白馬岳
Mt.Shirouma
しろうまだけ
標 高
2,932m
所在地
富山県/長野県
日 程
2014年9月26日(金)〜28日(日) 天気:晴れ
コース
【1日目】
白馬第5駐車場(6:40)→(タクシー)→猿倉荘(6:59)(17min休憩)→白馬尻小屋(8:14)(10min休憩)→白馬岳頂上宿舎(12:26)(40min休憩)→白馬山荘(13:20)(33min休憩)→白馬岳(14:12)(12min休憩)→白馬山荘(14:38)

【2日目】
白馬山荘(5:51)→杓子岳(7:08)(5min休憩)→鑓ヶ岳(8:02)(7min休憩)→天狗山荘(8:52)→天狗の頭(9:15)→天狗の大下り(9:42)→不帰キレット(10:09)(20min休憩)→不帰T峰(10:50)→不帰U峰北峰(11:39)→不帰U峰南峰(11:50)→唐松岳(12:31)→唐松岳頂上山荘(13:03)(27min休憩)→八方池(14:47)(15min休憩)→リスト乗り場(15:39)→白馬第5駐車場(16:43)
コース図
駐車場
白馬第5駐車場
温泉他

山行記

恒例となりつつある連泊でのアルプス縦走。 今年はどの山に登ろうかと楽しみにしていた。
実は昨年より大雪渓を歩いての白馬岳に行ってみたかった。その願いが叶い、毎年ご一緒させていただいているMさんと、Nさんが加わり3名での山行となった。
当初は、猿倉から白馬三山を周回して終わりにしようかと考えていたが、そのコースを2泊3日ではなんとももったいない。
そこで、いろいろと検討した結果、今回のコースに決まった次第である。

この3日間は晴天にも恵まれ、大雪渓を登り、白馬岳から唐松岳へと続く後立山連峰の主稜線を歩く。稜線上からは見渡す限りの大パノラマに目を奪われ、アルプスならではの醍醐味を存分に味わえた。 足元には高山植物が咲き誇り、色づき始めた紅葉など、思い返せば見どころ満載の山行だった。 特に今回のコースのハイライトとなる不帰ノ瞼と呼ばれる連続する岩峰は、私にとってはスリルのある、日本アルプスだからこそ?、経験できる貴重な体験となった。

2泊目の宿は唐松岳頂上山荘を予定していたが、前日、白馬山荘から予約の電話を入れると、ものすごい混雑が予想されるとのこと。山小屋での混雑はできれば避けたい。そこで3人が出した結論は、唐松岳頂上山荘での宿泊は止めて、唐松岳から八方尾根を下る。最後はリフト、ゴンドラを乗り継いで白馬村まで下山し、ホテルに泊まって、温泉に浸かり、美味しい物でも食べようということになった。
リフトの最終が16:30なので、それまでには下りないといけないが、なんとか山と高原地図の標準タイムと同程度のタイムで下山することができた。

下山してからの2泊目はホテル五竜館に泊り、温泉に浸かって疲れを取った。
部屋も3名には十分すぎる広さ、食事はすき焼き、ふぐのてっさなど、ここしばらく食べたことのない料理が食べきれないほど続く。ビールで乾杯し、まさに極楽、大満足な2泊目となった。料金的には山小屋とさほど変わらず、コストパフォーマンスが良い。
聞くところによると、唐松岳頂上山荘ではひとつの布団に3人という状況だったそうだ(^_^;)
下山して正解だった訳だが、全く予想もしていなかった展開となり、五竜館での印象が強すぎて、「今まで山歩いていたんだっけ?」みたいな気分になってしまった(笑)

去年の白根三山も同じような展開だったが、1日目は山小屋、2泊目はホテル・旅館で反省会?、次回からはこのパターンが続きそう(^_^)

アルバム

八方尾根第5駐車場にて4時前に到着。広い駐車場に停まっているのは1台のみ。 Nさんはテント持参で、車の横にテントを広げて就寝。私とMさんはいつものごとく、2、3列シートを倒して車の中で横になる。明るくなって目を覚ますと、白馬三山が綺麗に見渡せた。
すると先着のご夫婦のハイカーさんも起き出してきた、なんでも最初はテントを張っていたらしいが、警察がやってきて熊が出没するから、ここでのテント泊は止めた方がいいと忠告されたとおっしゃっていた。早く言ってよ〜(笑)
トイレで用を済ませ、すでに待機していたタクシーに乗り込み登山口のある猿倉を目指す。
猿倉荘に到着。今回はストックを忘れるという失態をおかしてしまった。猿倉荘を覘いてみると貸ストックがあるではないか。ラッキーとばかりに借りようとしたら、ここに戻ってこなければ貸せないと言われ、残念だが諦めた。忘れたものはしょうがない。ストック無しで行こうということで歩き出した。 しかし、雪渓を歩くのにストックを忘れるとは。。。
しばらく林道のような道を進むとアルプスならではの景観が広がりだした。
アケボノソウ? と シシウド

