正山
Mt.Sho
しょうやま
標 高
164.9m
所在地
埼玉県
日 程
2014年12月27日(土) 天気:晴れ
コース
埼玉県立嵐山史跡の博物館駐車場(12:04)→二瀬(12:18)→正山(12:55)(5min休憩)→鎌形八幡神社(13:18)(10min見学)→埼玉県立嵐山史跡の博物館駐車場(13:58)−埼玉県立嵐山史跡の博物館見学(40min)
コース図
駐車場
鉢形城公園駐車場
温泉他

山行記

車でR254を寄居方面に向かって走ると、嵐山辺りで道の左側に菅谷館跡という史跡があるに気付く。そこには「埼玉県立嵐山史跡の博物館」が併設されている。R254を通る度に気にはなっていたが行ったことがない。何かの機会に訪れてみよう考えていたが、伸び々々となっていた。

この近辺には戦国時代以前の山城の跡地が多く、往時をしのびながら歩くのも楽しみのひとつとしている。先日、その絡みでぶなじろうさんから「埼玉県立嵐山史跡の博物館」をお勧めいただいた。また、この時期「道灌の時代・戦国時代は関東から始まった」という企画展が開かれており、そそられていた。
この日は午前中、小川町方面で用事があり、昼から時間が空いたのを幸いに寄ってみよう。
どうせなら近場の山でも歩きたい。嵐山渓谷にほど近い正山という里山がある。歩いて1時間弱といったところか。距離的にもお手頃なので行ってみることにした。
実は以前、この山に登ってみようと車で向かったことがある。しかし駐車できそうな所も分からず諦めた経緯があったので、ちょうどよい機会である。
ネットで調べても情報が少なくコースも判然としない。地形図に破線ルートの記載があるのでそこを忠実に歩いてみよう。藪歩きになりそうなので、一応トレッキングシューズを履いておく。

「埼玉県立嵐山史跡の博物館」の駐車場にはお昼に到着した。歩き始めが遅いので、まずは正山を歩いてから「埼玉県立嵐山史跡の博物館」の企画展を見学することにしよう。入館は16時までだが、正山まで2時間もあれば戻って来れるだろうと目論んで歩きだす。
菅谷館跡を抜けて槻川沿いの閑散とした田園風景のなかを30分ほど歩くと正山の麓にたどり着いた。麓には民家が立ち並ぶ。このような里山の場合、山への取付くポイントが民家の敷地内だったりするケースが多く、山に取付くまでが気掛かりとなる。地形図を睨みながら、破線ルートのポイントに行ってみると、案の定というか、民家の庭先へ進んでいる。ここはパスし、少し先に進んでみると、すんなりと山に入れた。
先に進むと部分的に藪になるが大したことはなかった。多少ルートが判然としてなくも目視できる一番高いピークを目指せばよい。この程度の距離であればそれほど苦行にはならず、むしろ藪の雰囲気を楽しめた。
正山から南に抜けるルートで下山したが、車の轍がある、はっきりした道だった。正山からはだいたい2時間弱で菅谷館跡に戻れた。

さて、菅谷館跡は鎌倉時代に武蔵武士の畠山重忠が住居した所と伝えられているが、その後の変遷を伝える資料は少ないようだ。 住居跡というわりに、規模の大きな遺構が残るのは、戦国時代に数度にわたる改築を受けて城郭として整備拡大したためとされる。

それではお楽しみの「埼玉県立嵐山史跡の博物館」の見学。観覧料100円を払い館内に入る。「道灌の時代」という企画展。「戦国時代は関東から始まった」というテーマで、鎌倉幕府が崩壊し、関東地方が戦国時代へと向き合うきっかけとされる「永亨の乱」や「亨徳の乱」と「長亨の乱」などについて、太田道灌が生きた15世紀後半から16世紀前半の時代を中心に詳しく説明されている。
室町幕府が設置した鎌倉府の長官である鎌倉公方の足利氏と、それを補佐するべき関東管領上杉家の争いに端を発して、山内上杉家と扇谷上杉家の争いに繋がり、やがて小田原北条氏の台頭により、甲斐武田家、越後上杉家といった戦国大名の三つ巴の戦乱へと発展する。 この絶えることのない戦乱を繰り広げた坂東武者の勢力変遷が分かり易く、また興味深い。
この近辺には杉山城址、松山城址、小倉城等など山城址が多いが、それらの戦略的な重要性などイメージ出来た。
また、それらの資料も頂戴したので、いずれ訪れてみよう。

