すべく、
再度トレッキングコースから離れて、通行止の林道を進み、まずは七重峠へと向かう。
林道を歩くと、次の目的地である笹山が見えた。
そして本日のコースで初めての雪。山の斜面から流れてきた雪が林道を覆う。木も雪でなぎ倒されている。
七重峠へは林道を大きく迂回しなければならないが、山と高原地図にはそれをショートカットできる破線ルートが記載されている。
それっぽいルートの入り口があったので進んでみた。
ルートにテープはあるのだが、ここもイバラが多く、枝などにも覆われて非常に歩きづらい。とにかく酷かった。
ここを通る人はほとんどいないと思われる。
イバラを抜けると七重峠に到着。ここは比企三山の笠山と堂平山を結ぶ要所。早速、ハイカーさんとすれ違う。
峠から東をみると目指す笹山(右写真)は目前である。 山と高原地図ではここから20分とある。
七重峠から林道を100mほど右へ進み、そこを左に曲がったところに笹山への山道があった。東南方面に景観が広がる。

都心の高層ビル群が遠望できるが、そのなかでもスカイツリーの高さは群を抜いている。
笹山への山道を進むと直にピークに差し掛かるが、そこには、「臼杵山」との標識が置いてあった。そんな名の山があったなんて知らなかった。