1時間程歩くと、白馬尻小屋に到着。
まずはここで休憩、軽く栄養補給して、これから始まる雪渓&急登に備える。
大雪渓は夏場と比べると雪が融けるために、雪渓を歩く距離がだいぶ短縮される。白馬尻小屋からしばらく山道を進むと、雪渓のスタート地点に到着する。ここで軽アイゼンを装着する。
周りを見渡してもストックを使っていないのは、私だけ?何だか恥ずかしい。。(^_^;)
ストックがあれば楽なのだが、しかたがない。
それでも雪渓の距離がかなり短縮されているため、想像していたよりもあっさり終わってしまった感じであった。30分も歩いていなかったのではないか。
短かった雪渓歩きが終わると、目の前には辺り一面にお花畑が広がる。この時期、花は期待していなかっただけに、喜びもひとしお。
ヨツバシオガマ と ハクサンフロウ?
ミヤマキンポウゲ と ミヤマオダマキ
クルマユリ と オタカラコウ

雪渓も無くなりかけてきたところでは、天狗菱の鋭鋒が迫ってきた。

相変わらず急登は続くが、お花畑の花々が疲れを忘れさせてくれる。
ミヤマトリカブト と シロウマタンポポ

緊急避難小屋に到着。
稜線上の県営白馬岳頂上山荘が見えてきた。猿倉荘から1,000m以上登ってきた。山荘まで残りわずか足取りも軽く、一足先に休憩無しで一気に稜線を目指す。
いつの間にか左手には、杓子岳が同じ高度で見え始め、眼下には雲海が広がる。
県営白馬岳頂上山荘に到着。進行方向右上方向に本日の宿となる白馬山荘が見えた。白馬山荘までは、ここから歩いて10分程度の距離。 県営白馬岳頂上山荘の自販機でペットボトルのコーラが400円とあった。冷たいコーラにはそそられるが、さすがに400円は手が出ない(^_^;)
県営白馬岳頂上山荘から振り返り、左手を見ると、白馬三山の一角を成す杓子岳と鑓ヶ岳、それと主稜線が見渡せる。
白馬山荘に到着。ここはすでに予約済み。チェックインを済ませて、しばし休憩。ここでなんとNさんがコーラを飲んでいるではないか。。。 値段のほうは50円上がって、450円となっていた。なんという贅沢(笑)
一口頂いたが、うまいな〜。まさに五臓六腑にしみわたるようである。
山荘からの展望を楽しみ、次は空身で白馬岳を目指す。

振り返ると、目の前には剱・立山連峰の大パノラマが広がる。
やはり荷物がないと足取りも軽い。さほど苦労もせずに山頂に到着。360度に広がる展望を楽しむ。

夕日に染まった杓子岳と鑓ヶ岳。そして一番奥に見える峻峰は槍ケ岳。
17時から山荘で夕食を取り、日の入りを期待して外で待つ。10分程待ったであろうか。ダウンジャケットを着こんでいても、寒すぎて震えていた(^_^;)
こちらは日の出後の風景。朝日は雲に隠れてしまいモルゲンロートは見れなかったが、この日も晴天が期待できそう。

白馬山荘から30分程度歩いて振り返った白馬岳。
東方面に広がる雲海。富士山、八ヶ岳、南アルプスはなんとか判断できる程度だが、写真には写らず。。
日も昇り、先ずは手前のピークである杓子岳を目指して主稜線を進む。
杓子岳山頂と巻き道の分岐からザレた歩きづらい斜面を歩き杓子岳山頂を目指す。
杓子岳に到着。前方に見える八方尾根はまだまだ先。

杓子岳を下り、続いて鑓ヶ岳を目指す。

鑓ヶ岳山頂を目指してひたすら登る。
白馬鑓ヶ岳に到着。歩きだしてから2時間強、白馬岳もかなり遠くに見える。
山頂から南を見ると、雲一つなく北アルプスの大パノラマが広がる。 次は主稜線を伝って、天狗山荘を目指す。
剱岳から雄山に続く剱・立山連峰。しかし、剱岳の圧倒的な存在感は群を抜いている。

天狗山荘が見えてきた(写真中央)。