紫色のログが辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
画像の掲載にあたっては許可を頂いたうえで利用させていただいております。

アルバム

埼玉県立嵐山史跡の博物館の駐車場に到着。今回はこの企画展を楽しみにやってきた。 ここは後のお楽しみとして、まずは正山を目指す。
菅谷館跡全景。ここはかなり広い。西ノ郭を通り外部に出る。

菅谷館跡から抜け出すと鎌倉街道の案内があった。
写真左が鎌倉街道のようだ。周辺は公園になっていた。正山は市道を南に向かう。

都幾川の橋の手前を右に曲がる。ここは都幾川と槻川の合流点
二瀬の説明。

前方左側のピークがこれから目指す正山。右のピークが太平山。真ん中のピークは仙元山。

嵐山渓谷。
県道173号線に出て槻川橋を渡り、300m程進んだ先を月側荘を目指して右に曲がる。
さらに200m程度進んだ先を左へ曲がる。
地形図の破線ルートは明らかに民家の庭先を通っているので、少し先へ進み右写真のところを左に入り込んだ。
左写真で真っ直ぐ進む。50m程進むと山道っぽくなった!これが破線ルートだろう。
左写真の箇所で道は左へ折れるが、それは集落へ戻る道だろう。そのまま突き進んでみると、それなりの踏み跡があった。

徐々に踏み跡も怪しくなってきた。写真では分かりづらいが、ここは分岐。右へ進むよりも、左よりの真っ直ぐ登るルートのほうが、踏み跡が濃い。
樹間に正山のピークが見て取れる。そのまま向かっても良いかもしれないが、藪が鬱陶しい。少し回り道になるが楽そうな方へ進む。
じきに踏み跡がなくなり、尾根を目指すと踏み跡が現れた。
このあたりは道が明瞭になり歩き易くなる。
しばらく進むと南からの別の破線ルートと合流。こちらのコースには車の轍があった(^_^;)
あとは北へ真っ直ぐに進むだけ。

ここがピークのようだ。一見、山名板などが見当たらないが、右奥に山名板があった。
風もなく汗ばんできた。汗を拭いてしばし休憩。
5分程休憩して下山開始。下りはルートを変える。先ほどの分岐を左ではなく、真っ直ぐ南へ進む。
またもや分岐、ここを右へ進むと民家の手前に出た。
迷わずそのまま進み廃屋となった民家の横を抜け市道に出た。
左写真は下りてきた道を振り返ったもの。県道173号に出て、北へ進み右写真の信号を右折する。

日蓮宗宗信寺

ここは山と高原地図に「木曽義仲の産湯の清水」と記載のある鎌形八幡神社。少し気になり寄ってみた。

「木曽義仲産湯の清水」の石碑
狛犬

八幡神社拝殿

 
見事な拝殿の彫刻
拝殿の彫刻。龍と鳳凰

都幾川の右岸堤防を歩く。時折り風が出て肌寒い。

都幾川の橋の上からみた比企の山々。左から正山、仙元山、大平山。
歩き始めて1時間40分ほどで菅谷館跡に戻った。だいたい予定通りの時間。
写真は本郭の土塁。このような立派な土塁は戦国時代になって強化したものとのこと。
畠山重忠公像。菅谷館跡を散策し、お楽しみの嵐山史跡の博物館の企画展「戦国時代は関東から始まった」を見学した。
館内に入ると予想に反して見学者が多かった。中は狭いがちょうど良いくらいのスペース。あまり広すぎても資料を見ているだけで疲れてしまう。
なかなか興味深い内容で、じっくり鑑賞した。